ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

世界中が注目する、フィンランド式教育の特徴とは?

   

520bd08922586453f7f55664277262ab_s

いま、世界中の教育関係者が、「フィンランド式教育」に注目していることを知っていますか?実は、フィンランドの教育水準は、世界一といわれているのです。

かつてはムーミンとサンタクロースの国というイメージだったフィンランドから、近年は「イッタラ」や「アラビア」といった有名は北欧食器がうまれています。

そこで今回は、フィンランド式教育とは何か、どんな特徴があるのか、その学び方について、お話しします。知識として、蓄えておいてください。

フィンランド式教育って何?

フィンランド式教育とは、1970年に始まったフィンランドの教育改革以降、行われている教育方法のことをいいます

2000年から経済協力開発機構が3年ごとに、世界41カ国の15歳を対象に行っている学習到達度調査(PISA)の結果をみると、フィンランドは常に上位にランキングされています

中でも2003年には、「科学」「問題解決能力」「数学」「読解力」の4分野で、それぞれトップとなりました。こうした教育は、どの地域に住んでいても変わらず、全国民が公平な教育を受けられるようになっています

就学前から大学を卒業するまでの学費も、すべて無料です。そうした教育を行うことで、世界最高水準の学力を誇る、人材が輩出されていることから、フィンランド式教育に注目が集まっているのです。

フィンランド式教育の特徴は?

フィンランドの義務教育も、日本の小学校にあたる1~6年生、中学校にあたる7~9年生の9年間であることに変わりはありません。また、その後に高校や大学に進学できる点も、日本と変わりません。

ですが、小学校に入学する前の1年間、就学前教育(プリスクール)を、6歳児全員を対象に行っている点は異なります。これも、無料で受けることができます。

また、フィンランド式教育の大きな特徴は、修得主義を徹底していることです。プリスクールで子どもが習ったことをきちんと修得できていない場合は、保護者とも話し合ったうえで、小学校入学を1年遅らせることもあるといいます。

また、中学卒業後に高校に進学する際も、学力が満たないと判断された場合は、10年生という特別プログラムで勉強することがあるそうです。

フィンランド式教育の学び方は?

フィンランド式教育では、子どもたちが自ら好奇心をもって楽しく学べるよう。教育内容を工夫しています。まず、高校進学にあたって、日本のように入学試験は行いません。

ですが、9年間の義務教育期間中の平均点によって、入学する高校に進学できるかどうかが決まります。成績のよい順番に、希望する高校に入学できるというシステムになっているのです。

ただし、その評価基準はペーパーテストの点数だけでなく、日々の学習態度や成果も加味されます

また、国民すべてに同じ教育を行う中で、脱落者を出さないことにも注力しています。勉強がわからない子に対しては、先生が個別フォローを行います

何より、教師の質が高いことが魅力です。フィンランドで教師になるためには、大学院で修士課程を修めなければなりません。そのため、教師に憧れをもつ子どもも数多くいます。

家庭の教育方針と合っているかを考慮して取り入れよう

193c6716754af105e66d72a217c201a6_s

フィンランド式教育は、子どもの自主性を重んじ、宿題が出ることもありません。ですが、子どもの興味関心に合わせて、創意工夫を大切にした学び方を実践しています。

そうした経験が、社会に出たときに、仕事の効率を考えるうえで、とっても役立っているのです。詰め込み教育といわれる日本の教育現場とは、一線を画した教育方法といえます

授業日数も約190日間と日本より少ないのに、驚きです。2015年には、フィンランド式教育を実践する「ムーミン幼稚園」が東京都に開園されていますので、家庭の教育方針に合っていると思ったら、一度見学に行ってみることをおすすめします。

  関連記事

幼児期の楽器演奏が発達を促すって本当?楽器がもたらす子どもへの効果とは?

脳科学の研究が進むにつれて、脳が臨界期を迎えるまでに、我が子にはできるだけいろい …

赤ちゃんが一人遊びをしない場合や一人遊びしすぎる時の注意点は?

一人遊びばかりしていると自閉症の可能性がある? 1歳7ヵ月になると一人遊びをする …

子育て中のイライラ…どう対策を取るべきか?

毎日にこにこ接せればいいのですがイライラしてしまうこともありますよね 子育てにイ …

食事を食べないのはなぜ?1歳11ヵ月の子のここに注目!

がんばって作った料理はおいしくたくさん食べてもらいたい… せっかく作った料理を赤 …

ダニ・ハウスダストアレルギーから子どもを守る方法とは!?発生する原因や予防策を教えて

春から梅雨にかけて次第に増えていくことが予想されるお家のダニ ハウスダストですが …

1歳1ヵ月の歩かない子供にピッタリな歩かせるための練習方法とは?

歩かせるコツを知ればパパもママも子育てが楽しくなる 子供がどんどん育つことは親に …

成長著しい1歳から1歳半におすすめの遊び方とは!?室内遊びから屋外遊びまで徹底網羅

わが子が1歳になると、ねんね期の赤ちゃん時代とはもうすっかり違って見えます。見た …

みんなはどうしてる?赤ちゃんの散髪、気になるあれこれ!

産まれた時は、ふわふわと短い産毛だった赤ちゃんの頭。成長するにしたがって、髪の毛 …

子供と一緒に作るひな人形!折り紙でひな祭りを楽しもう。

3月3日といえば桃の節句・ひな祭りですね。女の子の節句としてひな祭りにひな人形を …

「祝1歳」一升餅の由来と準備のポイント

一升餅の由来は?準備は? 1歳のお祝いには、“一升餅”という伝統的な行事がありま …