ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんでもかかることがある!肛門周囲膿瘍の原因や症状、治療方法のこと

   

赤ちゃんのおむつ替えをしているときに、肛門のあたりが腫れていたり、おできができて膿が溜まっているのを見つけて、驚くママもいるのではないでしょうか。おむつかぶれが原因のこともありますが、実は「肛門周囲膿瘍」という可能性もあります。

肛門周囲膿瘍は、放置して自然治癒する病気ではないので、早期発見・早期治療が必要です。そこで今回は、肛門周囲膿瘍とはどんな病気か、その症状と原因、治療方法について、お話しします。

肛門周囲膿瘍って何?どんな症状が出るの?

肛門周囲膿瘍とは、痔瘻とも呼ばれる、直腸や肛門部の感染症のことをいいます。

肛門の周囲が赤く腫れ、悪化すると膿を持ち、やがてそれが出てくるようになります。膿の大きさには個人差があり、米粒程度の大きさのものから、親指の爪先程度まで広がることもあります。

肛門周囲膿瘍は痛むので、おしっこやウンチをすることが刺激となり、赤ちゃんが泣いたり、機嫌が悪くなることが多いです

肛門周囲膿瘍は、生後1カ月から1歳くらいの乳児に多いのですが、中でも男の子によく見られます。一度、肛門周囲膿瘍にかかってしまうと、何度もくり返したり、肛門以外の場所に腫瘍が広がることがあります

肛門周囲膿瘍が小さいうちは、おむつかぶれと間違えやすく、治療が遅れてしまうことが多々あります。

肛門周囲膿瘍ができる原因は?

赤ちゃんに肛門周囲膿瘍ができる原因は、いくつかあります。まず、おむつかぶれによって、皮膚から感染してしまうことです。

人間の直腸と肛門の境い目には、深さ1mm程度の歯状線といわれる小さなくぼみがあり、肛門全周で6~11個にもなります。下痢便が続くと、このくぼみに便が入り込み、それに含まれる大腸菌が組織感染してしまうのです。

赤ちゃんの皮膚は大人より薄く、消化機能も未熟で下痢しやすいので、便の刺激に肌が負けてしまうのです。赤ちゃんは腸からの炎症が皮膚まで届きやすいことも、肛門周囲膿瘍ができる原因です。

肛門周囲膿瘍に膿がたまるようになると、39℃以上の発熱をしたり、腫瘍が赤く大きくなり、眠れないほど激しい痛みを伴うようになります。

肛門周囲膿瘍の治療方法は?

では、赤ちゃんに肛門周囲膿瘍ができてしまったら、どんな治療を行うのでしょうか。

肛門周囲膿瘍の治療は、症状によって異なります。肛門周囲膿瘍が赤く腫れている程度であれば、塗り薬を塗り、下痢を内服薬で止めて、経過を観察します。

ですが、肛門周囲膿瘍が膿を持っている場合は、切開して膿を出さなければなりません。病院で外科的処置を施して膿が出し切れれば、その後に抗生物質と鎮痛剤を服用しながら、回復を待つことになります。

ですが、溜まっている膿の量が多ければ、自宅でも毎日、生み出しをするよう指示されることもあります。ただし、肛門周囲膿瘍の手術をすることで、肛門の括約筋がいびつになることもあるので、早期発見・早期治療がポイントとなります。

肛門周囲膿瘍が疑われたら病院で診察を受けよう!

赤ちゃんの皮膚は薄くてデリケートで、おむつの中は湿気があり、温かいことから、かぶれがおこりやすいです。そして、おむつかぶれがきっかけとなって、肛門周囲膿瘍に進んでいくケースも少なくありません。

そのため、ウンチをしたときには、ぬるま湯で流したり、シャワー浴をさせるなどして清潔にし、おしりを乾かしてからおむつをするなど、日ごろから配慮することが必要です。

そして、下痢をしたときには、できるだけ早く止めるように、小児科に連れて行くのがよいでしょう。

それでも、おむつかぶれではなく、肛門周囲膿瘍ができることがあるので、疑わしいときには病院で診察を受けてください

  関連記事

赤ちゃんの耳垢の取り方が知りたい!色の違いには注意が必要?

赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、汗の量が多く、垢がたまりやすいです。それと同じ理 …

赤ちゃんを寝かせるときは背中トントンじゃないの!?背中ボスボスの方法と効果とは?

赤ちゃんを寝かしつけるとき、背中をトントンしてあげているママは、きっとたくさんい …

「3人きょうだい」には特徴的な性格がある!子どもの性格に合った育て方ガイド!

みなさんは「3人きょうだい」には、どのようなイメージがありますか?長男・長女はし …

大切な赤ちゃんへのプレゼント!「命名書」の準備や正しい書き方とポイントとは?

お七夜(命名式)に必要な「命名書」とは? 赤ちゃんにとって生まれて初めての祝いの …

新生児が寝ないのはどうして?その原因と対策とは

長い妊娠期間を終えて、我が子と対面したときの喜びは、何物にも代えがたいものだった …

赤ちゃんとママに幸福感と安心感を与えてくれる”トッポンチーノ”ってどんなもの?

トッポンチーノという名前を聞いたことがあるでしょうか?なんだかまるで食べ物のよう …

買うべき?レンタルすべき?おすすめベビーベッド5選!

ひとりっ子ならレンタルの方がお得かも!? 妊娠中には、生まれてくる赤ちゃんのため …

赤ちゃんに必要なグッズを効率よく揃える方法とは?

妊娠後期に入ったら、出産に備えて、赤ちゃんに必要なものを用意し始めるママが多いこ …

新生児に発生しやすい肌トラブル 中毒疹の症状と対策

小さい子どもがかかる病気はいろいろあります。特に新生児の時期はお腹の中とは環境が …

保育園参観はした方がいい?0~3歳までの年齢での違いとは?

働くママにとって、保育園選びは重要です。そのため、我が子を入園させる保育園を決め …