ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

寝かしつけに効果があるって本当?おやすみたまごのこと

   

赤ちゃんの寝かしつけに悩むママは、きっと考えている以上に多いはずです。そのため、さまざまな赤ちゃんの寝かしつけ方法やグッズが紹介されています。

そんな中でも、いま子育て中のママに寝かしつけの神アイテムと言われているのが、「おやすみたまご」なのです。

そこで今回は、おやすみたまごとは何か、おすすめのポイント、効果的な使い方について、お話しします。いま、赤ちゃんの寝かしつけに困っているママは、試してみる価値があるかもしれません。

おやすみたまごって何?

いま話題の「おやすみたまご」とは、赤ちゃんに授乳した後、そのまま寝かしつけることができる、ベッド型の授乳クッションのことです。

伸縮性のある生地に、極小のビーズを入れてつくられており、見た目は厚みのあるクッションという感じです。ですが、実際に赤ちゃんを寝かせてみると、その背骨にピッタリとフィットしてくれるので、赤ちゃんが安眠しやすい構造であることがわかります。

どうして、赤ちゃんをおやすみたまごに寝かせて授乳すると、よく眠ってくれるのかというと、赤ちゃんがママのお腹の中にいた名残で、背骨がCの形に曲がっていることに着目し、少し前屈みの姿勢になるようにつくられているからです。

授乳中は抱っこで背骨がCの形になっているのに、ベッドに移すと背骨がまっすぐに伸び、違和感を覚えることから、赤ちゃんが泣きだすことが多いのです。

授乳中に眠っても、おやすみたまごなら姿勢が変わらないので、ぐっすり寝てくれるというわけです。

おやすみたまごのおすすめポイントは?

おやすみたまごをおすすめするポイントは、いくつかあります。

まず、授乳枕がそのままベッドになることです。授乳中も、赤ちゃんの身体を安定してあ持ちやすいですし、授乳中に眠ってしまっても、ママの身体を離すだけで、赤ちゃんの姿勢は変わりませんから、そのまま眠り続けてくれることです。

次に、赤ちゃんを抱っこの姿勢のまま、寝かせることができることです。抱っこする前に、おやすみたまごに赤ちゃんを寝かせるためのくぼみをつくっておき、抱っこして寝かしつけたらそのまま降ろすと、体勢が変わらないので熟睡してくれるのです。

また、くぼみに傾斜をつけて寝かせれば、母乳やミルクの吐き戻しを防ぐこともできますし、双子を同時に授乳したいときにも重宝するといいます。

おやすみたまごの効果的な使い方は?

では、おやすみたまごの効果的な使い方についても、紹介しておきましょう。

授乳して寝かせるときには、まずおやすみたまごに赤ちゃんを寝かせます。そのうえで、おやすみたまごごと、赤ちゃんを持ち上げて授乳します。授乳が終わったら、サイドをしっかり持ち上げて、ゆっくりと床に静かに下ろします。

そして、足元のクッション材を押すことで、赤ちゃんの頭が高くなるよう、傾斜を整えます。

抱っこして寝かせるときに使いたいときには、おやすみたまごを置き、赤ちゃんのおしりがあたる部分を押して、あらかじめCのカーブをつくっておきます。

そして赤ちゃんを抱っこし、寝かしつけたら、そっとおやすみたまごの上に下ろします。ただし、赤ちゃんが寝がえりを打つようになると、おやすみたまごから落下する可能性があるので、注意が必要です。

おやすみたまごを上手に活用してみよう!

おやすみたまごには、伸縮性の高いパイル生地と、型崩れしにくいオックス生地の2種類が使われています。そのため、赤ちゃんがクッションに埋もれないようにできているのです。

また、極小のビーズが使われているため、表面がボコボコすることもなく、快適な睡眠環境を実現してくれます。

月齢が小さな赤ちゃんの寝かしつけに苦労しているなら、一度試してみる価値はあります。妊娠中のママの抱き枕としても使えるので、早めに用意しておくとよいかもしれませんよ。

  関連記事

赤ちゃんのしつけはいつから始めるものなの?その方法は?

初めて出産したママにとって、赤ちゃんの授乳やおむつ交換に追われているうちは、しつ …

しっかり栄養を取っているのに赤ちゃんの体重が減少してしまった!体重が減ってしまう理由と計算方法は?

待望の赤ちゃんの妊娠、そしてママは出産という大仕事を終えると、ゆっくり休む暇もな …

どの赤ちゃんにもおこりうる「低血糖」!新生児の低血糖について知り、早期に対応できるようにしよう!

生まれたばかりの赤ちゃんは、「低血糖」になりやすいことをご存知ですか?赤ちゃんは …

ベビーカーはいつからいつまで必要?A型とB型の違いとは?

赤ちゃんを迎える準備をする過程で、いろいろなベビー用品を購入することと思いますが …

赤ちゃんのお肌に湿疹が!乳児湿疹に市販の薬を使っても大丈夫?

赤ちゃんの皮膚炎に薬を使う際には注意が必要です! 小さい赤ちゃんは皮膚炎をおこし …

1ヵ月の赤ちゃんのおしっこ・うんちの特徴と注意したい状態について

おしっことうんちは状態をよくチェックすることが大切。健康管理に役立てましょう。 …

赤ちゃんの些細な反応を示す原始反射!その種類と特徴とは?パラシュート反射ってなに?

生まれてきた赤ちゃんは誰に教えられたわけでもなく、ママの母乳を飲んだり、手に触れ …

赤ちゃんと一緒に飛行機に搭乗した際の注意点は?おむつ替えや機内での調乳は可能なの?

赤ちゃんと移動する時は、他のお客さんの迷惑や便宜性を考えて、車を利用される方も多 …

赤ちゃん・新生児が低体温になるリスクとは?対策も紹介!

赤ちゃんは大人に比べると体温が高いですよね。体が熱くて熱があるのではないかと心配 …

赤ちゃんに靴下を履かせてもいいの?靴下を履かせるべきタイミングはいつ頃から?

赤ちゃんの服装の中でも靴下はどのころから履かせるべきかなど、時期やタイミングに悩 …