ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんの脳を育てるのに、足裏刺激がいいって本当?その方法は?

   

数年前に脳科学ブームがおこってから、「育脳」という言葉が使われるようになり、早期教育に取り組む家庭が増えているように感じます。

そして我が子がプラスになるように、日々の生活の中でさまざまな工夫をしているママやパパも多いと思います。その方法の一つに、赤ちゃんへの足裏刺激があります。

足裏刺激が、赤ちゃんの脳を育てるのによいというのです。そこで今回は、どうして赤ちゃんに足裏刺激がおすすめなのか、いつから始めるべきか、その方法について、お話しします。

どうして赤ちゃんには足裏を刺激するのがおすすめなの?

そもそも足の裏は「第二の心臓」「第二の脳」などと呼ばれることもあることを知っていますか?足の裏には人間のいろいろな身体の部分の反射区があるからです。

足裏にある反射区のツボを刺激することで、対応する部分によい効果をもたらすため、足裏マッサージの専門店が人気なのです。

そして、その反射区の中には脳に直結するところがあります。脳の反射区を足裏刺激することで、脳内の血流が増え、神経細胞を増やすことができ、脳の発達によいといわれているのです。

乳児期は特に、脳に限らず、身体の神経細胞ができあがる時期です。その時期に足裏刺激を行うことで、成長が促されるのです。

またタッチできるようになるまでは、赤ちゃんが足裏に刺激を受けることはないので、それをママやパパが補ってあげるのはおすすめです。

赤ちゃんの足裏マッサージはいつから始めるといいの?

では赤ちゃんへの足裏マッサージは、いつから始めたらよいのでしょうか。それは新生児期からです。ベビーマッサージを始める時期に、足裏刺激も一緒に行えばよいのです。

そもそもベビーマッサージとは、赤ちゃんにやさしく触れながらマッサージをすることで、ママやパパとスキンシップをはかるのが目的です。

ですが、たくさんの効果があると注目されているのです。その一つに、赤ちゃんの脳の発達を促すことがあげられます。赤ちゃんにとって、五感の中でも触感が、脳の発達に重要だとされています。

ママやパパが身体をさすることで触覚が刺激され、脳の活動を活発化させてくれるのです。そこに足裏刺激を加えれば、より効果的なのは予想できますよね。

赤ちゃんへの足裏マッサージの方法とは?

では実際に赤ちゃんに対し、足裏刺激をする方法を説明しておきましょう。ここで覚えておいてほしいのが、赤ちゃんへの足裏マッサージは、大人が受けるものと同じように行ってはいけないことです。

ツボに力を入れて直接刺激をするのではなく、ツボの周辺を優しくなでるように触るようにします。歩くことのない赤ちゃんにとって、それでも十分な刺激になるのです。

赤ちゃんが自分で立ったり、歩いたりするようになり、足裏に刺激を受けるようになるまでは、ママやパパが優しく撫でることで、足裏刺激をしてあげることをおすすめします。

赤ちゃんにとって大好きなママやパパに足裏マッサージをしてもらうことは、コミュニケーションの機会としてもよいことです。ベビーマッサージの習慣がないママやパパも、ぜひ試してみてください。

寝かしつけにも効果があるので試してみよう!

足裏刺激をするという意味でも、ベビーマッサージはぜひ習慣に取り入れてほしいものの一つです。

ベビーマッサージをすることで、赤ちゃんの免疫力がアップする、運動機能の発達を促す、赤ちゃんの情緒が安定する、ホルモン分泌が促されストレスが軽減されるなど、さまざまな効果があることがわかっています。

また赤ちゃんに足裏刺激を行うことで、リラックス効果もあるので、眠りが深くなるのだそうです。つまり寝かしつけにも効果があるということです。赤ちゃんに良質の睡眠をとってもらうためにも、ぜひ実践してみてくださいね。

  関連記事

赤ちゃんの発熱、月齢別対処法と注意点まとめ

赤ちゃんは大人に比べて頻繁に熱を出しますよね。症状が発熱だけで、ふだん通り元気な …

縦抱きでの授乳は新生児でもできるって本当?その方法とは?

新生児の授乳をする際、横抱きしかしてはいけないと、思い込んでいるママが案外多いよ …

デリケートな赤ちゃんの頭をぶつけるのは危険!万が一の場合の対処法は?

赤ちゃんは、自分の思う通りに身体を動かすことができません。そして、急にのけぞるな …

授乳した直後に赤ちゃんが泣いてしまった!その原因とは一体何?

生まれてすぐに赤ちゃんは、おむつを綺麗にして、飲んだら寝るというパターンが多いで …

ウンチがゆるい新生児!下痢はどうやって見分けるの?対処法は?

新生児のうんちは、水分が多くゆるいものです。大人なら下痢かと疑うようなゆるさでも …

高齢出産になればなるほど発症率が高くなる21トリソミー(ダウン症)とは?

晩婚化が進む日本では、必然的に高齢出産が増えています。そのため、21トリソミーの …

増える引きこもり育児に警鐘!子供への悪影響と抜け出す方法

近年、社会とうまく適合できずに家の中に引きこもる方が増えてきました。中には子ども …

子育て中にペットを飼うのはOK?そのメリットと飼う際の注意点について

動物好きなご夫婦が赤ちゃんを授かったとき、飼っているペットをどうすべきか、悩むこ …

育児中でも部屋の片付けができる!おもちゃや本、食器、服などの収納のコツとは?

赤ちゃんが産まれると、好むと好まざるとに関わらず、すごい勢いでものが増えていきま …

熱がある赤ちゃんの離乳食、どうしたらいいの?体調不良時の離乳食ガイド

体調が悪いとき、赤ちゃんは言葉で伝えることができません。しかし、ぐずったり食欲が …