ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんの手足が冷たいのはどうして?赤ちゃんのためにできることは?

   

家庭に笑顔を与えてくれる赤ちゃん。いつも元気ですくすく育ってほしいものですね。でも、子育てには不安もつきものす。

その不安には様々な要素がありますが、今回は赤ちゃんの手足が冷たい理由やその対処法について取り上げます。ママの不安が少しでも軽減されるといいですね。

赤ちゃんの手足はどうして冷たいの?

赤ちゃんは抱っこしていると身体はポカポカ温かいのに、手足を触るとヒヤッと冷たいことがよくありますね。

手足が温まっている時は、熱がある、もしくは眠気を感じているなどある程度原因を把握することができます。しかし、あまりにも赤ちゃんの手足が冷えているとママも少し不安に感じることもあるでしょう。

寒いのかなと思って手袋や靴下を履かせても、中には嫌いで泣き出す赤ちゃんもいます。では、どうしてこんなに冷たくなることがあるのでしょうか?

その理由として、赤ちゃんは体温調節がまだ上手に行えないという点があげられます。赤ちゃんの皮下脂肪はわたしたち大人より少ないので、体から熱が逃げやすいのです。

大人でもそうですが、身体は寒い環境に置かれると、内臓などの大切な器官を守ろうとし、自然と手足の血流を低下させます。そうすることで、生命を維持するために体内部の温度を保つことができます。

ですから、赤ちゃんの手足が冷える原因として、赤ちゃんは手足の温度を調節しながら、体の温度を調節しているからと言えます。

赤ちゃんのためにできることは?どうしてあげたらいいの?

上記から赤ちゃんの手足が冷たくても、さほど心配はいらないことが分かりましたね。しかし、体温調節がまだ上手にできない赤ちゃんのためにしてあげられることもいくつかあります。

そのひとつとして、室温調節はとても大切です。先ほどもご説明した通り、赤ちゃんはまだ自分で体温調節が上手にできません。ですから、室内の温度が高ければ体に熱がこもってしまい、赤ちゃんは汗をかきます。

手足が冷たいのに首や背中は汗だくになってしまうと、その汗が体を冷やすことにもつながるので気をつけましょう。

特に夏はこまめに洋服を取り換えてあげることが大切です。また温度が低すぎると「低体温」を引きおこす可能性もあるので、注意しましょう。

こまめな温度調節は大切です。夏は26度から28度、冬は18度から20度くらいをめやすに調節しましょう

もしも赤ちゃんが体温を36~37度で保つことができて、本人がご機嫌なようであれば、手足が冷たくても特に問題はありません。

また、赤ちゃん本人が暑すぎたり寒すぎたりと感じ、不快であれば、それをママに知らせるために泣き出すこともあります。赤ちゃんもそうやってママに意思表示しています。

でも、もし赤ちゃんの手足だけでなく、体全体も冷たくなっていたり、逆に異常に熱くなっていたり、他にも赤ちゃんがグッタリしていたり、食欲がないなど、いつもと違う様子が見られるなら、すぐにかかりつけの病院に行くことをお勧めします

赤ちゃんのために注意しておきたい点

先ほどは室温調節についてお伝えしましたが、赤ちゃんに着せる服の量や手袋、靴下についても注意しておきたい点があります。中にはどうしてあげたらいいか分からず、とにかく服をたくさん着せてしまう人がいます。

また体を冷やさないようにと厚めの布団をかけて温めてあげようとするママもいますが、それでは赤ちゃんは体温調節が上手にできなくなり、風邪を引いてしまうケースもあるので注意が必要です。

ですので、衣類などを用いて赤ちゃんの体温調節をしてあげる時には注意が必要になります。

また、靴下は基本的にはあまり履かせなくてもいいでしょう。赤ちゃんが自分で体温調節できるように、なるべく靴下や手袋(ミトン)など、手足を覆うものを身に付けるのは控えましょう

しかし、あまりに手足が冷たすぎる場合や、寒い時期のお出かけの際には、様子を見ながら靴下を履かせてあげてください。

赤ちゃんは手や足を使って物を掴んだり、触ったりすることで脳に刺激を受け、発育を促進します。ですから、なるべく手足は素肌のままで、様々な刺激を受けられるようにしてあげましょう

愛情を注いで、赤ちゃんの成長を楽しみましょう

さて、ここまでで赤ちゃんの手足が冷たい原因と対処法、注意点をお伝えしました。

赤ちゃんのためにもママは最善を尽くしてあげたいと思うものです。色々と不安に感じることもあるかもしれませんが、過度に神経質になる必要はなく、赤ちゃんの手足は冷たいものなんだと覚えておきましょう

赤ちゃんにたっぷり愛情を注いで、これからもすくすくと健やかに成長してくれることを見守っていきましょう。

  関連記事

子宮の中を再現?NICUで使う「スナグル」ってどんなもの?

待望の赤ちゃんの誕生した時に、すぐに抱きかかえて母乳から始めることの出来るケース …

機嫌が悪いことが多い赤ちゃんは、もしかしたら胃軸捻転かも!?

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ内臓機能が完全にできあがっていません。特に胃は、 …

手作りのおむつポーチで自分好みのデザインを楽しもう

待望の赤ちゃんが産まれて、ママもパパもさまざまな育児グッズを集める中、赤ちゃんに …

子育て中にペットを飼うのはOK?そのメリットと飼う際の注意点について

動物好きなご夫婦が赤ちゃんを授かったとき、飼っているペットをどうすべきか、悩むこ …

クレチン症(先天性甲状腺機能低下症)の症状と治療法!予防法は?

クレチン症とも呼ばれる先天性甲状腺機能低下症は、出生児3000人から4000人に …

心配ご無用!赤ちゃんをお風呂に一人で入れるって意外と簡単!入れ方とコツを伝授!

「夜、パパが仕事でいない!赤ちゃんのお風呂どうしたらいいの?」沐浴時期が過ぎ、一 …

成長と共に増えてくるベビー用品!何かと物入りで散らかってしまうのを防ぎたい収納方法とは?

赤ちゃんのものって、小さくて優しい色使いが多くて、見ているだけで幸せな気持ちにな …

小児麻痺は後遺症が残る?原因や特徴的なしぐさとは?

幼少期にウィルス感染することによって、手足に麻痺がおきてしまう「小児麻痺」。 小 …

幼児の英語教育はいつから始めたらいい?その方法とは?

近年、新卒採用の就職試験では、エントリーの時点でTOEICスコアによって足きりす …

赤ちゃんにサマーニットがいいって本当?そのメリットや作り方は?

赤ちゃんに着せるものは、デリケートな肌に刺激にならず、季節によって通気性や保温性 …