ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ベビーサインと言葉の発達の関係はある?早くなる、遅くなる、その理由を検証!

   

赤ちゃんとのコミュニケーションツールとして、近年人気の「ベビーサイン」。言葉がまだ離せない赤ちゃんとも意思の疎通ができる!子育てが楽になった!などの意見がありますが、実際言葉を話せるようになる頃に、ベビーサインによる影響は何かあるのでしょうか?そこで、ベビーサインと言葉の発達について、様々な意見をまとめてみました。

コミュニケーションの楽しさを知っているから言葉が早くなる!

ベビーサインを使うことで、赤ちゃんは早くからママやパパとコミュニケーションをとることの喜びを感じています。「ぼくの気持ちをわかってくれる!」「わたしのお願いをきいてくれる!」など、赤ちゃんは意志が伝わることを楽しんでくれるので、「もっともっとコミュニケーションをとれるようになりたい!」と考えるようになります。

しかし、ベビーサインには限りがあります。ママやパパが見てくれているときじゃないと通じないし、サインを知らない人には何も伝わりません。一方で、言葉での会話は皆が通じ合っています。

赤ちゃんはその現状を知ることで「言葉ならもっとお話しできるんだ!」と感じ、おしゃべりに対して積極的になり、その結果、言葉が早くなることもあるそうです。実際に、二語文をすらすらと言うようになったり、サインと言葉をうまく使いながら要求を表現したり、と赤ちゃん自身も工夫して気持ちを伝えようとしてきます。

ベビーサインに頼りすぎて、言葉が遅くなる?

一方、ベビーサインが便利すぎて、言葉がなかなか出ない…という意見もあります。わざわざおしゃべりしなくても、「おむつ替えて」「お腹空いた」「眠くなった」などなど、基本的なことはベビーサインで通じてしまうからです。

ただ、この場合に考えられるのは、「ママが密室育児をしている」という可能性です。密室育児が悪いのではなく、他に触れ合う人が少ないことで「ベビーサインが通じない人がいる」ということを知らなかったり、サインでは表現できないものの名前、見たことがないものや知らない風景に出会わないことで、「これを伝えたいのにサインがない!」という感情にならないこともあります。

また、ママも便利なサインに頼りすぎて、言葉での語りかけを忘れてしまう、という恐れも。ベビーサインだけで会話が成立してしまうと、赤ちゃんはコミュニケーションに対して現状で満足してしまうかもしれません。

とはいえ、言葉の発達は非常に個人差があることで知られています。「ベビーサインを教えているから言葉が遅い」と考えるのではなく、「もともと言葉が遅い子かもしれない」と考え、その上でサインとの付き合い方を考えるのがいいでしょう。

大切なのは、「言葉」での語りかけとサインの併用!

赤ちゃんがサインで何かを訴えているとき、無言で対応していませんか?そうではなく、赤ちゃんに「おむつ替えてほしいのね」「お腹すいているのね」など、気持ちを代弁しながら対応することが大切です。

ベビーサインは、あくまで言葉の代わりであり、おしゃべりできるようになったらもっと楽しいんだ!と赤ちゃんが感じてくれれば、自然と言葉への興味がわいてきます。特にこのころの赤ちゃんは、自分が喋れなくても言葉そのものは一生懸命インプットされているといわれています。いつか赤ちゃんがおしゃべりするときのために、沢山話しかけながらサインを併用していきましょう。

ベビーサインは、赤ちゃんの「気持ちが通じるって嬉しい!」という感情をはぐくむにはとても優秀なツールです。ベビーサインに関しても個人差があり、沢山のサインを使いこなす赤ちゃんもいれば、ほとんど出してくれない赤ちゃんもいるようです。

でも皆、「気持ちが通じて嬉しい」という思いは一緒。その気持ちを大切にしながら、「言葉はもっと楽しいよ!」と伝えるために、沢山話しかけてあげましょう!

  関連記事

1歳2ヵ月の赤ちゃんはどんなことにも興味津々

危険対策をきちんとして、「やりたい」気持ちを尊重した遊びを 1歳2カ月頃までに、 …

逆さバイバイは自閉症の可能性があるって本当?何歳から診断されるの?

誰しもが聞いたことのある「自閉症」という病気ですが、もし我が子に兆候が現れた場合 …

子供と一緒に作るひな人形!折り紙でひな祭りを楽しもう。

3月3日といえば桃の節句・ひな祭りですね。女の子の節句としてひな祭りにひな人形を …

食事中に座らないと命の危険も!?お行儀だけじゃない、ご飯は座って食べさせよう

離乳食が完了する1歳半ごろから2~3歳ごろまで、子どもはとにかく落ち着きがないで …

手足が真っ赤になるしもやけ、その治し方や予防法を教えて!

子どもは遊びに夢中になると、自分の身体のことを気にしなくなるものです。そして、冬 …

実は結構流行っているかも…。川崎病ってどんな病気?原因や対処法を教えて!

ここ最近では医療がどんどん発達し、病気の原因も解明されてきています。しかし病気の …

出産前に知っておこう!新生児一過性多呼吸って何?後遺症は残る?

長い妊娠期間、そして出産を乗り越えてようやく出会えた赤ちゃん。ママは無事出産を乗 …

赤ちゃんのヘアピンはいつからつけて大丈夫?選び方と注意点は?

女の子が産まれると、洋服やスタイなど、可愛いものを着せたいと思うママが多いことで …

間違えやすい、夜驚症とてんかんの違いと見分け方について

乳幼児が成長する過程で、睡眠障害がおこることがあります。夜驚症もその一つなのです …

女の子の赤ちゃんに似合う素敵なヘアスタイル

赤ちゃんの服や髪型などを考えるのは、子育ての楽しみの一つではないでしょうか。 産 …