ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんが着るロンパースとカバーオールの違いとは?選ぶポイントは?

   

初めての赤ちゃんを迎えるにあたり、その準備のためにベビー用品売り場に足を運ぶと、衣類だけでもさまざまな種類があることがわかり、何を着せたらよいのか迷うママとパパもいそうです。

そこで今回は、赤ちゃんが着ることが多い、ロンパースとカバーオールの違いについて、説明します。

また、ロンパースとカバーオールを着せるメリットとデメリットについてもお話ししますので、赤ちゃんの月齢も考慮したうえで、何を着せるのかを検討してみてくださいね。

ロンパースとカバーオールの違いって何?

まず、ロンパースとカバーオールの違いについて、説明します。

ロンパースとは、足の部分に布がなく、股のところをスナップで留めることができるようになっているデザインのものを総称します。

トップスとボトムスが一体になっているので、ボディスーツと言われることもあります。薄手の半袖から厚手の長袖までさまざまな種類があり、肌着としてもアウターとしても使うことができます。

一方のカバーオールは、肌着の上に着せる外着のことをいい、上下が1枚につながっています。主に長袖・長ズボンのものをカバーオールと呼び、半袖・半ズボンのものはショートオールといわれます。

海外製のカバーオールの場合は、足先まですっぽり覆うタイプが多く、日本製は足首までの長さになっています。

ロンパースのメリットとデメリットは?

赤ちゃんにロンパースを着せるメリットとしては、股の部分で付け外しができるので、おむつ替えがしやすく、その際に汚れる心配が少なくなることです。

また、上下がつながっているので着崩れしにくく、抱っこやおんぶをしてもはだけたり、お腹が出る心配がありません。

そして、ロンパースは暑い夏はそれ1枚で着て、それ以外の季節は肌着として使い、重ね着や毛布などで体温調整しやすいのも、メリットといえるでしょう。

ロンパースのデメリットとしては、赤ちゃんがハイハイしたり、歩くことができるようになるなど、動きが活発になってくると、着せにくくなることがあげられます。

そのころには、肌着も上下別々のセパレートタイプを着せるママが多くなるのは、そのためです。

カバーオールのメリットとデメリットは?

赤ちゃんにカバーオールを着せるメリットとしては、保温の役割を果たしてくれることです。

カバーオールは肌着の上に着せるお洋服ですし、上下がつながっているので、全身を温かく包んでくれます。また、カバーオールは前開きになっているので、首がまだ座っていない赤ちゃんでも、簡単に着せることができます。

一方のカバーオールを赤ちゃんに着せることでのデメリットとしては、前ボタンで留めるデザインになっているので、赤ちゃんが活発に動くようになると、着せにくくなることがあげられます。

そのため、1歳前でもトップスとボトムスを別々にするママも少なくありません。また、カバーオールのサイズは80cmまでしかないことが多いことも、デメリットといえるかもしれません。

赤ちゃんに合わせて選んであげよう!

赤ちゃんにロンパースを着せるのか、カバーオールを着せるのかは、月齢や季節によって異なります。ロンパースは生後3カ月から2歳半ころまで着られるもので、サイズも95cmくらいまでは用意されています。

一方のカバーオールは生後3カ月から1歳くらいまでが使用の目安で、サイズも60~80cmまでのことが多いです。赤ちゃんの成長に合わせて、動きやすい、あるいはママやパパが脱ぎ着させやすいものを選ぶとよいでしょう。

季節によっても、ロンパースとカバーオールの役割は異なりますので、赤ちゃんが快適に過ごせるように選んであげてくださいね。

  関連記事

赤ちゃんの首が赤い!何故か臭う!?その原因と予防方法は?

新生児期の皮膚は大人とも子供とも別の特徴が見受けられますよね。蒙古斑が見られたり …

母乳育児は虫歯になりやすい!?その原因と対策方法は?

赤ちゃんや小さな子供は病気になっても症状をうまく伝えることができません。虫歯もそ …

チアノーゼって赤ちゃんによくおこる?注意したい症状は?

チアノーゼとは、血液中の酸素が足りなくなることで、皮膚や粘膜が青紫色になる状態の …

赤ちゃんの爪切りって難しい!うまく爪を着る方法やコツってある?もしも失敗したときはどうすればいい?

赤ちゃんのケアで苦労することが多いのが「爪切り」ですよね。とても小さく柔らかい爪 …

赤ちゃんにテレビはいつから見せていいの?悪い影響があるってほんと?

テレビを見る環境は各家庭によってさまざまですよね。 朝から晩までテレビを見ている …

0歳1ヵ月の乳児に多い!湿疹が出た時の対処法とは?

赤ちゃんに湿疹が出てしまった時は焦らず対処を! 0歳1ヵ月という時期は肌のバリア …

赤ちゃんがかかりやすい腸重積症の原因と症状、治療法を教えて!

赤ちゃんは身体の機能が未熟なので、大人とは違って、かかりやすい病気がいくつもあり …

乳腺炎の原因は食事ではなかった!乳腺炎を予防するために気をつけるべきこととは?

乳児健診での保健指導や母乳外来では、「乳腺炎の予防のためにも、食事に気をつけて」 …

後遺症なども心配!新生児仮死の原因と症状について

赤ちゃんが元気に産まれて来て欲しいというのは、誰もが願うことです。しかし分娩中は …

赤ちゃんの夜泣きは寝言泣きかも!?その原因と対処法は?

生後1ヵ月の赤ちゃんは、まだ生活リズムが整っておらず、夜中の授乳も必要です。その …