ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

男の子の赤ちゃんの性器を扱うのが不安!気をつけるべきことは?

   

ママにとって、息子は小さな恋人のような格別な存在です。ですが、子育てをするうえでは、異性を育てる難しさを実感することもあります。

そして、産まれたばかりの男の子の赤ちゃんのお世話で戸惑うことの一つに、性器の扱い方があります。

そこで今回は、男の子の赤ちゃんのおむつ替えのコツや、男の子の性器が正常か否かの見分け方、赤ちゃんのうちから行っておきたい「むきむき体操」について、お話しします。ぜひ、参考にしてみてください。

男の子の赤ちゃんのおむつ替えのコツは?

男の子の赤ちゃんのおむつ替えをするとき、おちんちんの扱いに戸惑うママが多いものです。そこで、おしっこでもウンチでも、男の子の赤ちゃんのおむつ替えをするときには、きれいな部分から汚れている部分に向かって拭くことを習慣にしましょう。

おしりを拭くときには、前から後ろに向かって拭くのが基本です。いったん汚れを落としてから、丁寧に拭いてあげるときれいになります。

おちんちんを拭くときには、先から根元に向かって拭きます。おちんちんをやさしく持ち上げ、裏側や根元もきちんと拭きます。陰嚢の部分のしわも指で押し広げ、しわにそって隙間もきちんと拭きます。

もし、男の子の赤ちゃんがゆるゆるウンチをしたときには、太ももやお股の間も忘れずにチェックしましょう。

男の子の性器の正常・異常の見分け方は?

男の子の赤ちゃんのほとんどが、産まれたばかりのときは、おちんちんを包んでいる皮(包皮)と、おちんちんの先端部分(亀頭)がくっついています。

そのため、おちんちんが皮をかぶっているのは正常です。ですが、おちんちんにばい菌が入ると、赤く腫れることがあります。

その多くは、「亀頭包皮炎」です。これは、包皮とおちんちんの隙間に、おしっこや垢がたまることが原因です。そこに細菌が入り込むと、膿が出ることがあり、治療が必要です。また、亀頭包皮炎の場合、痛みではなくかゆみがおこることも多いです。

そこで、男の子の赤ちゃんのおむつ替えをするときには、おちんちんの色や貼れていないかどうかを、チェックするようにしましょう。

男の子のむきむき体操って何?

おちんちんが包茎だと、どうしても汚れが溜まりやすくなり、亀頭包皮炎の原因にもなります。そこで、男の子の赤ちゃんが生後6カ月になるまでの間に、「むきむき体操」をしてあげましょう。

むきむき体操の方法ですが、ママの両手の人差し指と親指を使い、赤ちゃんのおちんちんの付け根を持ちます。そして、指には力を入れずに、ゆっくりと指を下におろしていきます。すると、皮がつっぱったような感じがするはずです。それでも、さらにゆっくりと指を下していきます。

おちんちんの先が見えても、焦らずにゆっくりと皮を下にずらしていきましょう。そして、おちんちんの先端が半分くらい見えたら、汚れが溜まっていないかをチェックします。汚れているときには、無理のない範囲で取り除いてあげましょう。

その後、おろした皮を元に戻して終了です。

心配なときはパパに相談してみよう!

ママにとって、男の子の赤ちゃんのおちんちんは、どのように扱えばよいのかわからないものです。また、むきむき体操の手順は理解していても、なかなか踏み切れないママもいるようです。

そんなときには、パパに相談するのが一番です。同性であるパパの方が、おちんちんのケアには慣れているはずだからです。むきむき体操をするときも、不安なら、パパがいるときにチャレンジし、隣りで見てもらっていると安心です。

毎日おむつ替えをすることで、徐々に慣れていきますので、神経質にならずに男の子の赤ちゃんの性器の扱いに慣れていきましょう。

  関連記事

母乳の何が赤ちゃんにいいの?母乳に含まれる成分がもたらすメリットとは?

母親学級に通っている妊娠中から、出産後のためにおっぱいマッサージをするように勧め …

赤ちゃん筆?胎毛って一体何?赤ちゃん筆を作ってくれる場所や、気になるそのお値段は?

「赤ちゃん筆」とは、胎毛を使って作る、生まれて初めての筆のことです。「胎毛」とい …

赤ちゃんがノロウイルスにかかったらどうするべき?対処法や治るまでの期間を知っておこう

冬の時期になると毎年流行する「ノロウイルス」。自分がかかってもツラいものですが、 …

赤ちゃんが粉薬を飲みたがらない…。どうしたら飲んでくれるようになる?

大人でも粉薬が苦手な人がいるくらいなのですから、赤ちゃんが粉薬を飲みたがらないの …

訪問看護は小児でも受けられるの?小児在宅医療のメリットとデメリットは?

近年日本では、病気を抱えるひとを長期間にわたり病院に入院させたり、施設に預けるの …

母乳を出やすくする方法まとめ。母乳育児を目指すママ必見です

ママの母乳の中には様々な栄養や免疫が含まれており、赤ちゃんにとって良いものとなっ …

赤ちゃんの手形・足形で成長を記録しよう!手形・足形を取る方法ガイド

赤ちゃんの小さな手や足。本当に愛くるしく、見るとほっこりした気持ちになります。 …

赤ちゃんがベッドから落下した!どうしたらいいの?

新生児は寝返りをうったり、自ら移動することはないので、ベッドから落下することなど …

赤ちゃんにもほくろができる!?ほくろができるメカニズムや病気との関係について!

多くの人が体の中に一つはほくろがありますよね。大人の体にほくろがあることは珍しい …

子宮の中を再現?NICUで使う「スナグル」ってどんなもの?

待望の赤ちゃんの誕生した時に、すぐに抱きかかえて母乳から始めることの出来るケース …