ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

1歳の子供がアトピー性皮膚炎になる原因と対処法とは?

   

c73a80b22b4d0ba838e5b1e6ce9838a8_s

現在の日本では、乳幼児から学童期までの子供のうち、10人に1人がアトピー性皮膚炎を患っているといわれており、その数は年々増加傾向にあるようです。

両親のどちらかがアトピー体質を持っている場合は約30%、両方が持っている場合は約50%の確率で、アトピー性皮膚炎が遺伝するともいわれています

そこで今回は、アトピー性皮膚炎とはどんな病気か、原因や症状、対処法について、お話しします。ホームケアも大事なので、ぜひ参考にしてください。

アトピー性皮膚炎って何?どんな症状が出るの?

アトピー性皮膚炎とは、特定のアレルギー物質に反応することで、皮膚にかゆみのある発疹があらわれる疾患のことをいいます。一度発症すると、よくなったり、悪くなったりをくり返します。

主な症状としては、頭部や顔、耳、ひじ、ひさの裏といった関節部分につよいかゆみを伴う発疹が出ます。発疹は、身体の左右対称にあらわれるという特徴があります。場合によっては、発疹ができた皮膚がきれることもあります。

アトピー性皮膚炎は、急性と慢性に大別されます。急性アトピー性皮膚炎では、皮膚が赤くなる紅斑やブツブツができる丘疹、鱗屑という皮がむけてかさぶたができるという症状がみられます。これが慢性化すると、皮膚が厚く、硬くなっていきます。

アトピー性皮膚炎になる原因は?

sleep_futon_dani

アトピー性皮膚炎の原因は、現代の医学では明確になっていません。ですが、前述したように、両親のどちらかがアレルギー体質だった場合に、アトピー性皮膚炎がおこりやすいことがわかっています。

花粉症や、アレルギー性の喘息をもっている親族がいる場合、子供がアトピー性皮膚炎を発症する確率が高くなります

また、子供の肌が乾燥すると、肌のバリア機能が低下して、アレルゲンと呼ばれるアレルギーの原因物質が侵入しやすくなり、アトピー性皮膚炎がおこると考えられています。

食事や化学物質による刺激、ダニやホコリといった外部環境、ストレスも、アトピー性皮膚炎がおこる原因とされています。両親や親族にアレルギー体質の人がいる場合は、発症がおこりにくい環境をつくることが大事です

アトピー性皮膚炎の対処法は?

アトピー性皮膚炎は、根本的な治療方法が確立されていません。そのため、治療する場合も、かゆみを抑えながら、アレルゲンの除去を行う対症療法が基本となります。

皮膚におこっている炎症やかゆみがひどいときには、ステロイドの塗り薬が処方されることがあります。悪化した症状を鎮めるためには、ステロイド剤は有効なので、お医者さまの指示通りに使用しましょう。

また、アトピー性皮膚炎の症状が軽い場合は、免疫抑制剤がよく効きます

こうした治療を行う一方で、皮膚を清潔に保つこと、乾燥させないように保湿することを徹底し、症状を悪化させないように対処します

また、子供はどうしてもアトピー性皮膚炎の発疹を掻き壊してしまうことが多いので、爪を短く切りそろえる習慣をつけ、肌を傷つけないように配慮しましょう

アトピー性皮膚炎の原因を見つけて治療に取り組もう!

アトピー性皮膚炎は、一時症状が治まって見えても、再びあらわれることをくり返す病気です。症状を改善するためには、アレルゲンを特定し、それを排除しながら根気よく治療とケアを続けるしかありません

子供が汗をかいたら、すぐにシャワーで洗い流す、濡れタオルで拭くなどした上で保湿を徹底すること、室内の湿度を50~60%に保つこと、部屋や布団をこまめに掃除して、ダニやホコリ、カビなどを取り除くことを徹底します。

さらに、肌に直接触れる衣類を、やわらかい素材に変えてあげる、洗濯洗剤も刺激の弱いものを使うなど、ホームケアを徹底してあげましょう。

また、1歳から飲んでアトピーケアができる「アトケアプロ」というものもあります。

これは、ガサゴワ肌やかきたい衝動に苦しんでいる子どものために開発され、飲むことで体の内側から改善を促してくれるサプリメントです。こういったものも上手く活用しながら治療を続けていってみてはいかがでしょうか。

アトケアプロはアトピーケアに効果なし?それって好転反応かも!?気になる成分や評判を探ります | ハグー!
>>我が子のアトピーに悩むママへ!アトピーケアランキング1位のサプリメント 食品添加物や居住環境の変化、抗生物質の多用などによりアレルギーを患う人口は年々増加傾向にあると言われています。お子さまのアトピーに悩むママも少なくはないでしょう。 「小さな子どものアトピーは大人になると改善するよ」と言われる事も多いですが、痒みに苦しむ我が子へ何もしてあげられない事は親として大変辛いものです。一刻も早くなんとかしてあげたいものですね。 子どもを苦しめている強烈な痒みは、大人でも我慢することが困難です。そんなかきたい衝動やガサゴワ肌をサプリメントを使って内側から改善させる選択肢が存在していることをご存知でしょうか? ここでは、1歳以上のお子さまから使用できるアトピーケアサプリの「アトケアプロ」についてお話しします。 アトケアプロとは… アトケアプロとは、リベラシオン株式会社がネット通販で販売するアトピーケアのためのサプリメントです。 かきたい衝動やガサゴワ肌に苦しむ子ども達のために開発されたアイテムで、アトピーケアランキングの1位を獲得した上に、使用した方々からの満足度は87%という実力の高さから現在ネットを中心に注目を集めている様子。アトピーのケアアイテムをお探しであれば、その評判に触れた経験を持つママも多いのではないでしょうか? アトケアプロは、こんな親子にオススメ! アトケアプロは、お子さまの素肌に関して以下のような悩みを抱いているママにぜひオススメしたいアイテムです。 血が出るほど掻きむしる我が子の苦痛を和らげてあげたい! 痒みのせいで夜眠ることもできない我が子に、ぐっすり眠らせてあげたい! ガサガサ・ゴワゴワになっている子どもの素肌をツルツルに改善させたい! ステロイドの副作用や依存性が心配!脱・ステロイドを目指して、アトピーを根本から良くしたい! プルプルでツヤツヤな同級生に囲まれて、ガサガサお肌に悩む我が子を不憫に感じてしまう…血がにじむほど掻きむしっている我が子の苦痛を和らげたい…これは、アトピーのお子さまを持つすべてのパパ・ママに共通した思いです。

  関連記事

言うことを聞かない!1歳3ヵ月の赤ちゃんの上手な叱り方

覚えておきたい叱り方のコツや効果的な伝え方とは? 1歳3ヵ月の赤ちゃんは、自分で …

一人っ子の男の子には特徴がある?育て方で注意すべきことは?

晩婚化が進み女性の初産年齢が上がっている現代の日本では、一人っ子が増加傾向にあり …

子どもが感染することが多いアデノウイルスとは?感染するとどうなる?

子どもがよくかかる病気に、「プール熱(咽頭結膜炎)」や「はやり目(流行性角結膜炎 …

ママのストレスマックス!どうする?1歳10ヵ月の赤ちゃんへのしつけ

1歳10ヵ月の赤ちゃんへ行うしつけについてお話しします 1歳10ヵ月をむかえ、イ …

兄弟ができていないのに赤ちゃん返り!?その理由とは?

赤ちゃん返りはママへのメッセージやSOSかも? 食事や生活リズムが乳児とは違って …

シュタイフってテディベアだけでなく子供服も人気って本当?価格やおすすめのものは?

出典:シュタイフ   シュタイフと聞くと、テディベアを連想する人が多い …

どんな症状があったら自閉症を疑うの?気をつけてみておきたい特徴とは?

自閉症の症状をきちんと理解した上で、個性として伸ばしていける子育てを 1歳9カ月 …

1~1歳半のしつけって、どうしたらいい?そのポイントと注意点は?

子どものしつけは、乳児期である0歳児から始まっています。そのころは、生活リズムを …

熱性けいれんは重病なの?原因と対処法は?

子どもを育てていると、突然、予想外の事態に陥ることが少なくありません。「熱性けい …

必見!赤ちゃんのための車酔い対策法とは?

普段の生活や旅行、帰省など車やバスに乗る機会はたくさんあります。大人でも車やバス …