ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんが着るロンパースとカバーオールの違いとは?選ぶポイントは?

   

初めての赤ちゃんを迎えるにあたり、その準備のためにベビー用品売り場に足を運ぶと、衣類だけでもさまざまな種類があることがわかり、何を着せたらよいのか迷うママとパパもいそうです。

そこで今回は、赤ちゃんが着ることが多い、ロンパースとカバーオールの違いについて、説明します。

また、ロンパースとカバーオールを着せるメリットとデメリットについてもお話ししますので、赤ちゃんの月齢も考慮したうえで、何を着せるのかを検討してみてくださいね。

ロンパースとカバーオールの違いって何?

まず、ロンパースとカバーオールの違いについて、説明します。

ロンパースとは、足の部分に布がなく、股のところをスナップで留めることができるようになっているデザインのものを総称します。

トップスとボトムスが一体になっているので、ボディスーツと言われることもあります。薄手の半袖から厚手の長袖までさまざまな種類があり、肌着としてもアウターとしても使うことができます。

一方のカバーオールは、肌着の上に着せる外着のことをいい、上下が1枚につながっています。主に長袖・長ズボンのものをカバーオールと呼び、半袖・半ズボンのものはショートオールといわれます。

海外製のカバーオールの場合は、足先まですっぽり覆うタイプが多く、日本製は足首までの長さになっています。

ロンパースのメリットとデメリットは?

赤ちゃんにロンパースを着せるメリットとしては、股の部分で付け外しができるので、おむつ替えがしやすく、その際に汚れる心配が少なくなることです。

また、上下がつながっているので着崩れしにくく、抱っこやおんぶをしてもはだけたり、お腹が出る心配がありません。

そして、ロンパースは暑い夏はそれ1枚で着て、それ以外の季節は肌着として使い、重ね着や毛布などで体温調整しやすいのも、メリットといえるでしょう。

ロンパースのデメリットとしては、赤ちゃんがハイハイしたり、歩くことができるようになるなど、動きが活発になってくると、着せにくくなることがあげられます。

そのころには、肌着も上下別々のセパレートタイプを着せるママが多くなるのは、そのためです。

カバーオールのメリットとデメリットは?

赤ちゃんにカバーオールを着せるメリットとしては、保温の役割を果たしてくれることです。

カバーオールは肌着の上に着せるお洋服ですし、上下がつながっているので、全身を温かく包んでくれます。また、カバーオールは前開きになっているので、首がまだ座っていない赤ちゃんでも、簡単に着せることができます。

一方のカバーオールを赤ちゃんに着せることでのデメリットとしては、前ボタンで留めるデザインになっているので、赤ちゃんが活発に動くようになると、着せにくくなることがあげられます。

そのため、1歳前でもトップスとボトムスを別々にするママも少なくありません。また、カバーオールのサイズは80cmまでしかないことが多いことも、デメリットといえるかもしれません。

赤ちゃんに合わせて選んであげよう!

赤ちゃんにロンパースを着せるのか、カバーオールを着せるのかは、月齢や季節によって異なります。ロンパースは生後3カ月から2歳半ころまで着られるもので、サイズも95cmくらいまでは用意されています。

一方のカバーオールは生後3カ月から1歳くらいまでが使用の目安で、サイズも60~80cmまでのことが多いです。赤ちゃんの成長に合わせて、動きやすい、あるいはママやパパが脱ぎ着させやすいものを選ぶとよいでしょう。

季節によっても、ロンパースとカバーオールの役割は異なりますので、赤ちゃんが快適に過ごせるように選んであげてくださいね。

  関連記事

アメリカで問題になっているコカインベイビーとは!?親の薬物服用で赤ちゃんに与える影響とは?

アメリカ合衆国において「コカイン ベビー」という名称をご存知でしょうか?「コカイ …

赤ちゃんはどうして大人の真似をするの?真似しやすい動作とは?

赤ちゃんの視覚や聴覚が発達するにつれて、ママやパパを認識できるようになります。そ …

新生児でも臭いを嗅ぎ分けることはできるの?赤ちゃんの味覚はいつ頃から発達し始める?

人間が生きていくための本能として備わっている五感。それは赤ちゃんにも同じく与えら …

赤ちゃんの手足が冷たいのはどうして?赤ちゃんのためにできることは?

家庭に笑顔を与えてくれる赤ちゃん。いつも元気ですくすく育ってほしいものですね。で …

赤ちゃんの先天性疾患の一つである、神経管閉鎖障害のこと

厚生労働省は妊活中あるいは妊娠中の女性に対し、お腹の赤ちゃんが「神経管閉鎖障害」 …

赤ちゃんが高熱を出してしまった?熱を冷ましてあげるにはどうしたらいいの?病院には連れて行くべき?

赤ちゃんの平熱というのは大人に比べて高いもの。多少個人差はありますが、36.5度 …

赤ちゃんの爪切りって難しい!うまく爪を着る方法やコツってある?もしも失敗したときはどうすればいい?

赤ちゃんのケアで苦労することが多いのが「爪切り」ですよね。とても小さく柔らかい爪 …

新生児の呼吸数ってどのくらい?赤ちゃんの「呼吸」について正しい知識を持とう!

生まれたばかりの赤ちゃんが、スーピー、スーピー…。気持ちよさそうな寝息が聞こえて …

早産したママは活用して欲しい!未熟児養育医療制度について

未熟児とは、身体機能が未熟な状態で生まれてきた赤ちゃんのことをいいます。 かつて …

添い乳は危険だからやめた方がいいの?添い乳で安全に寝かしつけるおすすめの方法とは?

添い乳はママにとって、楽にできる授乳方法ですよね。赤ちゃんにとっても、ママの匂い …