ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

公園での遊び方のポイント!ボール遊びが子どもに与える効果とは?

   

6e862d3d3bfc3d58559e482f79c23f78_s

現代は昔と比べるとビルやマンションなどの建物が増え、何もない空き地や公園が減ってしまったり、世帯数に比べると公園の数が足りず、公園に行っても混雑していることが多くなりました。

数少ない公園も多くの人でいっぱいだったりすると、なかなか赤ちゃんをゆっくり遊ばせることができませんよね。しかし自分の子にもできるだけ公園で楽しく遊ばせてあげたい!そんな時は注意点を守って遊ぶことが大切です。

そこでここでは、公園で上手に遊ぶための注意点と、1歳児の公園遊びにおすすめのボール遊びの素敵な効果についてご紹介します。

1歳児にもボール遊びはできるの?ボール遊びで得られる効果って?

ボール遊びはある程度大きくなってからの遊びなのかな?というイメージがあるかもしれませんが、実は1歳児にもおすすめの公園遊びの1つなんです。

子どもの運動神経の形成は脳の神経系統の発達によって左右するとされていて、3歳までに80%、6歳までに90%、12歳ごろまでには100%に達してしまうとされています。特に五感の発達が未熟な乳幼児期にできるだけ多くの体験をさせることが、その後の運動神経に大きな効果を与えるとされています。

そんな中でボール遊びには、指先でボールを掴む感覚や、距離感を感じとったり、ボールの動きを予想したりする感覚、ボールを追いかけたりすることで全身運動を行うことができるため、子どもの運動神経の発達に非常に効果があるとされています。

ボール遊びするときの注意点

素敵な効果のあるボール遊びですが、ボール遊びを行う際には注意点があります。それはついついボールを追いかけることに夢中になってしまうことです。子どもはただでさえ視野が狭いため、集中すると周りが見えなくなってしまいます。

そのためボールを追いかけることに必死になって道路に飛び出したり、お友達とぶつかったりしてしまう可能性があります。ボール遊びを行う際は、ボールが外に飛び出さない場所で、できるだけ周りの人が少ない環境で行うようにしましょう

1歳児におすすめの公園遊びとは?

ボール遊び以外に1歳児におすすめの公園遊びには砂遊びがあげられます。砂を触ることは子どもの情緒を安定させる効果があるとされています。また砂を掴んだり、スコップなど道具を扱うことで指先の器用さを発達させることができたり、公共の場所のためお友達との関わりを学ぶきっかけにもなりやすくなります。

またブランコや滑り台などの遊具で遊ぶこともおすすめです。まだまだあんよが安定しない時期にはなるので親が後ろできっちり支えてあげる必要がありますが、滑り台やブランコなど公園に限られた数しかない遊具は、順番こなどの社会性を学ぶ場所にもなります。

公園で遊ぶ時の注意点

子どもを連れて公園に遊びにいくときのポイントは、まず第1に絶対子どもから目を離さないことです。子どもが遊ぶスペースだからとついつい気が緩みがちですが、公園にだって危険がいっぱいです。絶対に自分の子どもから目を離さないこと、いつでも手が差し伸べられる状態で遊ばせることが大切です。

次に持っていくものには必ず記名をしておくこと、人に貸せないような大切なものは持って行かないことが大切です。特に砂場道具などは貸し借りを行う可能性が高いため、自分のものがわからなくならないようにしておきましょう。

また公園は犬や猫のフン、若者がたまりやすい地域であれば吸い殻などが落ちている場合が多くあります。なんでも口に入れる癖がある子の場合は、うっかり口にしてしまわないように細心の注意を払うことと、遊び終わったらしっかり石鹸で手を洗うようにしましょう。

マナーを守って楽しく遊ぼう

185364362b7bf89591bbc4533012fb7f_s

公園で身体を使って遊ぶことは、子どもの運動神経の発達だけではなく、情緒や社会性の発達にもとてもいいとされています。近年ボール遊びを禁止する公園や、公園そのものが減少しているせいでなかなか思い切り遊べる環境がありませんが、お休みの日は家族で少し遠出してみたり、お気に入りの公園を探してみるのもいいかもしれません。

公園はみんなで遊ぶ場所のため、トラブルもおきやすい場所となっています。自分の子から目を離さないことを第一にみんながマナーを守って気持ちよく遊べるように1人1人が注意して、楽しく公園遊びに挑戦してみましょう。

  関連記事

寝る子は育つ!生後12ヵ月の赤ちゃんに必要な睡眠時間とは?

規則正しい睡眠のリズムを習慣づけましょう 0歳12ヵ月になると、赤ちゃんの日中の …

子育て中のイライラ…どう対策を取るべきか?

毎日にこにこ接せればいいのですがイライラしてしまうこともありますよね 子育てにイ …

乳歯の正常な本数って何本なの?足りない場合は先天欠如の可能性もあるかも?

子供の乳歯は全部生えそろうと一般的には20本となります。子供の乳歯が生えそろうま …

1歳2ヵ月は赤ちゃんから子どもへ変化する時期

食べやすい食事メニューや適性な量を知ろう ミルクや母乳に頼っていた赤ちゃん時代の …

離乳食は何をあげればいいの?月齢にあった離乳食の段階を知りたいパパさんママさんへ

お子さんのための離乳食はラクしたって大丈夫 離乳食は月齢によって段階を経ていきま …

1歳10ヵ月の平均身長・体重はどのくらい?平均より大きい、小さい時はどうすればいい?

平均値よりも小さすぎるor大きすぎる!と悩むママへ… これまでの“赤ちゃん体型” …

兄弟ができていないのに赤ちゃん返り!?その理由とは?

赤ちゃん返りはママへのメッセージやSOSかも? 食事や生活リズムが乳児とは違って …

子供がノロウィルスに感染!市販薬は使っても大丈夫?

秋から冬にかけては、空気が乾燥するので、ウイルスの飛散率が高まるため、さまざまな …

1歳6ヵ月は精神的にも発達し幼児へと変わる時期!

足腰が発達してくるので昼間にしっかり身体を動かしてあげよう 1歳6ヵ月頃は、幼児 …

自閉症スペクトラムの診断基準とは?ASDの特徴や対策詳細

赤ちゃんの成長は一人一人同じではなく、大きな個人差があります。だからこそ周りの赤 …