ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんの肌のお手入れはどうしたらいい?部分別のケア方法は?

   

赤ちゃんの肌は、大人より薄くて、とてもデリケートです。そのため、日ごろからママやパパがきちんとお手入れしてあげる必要があります。とはいえ、初めての赤ちゃんを迎えるママやパパには、適切なケア方法がわからない人もいることでしょう。

そこで今回は、赤ちゃんのスキンケアの基本となる保湿ケアのほか、部分別のケア方法について、お話しします。赤ちゃんは湿疹ができやすいので、その際のケア方法も覚えておき、いざというときに実践してくださいね。

赤ちゃんの保湿ケアの基本とは?

赤ちゃんの肌が乾燥したり、荒れてしまうと、余計な皮膚トラブルがおこりやすくなります。そこで、毎日保湿ケアをするのが原則です。

赤ちゃんの保湿ケアは、毎日お風呂上りにするのが基本です。それは、温まることで肌が柔らかくなるので、保湿剤が浸透しやすくなるからです。

赤ちゃんに使う保湿剤は、必ず低刺激のベビー用を選びます。天然の植物に由来したものを選ぶと、より安心です。そして、お風呂から上がったら、できるだけ早く保湿剤を塗るのがポイントです。

そして、保湿剤を塗る順番も大切です。おしりからお腹、背中、手足、顔の順番で塗っていきます。衣類で隠れる部分から塗ると、覚えてしまいましょう

保湿剤の量は、塗った後に赤ちゃんから滴り落ちないのが目安です。ママやパパの手のひらに保湿剤をとり、温めてから、赤ちゃんの肌にやさしく塗ります。

赤ちゃんの顔と頭のケア方法とは?

よだれや食べこぼしでかぶれやすい顔に保湿剤をつけるときには、ママやパパの両手で赤ちゃんの顔を包み込むようにして、皮膚になじませてあげましょう。その際、あごや首回りは、撫でるように縫ってあげるのがポイントです。

特に、湿疹のできやすい口の周りは、指を使って丁寧に保湿剤をつけます。カサカサしている頬には、ベビーローションよりベビークリームをつけることをおすすめします

赤ちゃんの頭も、乾燥しやすい場所の一つです。お風呂からあがり、髪の水分をとったら、指の腹を使って頭皮に円を描くように、保湿剤を塗ながらマッサージしてあげましょう。

このとき、頭全体にまんべんなく保湿剤が行きわたるように、意識して塗ってあげてください

赤ちゃんの身体のケア方法とは?

赤ちゃんの身体は、お腹や背中など面積が広くて、肌が露出しやすい場所が乾燥しやすく、湿疹ができやすくなります。そのため、しっかり保湿ケアすることが大切です。

赤ちゃんの身体に保湿剤を塗るときには、腕の付け根から手首、首元からお腹など、上から下に流れるように塗ることを意識してください。

水分量の多いベビーローションを使うときには、少しずつ手にとって、塗っている部分になじませながら、全身に塗るようにしましょう。

そして、赤ちゃんのおしりのケアは、お風呂上りだけでなく、おむつ替えのときにもしてあげることをおすすめします。

おむつ替えでおしりをキレイにしたら、ベビークリームを塗って、おしりに膜をつくってあげるのです。すると、摩擦や排泄物の刺激から、赤ちゃんのおしりを守ってくれるので、おむつかぶれになりにくくなります

湿疹があるときには配慮してあげよう!

赤ちゃんの皮膚はデリケートなので、ちょっとしたことで湿疹ができます。赤ちゃんにできているのが乳児湿疹の場合は、肌を清潔に保って保湿すると改善されることが多いので、いつも通りの保湿ケアをしてあげるとよいでしょう。

ですが、日に日に肌荒れや湿疹が悪化していたり、アレルギー性皮膚炎の可能性があるときには、皮膚科で診察を受けるのがおすすめです。赤ちゃんの肌の状態をよく観察して、適切に対処してあげてくださいね。

  関連記事

母乳と粉ミルクの違いって何?成長に影響するの?

妊娠後期に入ると、赤ちゃんのものを揃え始めるママが多いことでしょう。その際、粉ミ …

機嫌が悪いことが多い赤ちゃんは、もしかしたら胃軸捻転かも!?

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ内臓機能が完全にできあがっていません。特に胃は、 …

生後1ヵ月の赤ちゃんは、どうしたら泣き止むの?

初めて赤ちゃんを産んだばかりの新米ママにとって、昼夜問わず泣き続ける我が子は、可 …

新生児の呼吸数ってどのくらい?赤ちゃんの「呼吸」について正しい知識を持とう!

生まれたばかりの赤ちゃんが、スーピー、スーピー…。気持ちよさそうな寝息が聞こえて …

赤ちゃんにサマーニットがいいって本当?そのメリットや作り方は?

赤ちゃんに着せるものは、デリケートな肌に刺激にならず、季節によって通気性や保温性 …

幼児の英語教育はいつから始めたらいい?その方法とは?

近年、新卒採用の就職試験では、エントリーの時点でTOEICスコアによって足きりす …

これだけは知っておきたい!お宮参りのマナーとは?

赤ちゃんが生まれてからするお宮参り。そんなお宮参りも知らないことも多いのではない …

哺乳瓶の煮沸消毒ってどうする?ガラスとプラスチックで違うの?

赤ちゃんが産まれてミルクを与えるようになったら、使用した哺乳瓶は必ず煮沸消毒が必 …

危険なあやし方で揺さぶられっ子症候群に?症状や後遺症を教えて!

待望の赤ちゃんとの生活が始まり幸せいっぱい!…のはずが、赤ちゃんが泣き止まなくて …

新生児に多い、肥厚性幽門狭窄症の原因と症状、治療法は?

新生児の胃はとっくりのような形をしており、食道と胃を結ぶ括約筋の働きが弱い上、授 …