ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

新生児の下着って何枚くらい必要なの?種類と選び方は?

   

初めての赤ちゃんを迎えるにあたり、そろそろ準備を始めようとしているママとパパにとって、何をどれくらい用意したらいいのか、悩ましいものですよね。

中でも、成長の早い赤ちゃんの下着は、何を何枚くらい用意すべきなのか、見当もつかないことでしょう。

そこで今回は、新生児の下着にはどんな種類があり、何を何枚くらい用意したらよいかについて、お話しします。新生児におすすめの素材についても触れますので、ぜひ参考にしてみてください。

新生児の下着の種類にはどんなものがあるの?

新生児が着る下着には、いくつかの種類があります。具体的にあげると、「短肌着」「長肌着」「コンビ肌着」「ボディスーツ」「グレコ」「ロンパース」「カバーオール」です。

短肌着は、赤ちゃんの身体の前で紐を結ぶ肌着で、生地が薄くて丈が短いタイプです。夏場はサラサラし、冬場は温かく感じます。

長肌着は、短肌着と同じタイプで、丈が長いものです。裾が広がるのでおむつ替えはしやすいですが、赤ちゃんが動くようになると、裾が邪魔になることが多いです

コンビ肌着は、足元のスナップを留めることで、裾が二つに分かれる肌着です。スナップを留めなければ、長肌着としても使えます。

ボディスーツグレコロンパースは、また下までしっかりスナップで留めるタイプの肌着です。赤ちゃんの足の動きが活発になると重宝します

カバーオールは、ボディスーツやグレコ、ロンパースと形状が似ていますが、足先までしっかり覆うタイプです。

新生児の下着は何枚くらい必要?

では、新生児用に下着を用意する際には、何がどのくらいの枚数が必要なのでしょうか。

短肌着は赤ちゃんの肌に直接触れるものなので、洗い替えも含めて4~5枚は用意することをおすすめします。

長肌着は、丈が長いので短肌着の上に着せることになります。新生児のうちは身体を動かしませんが、生後3カ月を過ぎて足をばたつかせるようになると使わなくなるので、洗い替えも含めて2~3枚あればよいでしょう。

コンビ肌着は、スナップを留めなければ長肌着としても使えます。そのため、大き目のサイズのコンビ肌着を用意して、長肌着を購入しないママもいるほどです。大きくなっても使うつもりなら、4~5枚用意しておいてもよいかもしれません。

ボディスーツやグレコ、ロンパース、カバーオールを使う場合も、2~3枚あればよいでしょう。

新生児の下着はどんな素材がおすすめ?

新生児は新陳代謝が激しく汗をかきますので、通気性がよい素材の肌着を着せてあげるのがおすすめです。赤ちゃんが産まれる季節も考慮して、肌触りのよい素材を選んであげましょう。

まず、フライスです。フライスは、リブ編みの木綿生地のことで、赤ちゃんの肌着の定番です。肌触りがよく、伸縮性と吸湿性に優れているので、1年中使いやすいです。

次に、天竺です。天竺は、平編みの木綿生地のことで、大人の洋服にもよく使われています。フライスより生地が薄めで、速乾性が高いことが特徴です。春や夏など、赤ちゃんが汗をかきやすい季節におすすめです。

そして、ガーゼです。サラサラした肌触りで乾きやすいガーゼ素材は、暑さを感じにくく、洗濯してもすぐ乾くので、夏に重宝します。

冬に便利なのが、パイルです。パイルは、厚手のタオル生地なので、保温性が高いです。ただし、赤ちゃんが繊維に爪をひっかけることが多いので、注意が必要です

最後は、スムースです。スムースは、リブ編みの木綿生地です。パイル生地より薄めなので、秋口にあると使い勝手がよいはずです。

着心地の良い下着を選んであげよう!

新生児は、短肌着と長肌着、あるいは短肌着とコンビ肌着などを、組みわせて着ることが多いです。新生児のいる部屋は、温度や湿度を一定に保つことが多いはずですが、季節に合わせて、着心地のよい肌着を選んであげるにこしたことはありません。

また、赤ちゃんの成長に合わせて、こまめにサイズの違う肌着を買い続けるのか、先々に備えて肌着を準備するのかでも、用意する枚数が変わります。自分が着替えさせやすく、洗い替えに困らないように、赤ちゃんの肌着を選んであげましょう。

  関連記事

新生児を含めた赤ちゃんの起こし方にはコツがあるの?

待望の赤ちゃんが産まれて、大きな喜びや達成感を味わったママは、しあわせに包まれて …

熱がある赤ちゃんの離乳食、どうしたらいいの?体調不良時の離乳食ガイド

体調が悪いとき、赤ちゃんは言葉で伝えることができません。しかし、ぐずったり食欲が …

次の子どもを産むのはいつにする?2歳差育児のメリットとデメリットとは?

子どもは2人以上欲しいと考えているご夫婦にとって、初めてのお子さんの育児に慣れる …

ベビーリトミックのおすすめポイントは?いつから始められるの?

妊娠がわかった時点で、早期教育に思いをはせるママが案外多いようです。とはいえ、実 …

育てやすい「きょうだい構成」ってあるの?きょうだい構成の特徴について徹底解明!

あなたは、理想の子どものきょうだい構成、人数について考えたことがありますか? 一 …

赤ちゃんでもパスポートは必要!その申請方法とは?

無事に出産を終えて、家族で海外旅行に行きたいと考えている、ママとパパも多いことで …

買うべき?レンタルすべき?おすすめベビーベッド5選!

ひとりっ子ならレンタルの方がお得かも!? 妊娠中には、生まれてくる赤ちゃんのため …

乳腺炎の原因は食事ではなかった!乳腺炎を予防するために気をつけるべきこととは?

乳児健診での保健指導や母乳外来では、「乳腺炎の予防のためにも、食事に気をつけて」 …

新生児~生後3ヵ月までの赤ちゃんの授乳量や授乳の間隔はどれくらい?授乳の際のポイントとは?

授乳の間隔や量・ポイントを、月齢別(生後3ヵ月まで)にまとめました かわいい赤ち …

脳障害をおこすことも!?高ビリルビン血症ってなに?

新生児におこりやすい病気「高ビリルビン血症」についてご存じでしょうか? 妊娠、出 …