ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

乳幼児は薄着がいいと言われる理由とは?正しい着せ方が知りたい!

   

d0afc8f6813ab818e155e7830852de04_s

保育園や幼稚園に通わせるとき、「子どもは薄着にするようにしてください」といわれる機会が増えます。ですが、パパやママの親世代は、薄着にすると風邪をひくと思い込んでいて、小さなもめ事がおこるケースも少なくありません

そこで今回は、どうして乳幼児には薄着をさせた方がいいのか、どんな着せ方が正しいのか、子どもが冷えているかどうかをどう判断したらいいのかについて、お話しします。我が子の健康を守るためにも、ぜひ実践してくださいね

乳幼児は薄着がいいと言われる理由

人間は産まれたときから、暑さや寒さに対応できる力を持っています。そして、成長の過程で暑さや寒さを体感することで、その対応力はさらに高まっていくのです。薄着にして肌で気温を感じることで、乳幼児の体温調整機能が養われていきます

そもそも乳幼児は大人より体温が高いので、厚着をさせる必要はありません。屋内で過ごすときも冷暖房に頼らず、季節の気温を体感させ、寒いときには身体を動かすようにさせると、体温調整機能が整うだけでなく、自律神経の強化にもつながります

薄着で過ごすことで、皮膚が気温を感じ、血管の収縮・拡張が正しく行われていれば、貧血や頭痛、冷え性、低体温、下痢、便秘といった体調不良がおこりにくくなります。それが、薄着がよいとされる理由です。

乳幼児の薄着のポイントとは?

とはいえ、乳幼児は暑い・寒いという感覚を、自分の言葉で的確に伝えるのは難しいものです。そこで、子どもに薄着をさせるときは、以下のポイントを守るようにしてください。

まず、肌着をきちんと着せることです。肌着がお腹や背中をしっかり覆っていると、体温が逃げにくくなるからです

次に、これまで厚着だった子どもを薄着に切りかえるときには、徐々に着せる枚数を減らしていくことです。冬の場合は服を1枚減らす、服の厚みを薄くしてみるなどして、様子を見ながら進めましょう。

そして、特に冬場は洋服は薄着で構いませんが、首や手首、足首といった、寒さを感じやすい場所を温かくする恰好をさせることですマフラーや手袋、レッグウォーマーなどをさせると、身体が冷えにくくなります

その上で、脱ぎ着がしやすいカーディガンなどを羽織らせてあげましょう

乳幼児が冷えているかどうかはどう判断するの?

185364362b7bf89591bbc4533012fb7f_s

とはいえ、初めて乳幼児を薄着にさせているママの場合、冷えていないかが心配ですよね。子どもが冷えているかどうかを見極めるポイントは、お腹や背中の温度です

手足が冷たくなっていても、お腹と背中が温かければ問題ありません。むしろ、赤ちゃんのお腹や背中が冷たくなっているのは、寒がっているサインなので、着せるものや掛けるものに工夫が必要です

また、寒そうなときは身体を動かすのが一番です。天気がよければ、外遊びに連れ出して、思い切り走らせたり、遊具で遊ばせると、自然に身体が温まります

ただし、汗をかくまで遊んで、それが冷えてしまうと、風邪をひいてしまうことがあるので、こまめにチェックしてあげましょう。冬場に室内で遊ばせる場合は、着替えを用意していくことをおすすめします

薄着する習慣をつけて、健康な身体をつくろう!

常に電子機器に囲まれている現代、自律神経の乱れから、体調を崩す子どもが増えているといわれています。

そう考えると、乳幼児期に薄着をさせ、体温調整機能や自律神経の働きを正常にしておくことは、子どもの健康な身体をつくることにつながると考えられます

寒いから着せるのではなく、薄着にして運動させる方が、子どもの心身の成長にプラスになるはずです小さなころから薄着にする習慣をつけ、心身ともに健康に成長できるよう、親としてサポートしてあげてくださいね

  関連記事

1歳2ヵ月は赤ちゃんから子どもへ変化する時期

食べやすい食事メニューや適性な量を知ろう ミルクや母乳に頼っていた赤ちゃん時代の …

食事の好き嫌いが多い!1歳7ヵ月の赤ちゃんの好き嫌いを治す方法とは?

たくさん好き嫌いがあると偏食になってしまうのではないかと不安… 1歳7ヵ月という …

出産前に知っておこう!新生児一過性多呼吸って何?後遺症は残る?

長い妊娠期間、そして出産を乗り越えてようやく出会えた赤ちゃん。ママは無事出産を乗 …

赤ちゃんが言葉の意味を理解するのはいつ頃?

赤ちゃんが周囲の働きかけに対して、笑い声をあげるなどの反応を始めるのは、生後3ヵ …

1歳10ヵ月の平均身長・体重はどのくらい?平均より大きい、小さい時はどうすればいい?

平均値よりも小さすぎるor大きすぎる!と悩むママへ… これまでの“赤ちゃん体型” …

子供服につくことが多い、泥汚れを落とす方法とは?コツや注意点はある?

子供は、泥んこ遊びが大好きです。そのため、夢中になって遊んで、子供服が泥だらけに …

1歳6ヵ月検診でひっかかってしまった!言葉の遅れが再検査のきっかけになる

言葉の遅れは発達障害の可能性につながるの?  乳児から幼児へ変化していく1歳6ヵ …

しっかり睡眠をとって欲しい!1歳8ヵ月の赤ちゃんの理想的な睡眠時間とは?

早寝早おきが健康に繋がるのは赤ちゃんも同じ!睡眠についてチェックしましょう 1歳 …

A型肝炎ワクチンの予防接種は受けるべき?その効果と副作用は?

乳幼児は、たくさんの予防接種を受けることになります。これは、予防接種を受けること …

繰り返す子供の熱は病気が原因?繰り返さない熱への対処法とは?

子供の熱が上がったり下がったりすることはよくあります。急に体が熱いなと体温を測る …