ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

夜間授乳はいつまで続くの?3時間おき授乳を終える時期はいつ頃が目安?

   

妊娠中や出産後に読む育児の情報誌には、授乳に関して3時間哺乳という言葉をよく目にします。

3時間哺乳といったら、日中も夜も当然哺乳があることを意味しています。

出産後のママは、体の回復途中でもありますし、初めての育児で精いっぱいということも少なくありません。

睡眠不足にもなるので、一体いつ体を休めることが出来るの?と不安になることも多いでしょう。

そんな3時間哺乳はいつまで続くのでしょうか?また夜間の授乳はいつまで必要なのでしょうか

夜間授乳と3時間おき授乳って一体何?

「3時間おき授乳」とは、3時間おきに授乳をすることです。基本的に一日は24時間ありますから、一日8回授乳します。

生まれてすぐの赤ちゃんはまだ胃が小さく、一度の哺乳でたくさん飲むことが出来ません。そのため水分や栄養分を3時間ごとに補ってあげる必要があるので、夜中も関係なく授乳があります。

注意してほしいのは、3時間おきに授乳をするということであり、赤ちゃんが3時間寝るというわけではないこと

つまり、赤ちゃんが授乳と授乳の間に1時間しか寝ないこともありますし、2時間の場合など個人差があります。反対に少し長く4時間寝ることもあります。

大体一日8回の授乳を目安にして、3時間おき授乳の間にお風呂やおむつ交換などのお世話をしながら、約3時間を目安に授乳をするのです。

授乳の回数に決まりはあるの?

3時間おき授乳、一日8回の授乳が目安といってもあくまでも一般的な例です。

授乳回数は赤ちゃんの体力、また飲んだ量、消化機能、排便なども大きく関与するので、授乳回数に決まりはありません

特に出産後母乳育児を目指している人は、なるべくミルクを使わずに母乳をあげたいと思いますね。しかし母乳の分泌量が十分でなければ、母乳量が足りないこともあるのです。

その場合は、授乳の1時間後でも赤ちゃんが泣いてしまうこともあるのです。それを繰り返すことで、母乳の分泌も良くなっていくようです。

しかし授乳量が安定するまでは、日中も夜間も頻回授乳になります。

反対に、母乳の分泌がよくなり、一回量がたくさん飲めるようになると、赤ちゃんがよく寝ることもあります。その場合は、3時間おき授乳ではなく、4時間になることもあります。

授乳回数は決まりはなく、赤ちゃんの様子を母乳の分泌を見て決めていきます。

夜間授乳と3時間おき授乳はいつ頃まで続くの?

一般的に産まれたばかりの赤ちゃんはとても胃が小さく、たくさん飲むことができません。

また外の世界に慣れていないので、産後の入院中はまだまだ眠っていることも多いです。そのため3時間おきにおこして授乳することも少なくないでしょう。

しかし出生後1週間くらい経ち、退院するころには、一回に60ml程度飲めるようになります。なので、3時間おき授乳と夜間授乳が順調になってくる場合が多いです。

とはいえ、赤ちゃんにも個性がありますし、教科書通りには行きません。空腹感を強く感じる赤ちゃんもいるので、頻回授乳が続くこともあります。

それでも一般的には、生後3ヶ月くらいまでは夜間授乳と3時間おき授乳が続くと思っておいたほうがいいでしょう

授乳は、個性がつきものです。赤ちゃんのお世話を中心に行っているママが、赤ちゃんの様子を見て臨機応変に判断をしていきましょう。

やめさせるべきタイミングはあるの?

夜間授乳や3時間おき授乳を無理やりやめさせることはありません。赤ちゃんの一度に飲む授乳量が増えてくると、自然に時間の間隔があいてくるので、問題ないのですね。大切なのは、赤ちゃんの体重の増減です。

3時間おき授乳をしていても、赤ちゃんの体重の増加が少ないこともあります。もしも体力がなく、一回の授乳で理想量が飲めない場合は、授乳回数で補うように指導されることもあります。

反対に体重の増加がよい場合は、赤ちゃんの泣くタイミングで授乳をすればいいので、授乳間隔をだんだんあけていくこともできるのですね。

赤ちゃんもだんだん昼と夜のリズムはついてきて、夜の睡眠が長くなることもあります。しかし夜は長いです。そのためママが寝てから朝起きるまで、赤ちゃんが寝るということは少ないでしょう。

夜間授乳は、断乳をするまで継続する場合も少なくありません。

ミルクと母乳をうまく使い分けて、夜間授乳を乗り越えよう

ママの腕の中で赤ちゃんがごくごくと飲んでいる姿は、ほほえましく、幸せを感じることのできる時ではないでしょうか。

しかし授乳間隔や哺乳リズムがうまくいかないとママに負担がかかることも…。

特に3時間おき授乳は、そのうち時間が伸びてくる可能性がありますが、夜間授乳は長く続くことも少なくありません。

そのため、夜間寝る前は腹持ちのよいミルクで哺乳する、また夜中は添い乳で楽に夜間授乳を乗り切るなど、哺乳を使い分けると夜間授乳を乗り越えることができます

  関連記事

お薬手帳を持参しないと損をするって本当?

診療報酬は2年に一度改定されており、2016年4月にも改訂されました。この改定に …

目や肌が黄色い!?新生児黄疸には種類がある!黄疸の原因となるビリルビン数値の基準値とは?

誕生したての赤ちゃんに多い、黄疸(オウダン)の症状が気になるママも多いのではあり …

先天性股関節脱臼は生まれつきの病気じゃない!?正しい知識で予防と治療に取り組もう!

赤ちゃんの股関節は、未発達な状態です。通常は、成長に伴いしっかりと発達していきま …

赤ちゃんの睡眠時間はどれくらい必要なの?その目安は?

赤ちゃんにとっての睡眠は、大人が考えている以上に大切なものです。浅い眠りであるレ …

教えて!ベビーカーと一緒にバスに乗る方法と注意点とは?

ベビーカーは赤ちゃんをもつママにとって無くてはならない育児グッズですよね。普段の …

大人とは違う!赤ちゃんにとって快適な温度や湿度を知っておこう

赤ちゃんの体温調節機能を育てながら、細やかな温度&湿度対応を 「異常気象」という …

バギーとベビーカーの違いは何?それぞれのメリット・デメリットが知りたい!

妊娠後期に赤ちゃんを迎える準備をしているとき、ベビーカーの購入を検討する家庭も多 …

赤ちゃんにおしゃぶりをさせるのは悪いこと?おしゃぶりのメリット、デメリットを理解して判断しよう

「おしゃぶり」は赤ちゃんがグズグズしたときに大活躍しますよね。お菓子やおもちゃを …

大人に比べると体温が高い赤ちゃんの夏服はどのように選べばいい?

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ体温調節をする機能が未熟で、外気温や室温に合わせ …

家庭保育園という教育方法の特徴は?その効果とは?

子どもの早期教育に関心があるママの中で、近年注目を集めているのが「家庭保育園」で …