ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

熱がある赤ちゃんの離乳食、どうしたらいいの?体調不良時の離乳食ガイド

   

体調が悪いとき、赤ちゃんは言葉で伝えることができません。しかし、ぐずったり食欲が落ちたり、さまざまなサインが出るものです。そのため、ママやパパがこのサインに気付き、適切な対応をしてあげたいもの。

中でも大切なのが、「離乳食の調整」です。体調が悪いと、大人でも普段通りの物が食べられなくなりますよね。

赤ちゃんも同じです。とは言っても、どのようなものを食べさせればいいのか、控えるべきなのか分からない方も多いと思います。そこで今回は、体調が悪い赤ちゃんにオススメな離乳食をご紹介していきます。

体調が悪い赤ちゃんには、どんな離乳食が最適?

体調が悪い時は、離乳食の内容を変えていく必要があります。

その変え方は、離乳食の段階によって異なります。離乳食の初期であれば、体調の悪い時などに関して無理に離乳食を食べさせなくても大丈夫です。体調が回復するまでの間、様子を見ながら母乳やミルクのみの食事に戻してあげてください。

離乳食中期の場合も同様です。食べられないようであれば、母乳やミルクをしっかりと飲ませてあげましょう。

離乳食が進んでいる場合は、野菜スープやポタージュなど消化に優しい物を食べさせてあげてください。そして、体調が回復してきたら徐々に元の離乳食形態へ戻していきます。目安として、1~2つ前の段階の離乳食を参考にして再開してください。

例えば、ダイス状にカットした食材を使っていた赤ちゃんであれば、ドロドロから再開するといった具合に調整しましょう。

母乳やミルクを飲んでいるのであれば、栄養面での心配はありません。赤ちゃんのペースでゆっくりと離乳食を再開していきましょう。

どんなものを食べさせるといいの?

熱がある時や風邪の時など、体調が悪い場合には水分補給がとても大切です。赤ちゃんは大人に比べて体内の水分量が多く、水分が不足すると大事に至る場合があります。

そのため、母乳やミルク、湯冷まし、麦茶、イオン飲料などを活用して水分補給をしっかりとさせてください。

体調が悪い場合の離乳食の鉄則は、「消化の良いもの」です。離乳食初期~中期は母乳やミルク、後期以降であればポタージュや果汁がオススメです。

また、発熱時はビタミンもしっかり取っておくのも重要になります。そのため、イチゴやミカン、リンゴ、カボチャなどの野菜が適しているでしょう。

もしも食欲が落ちている場合は、少量ずつ、複数回飲ませるようにしましょう。食欲があれば、おかゆやうどんなど食べやすく消化に優しいものを食べさせてあげましょう。

この他にも、赤ちゃんが食べられる物を少しずつ食べさせてあげてください。熱が下がり、体調も回復した場合には、肉や魚、豆腐などタンパク質を積極的に食べさせてあげると体力の回復にもつながりますよ。

体調が悪い時に控えた方がいい食材はあるの?

体調が悪い時に控えたいもの、それは胃腸に負担がかかる食べ物です。脂肪分が多い食材は、胃腸に負担がかかります。また、食物繊維が多い食材も避けたいものです。

このような胃腸に負担がかかる食材を避けた食事を作ってあげたいですね。

熱が下がり体調が良くなってくると、食欲も回復してきます。しかし、食欲が戻ったとしても大量の食事を与えたり、すぐに元の食事形態に戻すのは控えましょう。

まずは、柔らかくて小さ目の離乳食から再開し、徐々に元の離乳食に戻っていけるようにしましょう。

きつい時には無理せず体調に合った離乳食を!

赤ちゃんも大人と同様に体調が悪いと食欲が落ちたり、全く食べられなくなったりします。母乳やミルクを飲んでいるのであれば、離乳食を数日間食べなくても大丈夫です。ですので、無理せずに体を休めてあげましょう。

しかし、離乳食をお休みしたとしても、水分補給は必ず行ってくださいね。体調が回復してきたら、今までより柔らかめの食事から再開し、少しずつ元に戻していけるようにしましょう。

赤ちゃんは、少しのことでも体調を崩しやすいものです。体調に合わせた離乳食の調整ポイントを知っておくと安心でしょう。

  関連記事

新生児の呼吸数ってどのくらい?赤ちゃんの「呼吸」について正しい知識を持とう!

生まれたばかりの赤ちゃんが、スーピー、スーピー…。気持ちよさそうな寝息が聞こえて …

母乳は飲ませるだけじゃない!鼻づまりに有効な母乳点鼻のこと

母乳が赤ちゃんによいことは、育児雑誌や子育てサイト、母親教室の中などで、何度とな …

覚えておきたい!ママと乳幼児の防災用非常食のこと

災害は、いつおこるか予測しきれません。そして、誰もが被災者になる可能性があります …

新生児に添い乳ってしてもいいの?添い乳をする場合にはやり方は?げっぷの必要はある?

赤ちゃんにおっぱいをあげる方法は縦抱きや横抱き、斜め抱きなどが主流ですが、特に新 …

増える引きこもり育児に警鐘!子供への悪影響と抜け出す方法

近年、社会とうまく適合できずに家の中に引きこもる方が増えてきました。中には子ども …

泣き声が小さい?顔が無表情?もしかして乳児ボツリヌス症?原因と症状、気になる治療法とは?

「赤ちゃんに元気がないな」「いつもより泣き声が小さい気がする」「何だか無表情だな …

乳児に多くみられる喉頭軟化症の原因や症状、治療法を教えて!

赤ちゃんが風邪をひいたことをきっかけに、苦しそうにゼーゼーと息をすることがありま …

万一の事態を防ぐ、寝返り防止クッションはどう使う?

赤ちゃんグッズは見ているだけで楽しく、揃えてみたくなるベビー用品ばかりです。 授 …

赤ちゃんがしゃべらないのはなぜ?その原因と対策とは?

赤ちゃんは生後2カ月を過ぎると、「あ~」「う~」といった喃語を話し始めるのが普通 …

赤ちゃんの皮ふがポロポロむける…これって病気?新生児落屑とは?

生まれてきたばかりの赤ちゃんは、しばらくすると日焼けの後のように、皮膚がポロポロ …