ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんの鼻詰まり解消もできる万能「ベビーオイル」の使い方徹底ガイド

   

育児中のママが一度は手にしたことがある「ベビーオイル」。肌の保湿のために準備する方、多いのではないでしょうか。

実はこの「ベビーオイル」、育児の中で様々な場面で活躍します。数ある中でもオススメな使い方は、「鼻詰まりの解消」です。赤ちゃんは、頻繁に鼻詰まりをおこします。

鼻が詰まった赤ちゃんは寝つきが悪く、見ていても苦しそう。そんな時にベビーオイルは大活躍!今回は、ベビーオイルと鼻詰まりケアについて詳しくお話ししていきますね。

たくさんあって悩んじゃう!ベビーオイルはどう選べばいいの?

育児本などでよく紹介されている「ベビーオイル」ですが、そもそもどのような成分から作られているのでしょうか。

ベビーオイルは、成分によって大きく2つに分けることができます。この成分によって選び方も大きく左右されるため、大まかな種類を知っておきましょう。

鉱物油

鉱物油は、石油を精製して作られたオイルのことです。一般的な化粧品などにも多く使われており、身近な成分と言えますね。成分表示では、ワセリンやパラフィン、ミネラルオイルなどとして表記されています。

石油を赤ちゃんの体に塗っても大丈夫?と不安になるかもしれません。しかし、この鉱物油は十分に精製され、純度の高いものであるため、肌に悪影響を及ぼすことはありません。

特にワセリンは病院で処方されることもあり、安心して使用してください。肌の保湿や保護に適しています。

植物油

植物油は、木の実や種を元に作られるオイルです。

成分表示では、ホホバオイル、オリーブ油、アーモンド油などの表記がされています。鉱物油よりも分子が小さく、効率的に肌にうるおいを与えます。また、ビタミンやミネラルなどの肌に嬉しい成分も豊富です。

植物油は天然成分であるため、赤ちゃんの繊細な肌にも安心して使えそうですね。しかし、天然成分故に酸化しやすいため、保存方法や使用期限を守る必要があります。

使いやすさや赤ちゃんの肌に合うかどうかなど、チェックしておきたいものです。

また、肌質以外にも季節によって求められる保湿力は異なります。使い切りサイズなど小さめの物から試し、赤ちゃんとママに最適なベビーオイルを見つけてくださいね!

とっても便利!ベビーオイルの使い方

ベビーオイルは、肌の保湿のために購入する方が多いと思います。実は、ベビーオイルの使い道は、保湿だけではありません!使い方を工夫すれば色々なことに使える「便利グッズ」なのです。

耳かき

赤ちゃんの耳かきをするとき、乾いたままの綿棒で擦ると肌を傷つけてしまうことも。そのため、ベビーオイルで綿棒の先を湿らせておきましょう。湿っていると、垢もくっつきやすくなり掃除も楽になりますよ。

肛門刺激

赤ちゃんが便秘の時、綿棒で刺激するよう指導されることが多いと思います。その時、うんちの滑りを良くするために、綿棒とベビーオイルが活躍します。綿棒の先にオイルをつけ、優しく肛門を刺激してあげてくださいね。

皮膚の保護

保湿以外にも、保護の目的でベビーオイルを塗る場合があります。塗った部分に食べ物などがついても、かぶれにくくなるためです。口の周りがかぶれやすい赤ちゃんには、ぜひ実践してほしい使い方です。

これもオススメ!ベビーオイルで鼻掃除!

袁術で紹介した以外にも、オススメの使い方があります。それは「鼻掃除」です。

何かと詰まりやすい赤ちゃんの鼻ですが、見えているけど取れない鼻くそにイライラしたことありませんか?そんな時には、ベビーオイルを活用しましょう。ベビーオイルを付けた綿棒であれば、鼻への負担を軽減することが可能です。

鼻の中をスムーズに掃除できるだけでなく、保湿効果によって鼻くそを柔らかくしてくれて鼻詰まりの解消も期待できます。鼻掃除においてメリットの多いベビーオイル、一度試してみる価値あり!ですよ。

鼻の中は繊細!鼻掃除の注意点は?

赤ちゃんの鼻掃除をするときは、鼻の中を傷つけないよう細心の注意を払う必要があります。

ベビーオイルで湿らせた綿棒であっても、カピカピに張り付いた鼻くそは取り除けないことがあります。奥の方にあって取りきれないなんてことも。そのような時、深追いは禁止です。

綿棒で取れるのは、手前の方にある鼻くそです。優しく擦っても取れない場合には、綿棒で取るのは止めておきましょう。そのほかの対処法として、加湿するなどして柔らかくしてから再チャレンジしてみることをおすすめします。

また、奥の方で詰まっている場合には、ご家庭で掃除すると傷つける危険性が高まります。耳鼻科などで適切な処置を受けるようにしてくださいね。

さらに赤ちゃんが動くと大変危険ですので、体をしっかり固定し、すばやく済ませるようにしてあげましょう。

育児の味方・ベビーオイルを活用しよう!

保湿だけに使われがちな「ベビーオイル」ですが、使い方次第では育児を楽にしてくれるアイテムです。肌の保湿はもちろん、便秘の時の肛門刺激、耳かき、鼻掃除、肌の保護など使い方はママ次第です。

デリケートな赤ちゃんの肌を守りながら、しっかりとケアができるようにしてあげましょう。

お店に行くと様々な種類のベビーオイルが販売されています。主要成分がどのようなものかチェックし、小さめサイズを試して赤ちゃんに合うか確認しておきましょう。

赤ちゃんの肌は季節や体調によって変化します。時期によってベビーオイルの種類も変えていけると良いですね。

  関連記事

助手席にチャイルドシートを設置するのは、法律違反なの?どこなら安全?

日本では、2000年4月に道路交通法が改正されてから、チャイルドシートの着用が義 …

風邪のとき赤ちゃんのお風呂どうしたらいいの!?お風呂のお悩み徹底解説!

小さい頃、風邪の時はお風呂に入らない方がいい!と言われていませんでしたか?実際、 …

覚えておきたい!ママと乳幼児の防災用非常食のこと

災害は、いつおこるか予測しきれません。そして、誰もが被災者になる可能性があります …

母乳が足りないことを見逃さないために、覚えておきたい赤ちゃんからのサインのこと

初めての育児に取り組むママにとって、母乳がきちんと出ているのか、きちんと足りてい …

精巣捻転は不妊の原因になるの?原因と治療法が知りたい!

妊活中は、パパも自分の身体のコンディションを保つため、いろいろな配慮をするはずで …

母乳を出やすくする方法まとめ。母乳育児を目指すママ必見です

ママの母乳の中には様々な栄養や免疫が含まれており、赤ちゃんにとって良いものとなっ …

新生児の鼻血は異常なこと!?その原因と対処法を教えて

新生児のお世話に追われているママが、我が子が鼻血を出しているのを見つけると、とて …

赤ちゃんの息遣いが荒い!コレって病気!?その原因と対処法は?

ふと赤ちゃんの様子を観察していると、なんだか息遣いが荒いような気がする、何か体の …

赤ちゃんが指を握る力が弱いと問題なの?チェック方法と対処法が知りたい!

生まれたばかりの赤ちゃんには、本能的に備わっている「原始反射」が見られ、その種類 …

子育て中にペットを飼うのはOK?そのメリットと飼う際の注意点について

動物好きなご夫婦が赤ちゃんを授かったとき、飼っているペットをどうすべきか、悩むこ …