ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

やめさせる?赤ちゃんがこぶししゃぶりをする理由ってなに?

   

赤ちゃんの仕草は見ていても可愛らしいものです。なかでも生後間も無くすると、赤ちゃんに指しゃぶりが見受けられるようになります。実は赤ちゃんは胎児の頃から指しゃぶりをしているので、生後2ヶ月にもなれば人前でも頻繁に見られるようになります。

両手の指を同時に口に入れてチューと吸っていたり、翌日には拳ごと口に入れてしまう仕草も見られることもあります。そんな赤ちゃんの姿には、ママでさえ驚いてしまうことが多いものです。そんな赤ちゃんの拳しゃぶりの謎をご紹介します。

こぶししゃぶりってどういうもの?

生後2ヶ月もすると赤ちゃんに見受けられる「こぶししゃぶり」は指しゃぶりに通じています。

赤ちゃんは、胎児のころから口に入れた物を吸うように原始反応が備わっています。指や拳、ゆくゆくは足を認識し始めた赤ちゃんは、原始反応を発動させて口にするようになるのです。

指しゃぶりを始めとした「こぶししゃぶり」がおこる理由は、手を握り締めて、ぐーの所作をしていることが多いので口に運びやすいためです。

赤ちゃんにとって指しゃぶりや「こぶししゃぶり」は、赤ちゃんの生きる術ともいえるのです。生後まもない時期のおしゃぶりは、暖かく見守ってあげたいものです。

こぶししゃぶりをする理由は?

もともと赤ちゃんに備わっている能力ですが、赤ちゃんの「こぶししゃぶり」にはそれなりの理由があるはずです。

赤ちゃんが不安な気持ちになっていて、落ち着きたいためにおこなう

ママが側にいない時、声が聞こえない時に「こぶししゃぶり」をして気分をまぎらわせたり、安心感を得ようと試みている。

まだ原始反応の影響を受けている

胎児のころからの影響で継続的なおしゃぶりをしている。

赤ちゃんが自分の身体を認識しはじめる

生後2ヶ月もすると、自分の手足を認識し始めるために、手遊び、足遊びをおこなうようになります。

赤ちゃんが退屈で暇を持て余している

赤ちゃんが、退屈な時や暇な時にこぶししゃぶりをしている。

その他

ほかに「こぶししゃぶり」をしてしまう様な感情や要求がその時にある

おもにこのような理由が潜んでいることもあるのです。赤ちゃんはただ闇雲に「こぶししゃぶり」をおこなうわけではないようです。

こぶししゃぶりはいつからいつまでやるの?

こぶししゃぶりをスタートする月齢

実際赤ちゃんは、ママのお腹にいる胎児のころから指しゃぶりをスタートしています。産科で赤ちゃんの写真に指しゃぶりが映し出されることもあるくらいです。

多くの赤ちゃんには、月齢2ヶ月ごろから指のおしゃぶりが開始されますので、この月齢から頻繁に指を口にしている赤ちゃんの姿を目撃しているママも多いことでしょう。

こぶししゃぶりを終える月齢

生後半年から1歳になるころ赤ちゃんの好奇心もさらに増え、興味の対象が様々なものへと移るようになります。

最初は赤ちゃんの興味がごく短なものへ移っていきます。まだ、「こぶししゃぶり」をしている頃でも、赤ちゃんの胸元に着せられた毛布で徐々に遊びだします。

赤ちゃんの個々の個性により興味の対象が異なっても同じプロセスをえています。1歳にもなると、赤ちゃんの興味はおもちゃや外の風景、周囲の人へと変化しています。

このころには、「こぶししゃぶり」が見られなくなります。

こぶししゃぶりをしているときにママが気をつけることは?

大人は唾液に様々な細菌がいるという事実を周知しているので、赤ちゃんが「こぶししゃぶり」をはじめるたびに、赤ちゃんへの衛生上の健康被害を懸念すると思います。

ママが気をつけること

  • 赤ちゃんの手は清潔そうに見えても、注意して凝視すると、指と指の間に小さな綿ぼこりが付着していることもあります。
  • 赤ちゃんの手汗も気になります。
  • 赤ちゃんのぐーの手に、よだれがべったりと付着してしまうことも気になって仕方がないものです。

赤ちゃんへのケアについて

よだれをそのままにしておくと、赤ちゃんの口元周辺がかぶれてしまうことにもなります。ここで、ママが手間を惜しんで赤ちゃんの口周り、顔まわりを拭き取ってあげると予防になります。

出来るだけ肌触りのやさしいコットンにお湯を浸して、丁寧に顔と手を拭き取ってあげるといいですね。

無理にやめさせず、他のことに興味をもたせよう

赤ちゃんの指とおしゃぶりが継続的に行われている間、ママも赤ちゃんのケアに追われて気が気ではありません。できれば、一般的なおしゃぶりの終了期には終えてほしいと切に願うものです。

とは言っても、赤ちゃんの成長速度には個性がつきものです。そんな時は、赤ちゃんの目の前に月齢に適した様々なおもちゃをおいて与えてみると、赤ちゃんの好奇心がおもちゃへと直ぐに移行する場合もあります。

赤ちゃんも、夢中になっているおもちゃを急に取り上げられると怒りだしたり、不機嫌になるので本人の意思を尊重したいものです。

  関連記事

お出かけ先で蜂に遭遇!もし赤ちゃんが蜂に刺されたらどうしたらいいの!?

あたたかくなってきて、ピクニックやハイキングなど赤ちゃんとお出かけする機会も増え …

先天性股関節脱臼は生まれつきの病気じゃない!?正しい知識で予防と治療に取り組もう!

赤ちゃんの股関節は、未発達な状態です。通常は、成長に伴いしっかりと発達していきま …

新生児訪問は受けなければいけないの?目的や内容とは?

厚生労働省では、母子保健法に定められた事業として、「新生児訪問」を行っています。 …

万一の事態を防ぐ、寝返り防止クッションはどう使う?

赤ちゃんグッズは見ているだけで楽しく、揃えてみたくなるベビー用品ばかりです。 授 …

母乳育児とミルク育児と混合育児。それぞれのメリットとデメリットが知りたい!

初めての出産を迎えるママ、あるいは出産後に母乳が足りていないのでは?と不安に思っ …

赤ちゃんが39℃の高熱に!熱を下げるにはどうしたらいい?

なんだか赤ちゃんの様子がおかしい。熱を測ると「39℃以上」そんなとき焦ってしまい …

新生児にも寝ぐずりってあるの?その原因と対処法は?

無事に出産を終えて、待ち望んでいた赤ちゃんとの生活を始められると、喜び勇んでいた …

赤ちゃんに赤いアザが!ウンナ母斑の原因や治療法について教えて

生まれたばかりの赤ちゃんにはあざが現れる場合があります。「ウンナ母斑」も赤ちゃん …

赤ちゃんのでべそは臍ヘルニアのせい!?その原因と対処法は?

赤ちゃんも生後1ヵ月ともなれば、へその緒もとれて、おむつ替えの時にドキドキしなく …

次の子どもを産むのはいつにする?2歳差育児のメリットとデメリットとは?

子どもは2人以上欲しいと考えているご夫婦にとって、初めてのお子さんの育児に慣れる …