ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんが笑顔になるのは戦略!?喜怒哀楽の発達の仕方とは?

   

長い妊娠期間を経て、出産して我が子に対面したときに感じる喜びは、女性冥利につきるかもしれません。身体は疲れていても、産まれたばかりの新生児から、目を離せないママも多いことでしょう。

そんなとき、赤ちゃんの笑顔が見られると、育児への不安や疲れも吹き飛びます。実は、赤ちゃんの笑顔は自分の身を守るための戦略ともいわれています。

そこで今回は、赤ちゃんの笑顔の種類や、喜怒哀楽を感じるまでにどんな発達過程があるのかなどについて、お話しします。

赤ちゃんの笑顔は2種類あるって本当?

赤ちゃんは、新生児期でも笑います。ですが、その笑顔は幼児のものとは異なるのです。赤ちゃんの笑顔は、「生理的微笑(新生児微笑あるいは生理的微笑反射)」と、「社会的微笑(あやし笑い)」に大別されます。

生理的微笑は、生後0~2カ月の赤ちゃんに見られるものです。これは赤ちゃんの本能とされており、自分が笑うことで周囲にやさしく接してもらおうという、自己防衛手段という説が有力です

一方の社会的微笑は、生後3カ月を過ぎたあたりから見られます。この頃には、赤ちゃんの視力が発達し、ある程度は周囲のものが見えるようになります。

そのため、他者の表情の変化が感じられるので、ママやパパと同じような表情をつくるようになります。

赤ちゃんの喜怒哀楽はどんなふうに発達するの?

では、赤ちゃんはいつごろから、喜怒哀楽という感情を持つようになるのでしょうか。そもそも新生児は、「快」「不快」という感情しか持っていないとされています。

それが変化するのは、生後3カ月を過ぎ、赤ちゃんと関わることの多い、ママの真似をするようになってからです。この頃には、ママの表情や声のトーンで、ママ自身の喜怒哀楽を、赤ちゃんが区別できるようになります

そのため、笑顔で相手をしてくれていたママが、急に真顔になったり、遊んでくれなくなると、赤ちゃんがぐずるようになるのです。

赤ちゃんの喜怒哀楽という情動を発達させるためには、言葉がわからない赤ちゃんにも積極的に言葉がけをし、一緒に遊ぶ機会をつくり、ママやパパが笑顔で接することが大切です

赤ちゃんが声を出して笑うようになるのはいつから?

では、赤ちゃんが声を出して笑うようになるのは、いつからなのでしょうか。その多くは、生後5~6カ月頃といわれています。その時期の赤ちゃんは感情表現が豊かで、ママやパパがあやすと、声を立てて笑うようになります。

また、離れていたママやパパが側に来ただけで、喜んで笑顔になる赤ちゃんも多いです。とはいえ、乳児期の赤ちゃんの視力は弱いので、何かを見て笑うようになるのは、1歳を過ぎ、大人と同じようにものがみえるようになってからのようです。

それまでの赤ちゃんは、スキンシップや自分に話しかけるママやパパの声音など、五感が刺激されることで、笑うことが多いのです。そのため、くすぐったり、抱っこしてゆらすなどすると、すぐに笑顔になってくれるはずです。

積極的に赤ちゃんに話しかけ、笑顔を引き出そう!

産まれたばかりの赤ちゃんの笑顔が新生児微笑だったとしても、ママやパパにとってはうれしいものです。そして、我が子への愛しさが増せば増すほど、育児に対して積極的に取り組めるようになります。

そのため、赤ちゃんが産まれたときから、フィジカルコンタクトを心がけ、たくさん話しかけてあげましょう。抱っこされる安心感と、自分への語りがけが、ママやパパとの絆を深めることにもつながります

そして、赤ちゃんがママやパパの言葉がけに反応するようになったら、いないいないばぁをオーバーリアクションでしたり、スキンシップをしながらあやす機会を増やし、笑顔を引き出してあげましょう。

  関連記事

寝返り返りとは?寝返りとの違いと練習法、注意点もチェック!

寝返りといえば誰でもどのような行動なのか想像できますよね。仰向けの状態からうつ伏 …

赤ちゃんはどうして、生まれてすぐにおっぱいを探すの?その理由とは?

普通分娩をしたママは、分娩室ですぐに我が子を胸に抱くことが多いものです。そして病 …

赤ちゃんがしゃべらないのはなぜ?その原因と対策とは?

赤ちゃんは生後2カ月を過ぎると、「あ~」「う~」といった喃語を話し始めるのが普通 …

育児セラピストとは?資格の取り方や探し方が知りたい!

赤ちゃんが産まれて初めて、ママやパパは親としてのキャリアをスタートします。 赤ち …

新生児~生後3ヵ月までの赤ちゃんの授乳量や授乳の間隔はどれくらい?授乳の際のポイントとは?

授乳の間隔や量・ポイントを、月齢別(生後3ヵ月まで)にまとめました かわいい赤ち …

どの赤ちゃんにもおこりうる「低血糖」!新生児の低血糖について知り、早期に対応できるようにしよう!

生まれたばかりの赤ちゃんは、「低血糖」になりやすいことをご存知ですか?赤ちゃんは …

赤ちゃん頭の形がゆがんでしまうのはなぜ?治療すべき?

頭蓋変形である可能性があります!その原因や治療についてご紹介 赤ちゃんを育ててい …

もう迷わない!【月齢別】新生児から3歳までのベビー服のサイズを紹介します

ぐんぐん成長していく赤ちゃんのお洋服…サイズ選びで迷わないために ぐんぐん成長す …

出産中のトラブルなどによって行われる新生児気管切開とはどんな処置?

小さな年齢の子供がかかる疾患は実に数多く存在していますが、小さい年齢で外科的処置 …

次の子どもを産むのはいつにする?2歳差育児のメリットとデメリットとは?

子どもは2人以上欲しいと考えているご夫婦にとって、初めてのお子さんの育児に慣れる …