ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんの笑顔はママがつくる!赤ちゃんの笑顔の秘密とは?

   

赤ちゃんが産まれるとそれまでの生活がガラリと変わって赤ちゃん中心の生活になります。

休みの日はパパが手伝ってくれても、普段はママと赤ちゃんだけという方が多く、自分のことは後回しで赤ちゃんを最優先に生活していると疲れもたまってきます。

そんな時に赤ちゃんが笑ってくれるだけで疲れがふっとんだりするものです。

そんな赤ちゃんの笑顔には二種類あって、身を守るための本能が隠されていると言われています。

ここではその二種類の笑顔についてご紹介します。

赤ちゃんが笑顔になる要因って?

赤ちゃんの笑顔は『生理的微笑』『社会的微笑』の二種類あります。

生理的微笑について

赤ちゃんは生後間もない時期から笑いますが、これは大人が笑うのとは異なるもので生理的微笑と呼ばれます。生理的微笑は生後0ヶ月~2ヶ月頃までにみられるもので赤ちゃんの本能的な行動です。

この時期の赤ちゃんはまだ目もよく見えていないので、あやされていることもよくわかっていませんが、自分が笑うことで優しくしてもらえるという自己防衛手段と考えられています。

社会的微笑について

社会的微笑はあやし笑いとも呼ばれ、生後3ヶ月以降にみられます。

この時期から視力が発達してくるのでパパやママが笑っているとその笑顔を1つの情報としてインプットし、同じような表情をしようとすることで社会的微笑がおこります。

赤ちゃんはママの表情を真似してるの?

赤ちゃんはパパやママなど自分の身近にいる人の真似をすることでコミュニケーションを楽しんでいます。視力が発達するにつれて口を開けたり閉じたり、笑ってみたりするようになります。

これはママに限らずパパや身近にいる人をよく観察して、色んな表情をインプットしていると言われています。確かに赤ちゃんがよく人の顔をジーっと見ていることってありますよね。そうやって人の目や口などの動きを観察しているのです。

そのため赤ちゃんの表情はパパやママなど身近な人の真似をしたものだといえます。口を開けたり閉じたりだけではなく、口先を尖らせてみたり、顎を突きだしてみたりなど、細部にわたってよく観察できているので驚かされます。

普段はママと過ごしていることが多いのであれば自然とママに似た表情をすることが多くなるものです。

自分が無意識でしている表情も赤ちゃんはしっかりと観察しているので、赤ちゃんの表情を見て自分の癖がわかるなんてこともあるのではないでしょうか。

作り笑いでもいいの?

一般的に生後1歳3ヶ月頃までは赤ちゃんは作り笑いと本当に笑っていることの区別がつかないと言われています。

例えば愚痴を言いながらも顔だけ笑っていれば、赤ちゃんは笑顔と認識しているかもしれませんが、赤ちゃんは日々成長するものです。生後1歳6ヶ月頃になると顔が笑っていても声が優しくなかったりすると違和感を感じるようになります。

そうなる時期は赤ちゃんによって個人差が大きいものですが、作り笑いをしていて赤ちゃんがジーっと見てくるようになるとそういう時期がきたというサインである可能性があります。

作り笑いを赤ちゃんが認識できるようになったらごまかしがきかなくなるので、パパやママも注意が必要です。1歳頃までは授乳や夜泣き、離乳食など大変な時期なのでそんな余裕はないかもしれません。

ですが、1歳を過ぎるとある程度子育てにも慣れてきて精神的にも少し余裕が出てくるのでそれくらいの時期から自分の振る舞いに注意するように心がけましょう。

赤ちゃんと接するときに気をつけるべきことってある?

赤ちゃんが色んな表情をできるようになったからといっても、その表情がどういった感情を伴うものなのかを理解するのはもう少し先になります。

生後6ヶ月でよく笑うようになったとしても、お腹をこちょこちょされてくすぐったいから笑っているというように体で感じて笑うことがほとんどです。

赤ちゃんが認識しやすい感情として『嬉しさ』があります。

ハイハイや物を掴むこと、つかまり立ちが出来るようになったりと日々成長している赤ちゃんを誉めてあげることでパパやママも嬉しいし、パパやママが喜んでいることで赤ちゃんも楽しい気分になります。

赤ちゃんの成長を一つ一つ誉めてあげるのを繰り返すことで、だんだん『嬉しさ』という感情を認識するようになるのです。そのため同じ行動でも1日に何回でも誉めてあげることが大切です。

赤ちゃんの行動をよく見てあげて、少しでも成長していたら思いっきり誉めてあげましょう。

赤ちゃんはママの鏡

赤ちゃんはママをはじめ、パパや自分の身近な人の表情から動作までよく観察しています。笑顔や怒った顔、困った顔など細かいところまで見られていて、それを真似して赤ちゃんは成長していきます。

とはいっても真似されたくないものもありますよね。見にくいからといって目を細める癖や眉間にシワを寄せる癖なんかは無意識でしてしまっていることが多いものです。

自分で認識しているまたは人から言われたことのある悪い癖などがあればなおすように心がけることが大切です。

  関連記事

泣いたらデッキに!赤ちゃんとの新幹線移動の気をつけることとは?

ママの膝の上なら料金はかかりません 赤ちゃんを連れて新幹線に乗るときは、どのよう …

粉ミルク作りをもっと簡単にする裏ワザ6選!

粉ミルク作りはさほど手間のかからない作業ですが、1日に何度も繰り返す面倒臭さは否 …

新生児の呼吸数ってどのくらい?赤ちゃんの「呼吸」について正しい知識を持とう!

生まれたばかりの赤ちゃんが、スーピー、スーピー…。気持ちよさそうな寝息が聞こえて …

やめさせる?赤ちゃんがこぶししゃぶりをする理由ってなに?

赤ちゃんの仕草は見ていても可愛らしいものです。なかでも生後間も無くすると、赤ちゃ …

知っておきたい!乳幼児消化管アレルギー(ミルクアナフィラキシー)のこと

ママの母乳が出ない、あるいは足りないときに、ミルクを足すことがあります。近年のミ …

障害が残ることも!?新生児におきやすい核黄疸の症状や治療法について

生まれたばかりの赤ちゃんには、新生児黄疸といって皮膚が黄色くなる症状が出ます。こ …

抱っこは甘やかし?抱っこするのは何歳まで?

昔は「抱き癖がつく」などとよく言われたように、赤ちゃんや子供をあまり長時間抱っこ …

胎便はいつまで出るの?排泄が遅れるとどうなるの?

新生児は、初乳を飲む前でも排泄します。その便は、緑がかった黒い便です。この便のこ …

なんでもない事から重大な病気まで!?赤ちゃんが耳を触る理由って一体?

赤ちゃんがしきりに耳を触ることがよくあります。言葉で何かを伝えることができない赤 …

お出かけ先で蜂に遭遇!もし赤ちゃんが蜂に刺されたらどうしたらいいの!?

あたたかくなってきて、ピクニックやハイキングなど赤ちゃんとお出かけする機会も増え …