ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

育児休業給付金をもらえる条件って何?育休中は延長できるの?

   

育児休業給付金とは、子どもが1歳になる前日までの育児休業期間、取得するママもパパも無給になるので、本人が雇用保険から支給される手当のことをいいます。ママとパパが別々に育児休業をとることも、二人同時に取得することも可能です。

とはいえ、育児休業給付金にも受給条件があり、申請が必要です。そこで今回は、育児休業給付金を申請するための条件や方法、受け取れる金額の目安、延長が可能かどうかについて、お話しします。

育児休業給付金を申請するための条件とは?

育児休業給付金は、子どもが産まれれば誰でもとれるというものではありません。受給にあたって、以下のような条件を満たす必要があります。

  • 雇用保険に加入していること
  • 育児休業に入る前の2年間のうち、1ヵ月に11日以上働いた月が12ヵ月以上
  • 育児休業中に勤務先から月給の80%以上の給与をもらっていないこと
  • 育児休業の日数が対象期間内に毎月20日以上あること
  • 育児休業終了後に仕事に復帰する意思があること

この条件を満たしていれば、正社員だけでなく、契約社員やパート・アルバイトでも育児休業給付金を受け取ることができます。また、育児休業給付金はパパとママがそれぞれ育休をとった場合だけでなく、二人同時に取っても支給されます。その場合、「パパ・ママ育休プラス」といい、赤ちゃんが1歳2ヵ月になるまで、それぞれ1年間の育児休業を取得できます。

育児休業給付金の手続きと金額の目安が知りたい!

育児休業給付金の手続きは、勤務先が行うのが一般的です。勤務先から申請書類を受け取り、必要事項を記入した上で返送します。

ただし、出産手当金は一度申請するだけでOKですが、育児休業給付金は2ヵ月ごとに追加申請が必要です。育児休業の予定期間に合わせて、必要な枚数の書類をあらかじめ受け取っておくことをおすすめします。

気になる支給額ですが、2014年4月より育児給付金が引き上げられています。育児休業を取得してから6ヵ月の間は、休業開始前の賃金の67%が、それ以後は50%となります。

ここでは、休業前の標準報酬月額÷30日で標準報酬日額を算出し、そこに日数と割合をかけて計算します。ただし、支給率が67%だった時の1ヵ月の支給額は28万6023円、50%の場合は21万3450円が上限となっています。支給額は対象者によって変わるので、事前に調べておきましょう。

育児休業給付金の支給期間が延長できるって本当?

出産前はできるだけ早く職場復帰しようと考えていても、保育園が見つからないなど、予定通り仕事に戻れないママも少なくありません。育児休業は最大で1年6ヵ月取得することができるので、延長することが可能です。

ただし、そのためには条件を満たしている必要があります。

認可保育園の入所待ちの場合

まず、認可保育園の入所待ちで、子どもが1歳を過ぎても預けられないことです。無認可保育園の入所待ちでは延長できませんので、注意が必要です。

配偶者が死亡またはケガなどをした場合

次に、子どもが1歳までに養育していた配偶者が死亡した時、配偶者のケガや病気、精神上の障害で育児が困難である。

その他

婚姻解消等により配偶者と子どもが別居した、6週間以内に出産予定あるいは産後8週間を経過していない場合も延長可能です。さらに、パパ・ママ育休プラス制度を利用しても、延長することができます。

社会保険料が免除されるので手続きを忘れずに!

育児休業給付金を受給することで、子育てに集中できる時期を持てることは、働くママにとってプラスが大きいですよね。ですが、給料と同額が受け取れるわけではないですし、育児にはお金がかかりますから、家計の見直しが必要です。

だからこそ、忘れずに手続きしてほしいのが、社会保険料を免除してもらうことです。産前産後休業あるいは育児休業期間は、社会保険料の本人負担が免除されます。

ただし、そのためには自分で手続きをしなければなりません。日本年金機構の公式ホームページなどから、必要書類をダウンロードし、忘れずに申請しましょう。

  関連記事

川崎病は再発するの?その理由や割合、治療法が知りたい!

日本では、1万人の子どもが発症するとされている「川崎病」は、原因不明の疾患です。 …

子どもが苦しそうにしてる…アレルギー性鼻炎の対処法とは?

鼻水や鼻詰まりが長く続く場合、「アレルギー性鼻炎」かもしれません。花粉症など大人 …

繰り返す子供の熱は病気が原因?繰り返さない熱への対処法とは?

子供の熱が上がったり下がったりすることはよくあります。急に体が熱いなと体温を測る …

子育て中に悩みやすいことは何?ストレス解消法は?

我が子の誕生は夫婦にとって最大の喜びですし、もともと子ども好きなママの中には、子 …

1~1歳半のしつけって、どうしたらいい?そのポイントと注意点は?

子どものしつけは、乳児期である0歳児から始まっています。そのころは、生活リズムを …

育児休暇を取った後、復帰せずに退職することはできるの?

出産後は復帰するつもりで育児休暇を取ったものの、諸般の事情でそれが難しくなったり …

いつからはじめる?幼児の体操教室!効果や費用は?

お子さんが活発に歩きだし色々とできることが増えてくる頃、何か習い事をさせたいなと …

幼児期の楽器演奏が発達を促すって本当?楽器がもたらす子どもへの効果とは?

脳科学の研究が進むにつれて、脳が臨界期を迎えるまでに、我が子にはできるだけいろい …

夜中に子どもが突然泣き出す!夜驚症と夜泣きの違いとは?

夜中に乳幼児が突然泣き出して、ビックリしたことのあるママやパパはたくさんいます。 …

赤ちゃんの歯ぎしりは歯の使い方を覚える成長過程の一つ

気分転換で歯ぎしりを回避しよう!  赤ちゃんの歯が生えると、それまでとは違う子ど …