ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんが着るロンパースとカバーオールの違いとは?選ぶポイントは?

   

初めての赤ちゃんを迎えるにあたり、その準備のためにベビー用品売り場に足を運ぶと、衣類だけでもさまざまな種類があることがわかり、何を着せたらよいのか迷うママとパパもいそうです。

そこで今回は、赤ちゃんが着ることが多い、ロンパースとカバーオールの違いについて、説明します。

また、ロンパースとカバーオールを着せるメリットとデメリットについてもお話ししますので、赤ちゃんの月齢も考慮したうえで、何を着せるのかを検討してみてくださいね。

ロンパースとカバーオールの違いって何?

まず、ロンパースとカバーオールの違いについて、説明します。

ロンパースとは、足の部分に布がなく、股のところをスナップで留めることができるようになっているデザインのものを総称します。

トップスとボトムスが一体になっているので、ボディスーツと言われることもあります。薄手の半袖から厚手の長袖までさまざまな種類があり、肌着としてもアウターとしても使うことができます。

一方のカバーオールは、肌着の上に着せる外着のことをいい、上下が1枚につながっています。主に長袖・長ズボンのものをカバーオールと呼び、半袖・半ズボンのものはショートオールといわれます。

海外製のカバーオールの場合は、足先まですっぽり覆うタイプが多く、日本製は足首までの長さになっています。

ロンパースのメリットとデメリットは?

赤ちゃんにロンパースを着せるメリットとしては、股の部分で付け外しができるので、おむつ替えがしやすく、その際に汚れる心配が少なくなることです。

また、上下がつながっているので着崩れしにくく、抱っこやおんぶをしてもはだけたり、お腹が出る心配がありません。

そして、ロンパースは暑い夏はそれ1枚で着て、それ以外の季節は肌着として使い、重ね着や毛布などで体温調整しやすいのも、メリットといえるでしょう。

ロンパースのデメリットとしては、赤ちゃんがハイハイしたり、歩くことができるようになるなど、動きが活発になってくると、着せにくくなることがあげられます。

そのころには、肌着も上下別々のセパレートタイプを着せるママが多くなるのは、そのためです。

カバーオールのメリットとデメリットは?

赤ちゃんにカバーオールを着せるメリットとしては、保温の役割を果たしてくれることです。

カバーオールは肌着の上に着せるお洋服ですし、上下がつながっているので、全身を温かく包んでくれます。また、カバーオールは前開きになっているので、首がまだ座っていない赤ちゃんでも、簡単に着せることができます。

一方のカバーオールを赤ちゃんに着せることでのデメリットとしては、前ボタンで留めるデザインになっているので、赤ちゃんが活発に動くようになると、着せにくくなることがあげられます。

そのため、1歳前でもトップスとボトムスを別々にするママも少なくありません。また、カバーオールのサイズは80cmまでしかないことが多いことも、デメリットといえるかもしれません。

赤ちゃんに合わせて選んであげよう!

赤ちゃんにロンパースを着せるのか、カバーオールを着せるのかは、月齢や季節によって異なります。ロンパースは生後3カ月から2歳半ころまで着られるもので、サイズも95cmくらいまでは用意されています。

一方のカバーオールは生後3カ月から1歳くらいまでが使用の目安で、サイズも60~80cmまでのことが多いです。赤ちゃんの成長に合わせて、動きやすい、あるいはママやパパが脱ぎ着させやすいものを選ぶとよいでしょう。

季節によっても、ロンパースとカバーオールの役割は異なりますので、赤ちゃんが快適に過ごせるように選んであげてくださいね。

  関連記事

生後1ヵ月の赤ちゃんが吐く原因と予防法を知っておこう!

生後1ヵ月の赤ちゃんに母乳やミルクを飲ませた後、噴水のように吐かれて、不安になる …

赤ちゃんが39℃の高熱に!熱を下げるにはどうしたらいい?

なんだか赤ちゃんの様子がおかしい。熱を測ると「39℃以上」そんなとき焦ってしまい …

赤ちゃんの眉毛はいつごろから生えてくるの?太い・薄いなど悩みを解消する方法は?

赤ちゃんが産まれた瞬間は大事業を終えた達成感や疲労感と、それ以上の喜びに包まれて …

夜驚症の原因って何?赤ちゃんにみられることもあるの?

赤ちゃんは、生後6~8カ月を迎えるころになると、夜泣きを始めることが多いです。こ …

重症化することもある!知っておきたい、胎便吸引症候群(MAS)のこと

出産が命がけなのは、ママだけではありません。赤ちゃんも出生時のトラブルに見舞われ …

赤ちゃんの死亡事故は窒息が一番多いって本当?原因と予防法は?

厚生労働省が平成24年に発表した「人口動態調査」によると、0歳児の不慮の事故の死 …

お薬手帳を持参しないと損をするって本当?

診療報酬は2年に一度改定されており、2016年4月にも改訂されました。この改定に …

赤ちゃんが白目むいてる!たまに寄り目のことも…。赤ちゃんの「目」のあれこれ徹底調査!

生まれたばかりのときは閉じていることが多かった「赤ちゃんの目」。徐々に目を開けて …

0歳児から始める七田式教育って、どんな内容なの?評判はいい?

少子化が進むにつれて、早期教育を始める家庭が増えているようです。そうした乳幼児を …

発症は稀だけど、赤ちゃんの命に関わる病気!高アンモニア血症って?

アンモニアという物質を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?昔、理科の …