ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

身体から出る子供服の汚れの落とし方とは?そのコツと注意点について

   

new_49ac503c99506db41625400bb816df04_s

子供服をじっくり見てみると、いつのまにか、いろいろな汚れがついていて、驚くママも多いのではないでしょうか。

そして、月齢が低い子供の場合、ウンチやおしっこ、よだれ、吐き戻し、汗など、身体から出るものが、子供服を汚していることが多く、普通に洗濯しただけでは、落ちないこともあります。

そこで今回は、子供の身体から出るもの別に、汚れの落とし方について、まとめておきます。洗濯前のひと手間で、子供服がきれいになるので、ぜひ実践してみてくださいね。

おしっこやウンチの落とし方とは?

おしっこやウンチの汚れを落とすためには、洗濯用洗剤と古い歯ブラシ、バケツや洗面器などの容器を用意します。まず、容器にぬるま湯と洗濯洗剤を入れます。次に、汚れた子供服を容器に入れ、気になる部分を手でこすり洗いします。

汚れがひどいときには、洗濯用ブラシを使って、一定の方向に向けてこすると、洋服が傷みにくくなります。古い歯ブラシでも代用できるので、やわらかめのものを選んで使ってみましょう。

そして、洗った子供服はそのまま5~10分ほど、容器につけておきます。その後、きれいな水ですすぎ、脱水してから干しましょう。

もちろん、すすいだ後、他の洗濯物と一緒に二度洗いするのもOKです。汚れたらすぐに、水につけておくと、汚れを落としやすくなります

よだれや吐き戻しの落とし方とは?

赤ちゃんのよだれや吐き戻しは、放っておくと、クリーム色のシミになることが多いです。そこで、よだれや吐き戻しを落としたいときには、汚れがうつってもよいタオルと酸素系の漂白剤、バケツや洗面器などの容器を用意します。

酸素系漂白剤は、スプレーと液体の両方があると便利です。まず、汚れた子供服の下にタオルを敷きます。そして、汚れが気になる部分にスプレータイプの酸素系漂白剤を吹き付け、5~10分ほど放っておきます。

その後、容器に40度ほどのお湯を入れ、液体の酵素系漂白剤を入れ、そこに子供服をつけおきます。分量は、使用する酸素系漂白剤の用量に従ってください。そのまま1~2時間つけおきした後、容器の水ごと洗濯機にあけ、通常通りに洗濯します。

汗の落とし方とは?

75dca06eaffb2b73079993604de19d46_s

乳幼児は新陳代謝が激しく、よく汗をかきます。汗を落とすためには、中性洗剤とスプレータイプの酸素系漂白剤を用意しましょう。

子供服の汗じみが気になる部分に中性洗剤をたらし、脂分をしっかり洗い落とします。その際、こすり洗いをしましょう。

次に、きれいな水で、しっかりと中性洗剤を洗い流します。その後、子供服の汗の汚れが気になる部分に、スプレータイプの酸素系漂白剤を吹き付け、5~10分ほど放置します。その後、いつも通りに洗濯機で洗えば、きれいに落ちます。

このように、汚れによって、使う洗剤や洗う手順が違うので、合わせて取り入れるようにしましょう。また、洗濯をする前に、必ず子供服の表示を調べて、使うべきではない洗濯洗剤がないかどうかも、確認しておくことをおすすめします

汚れがひどいときには、予備洗いをしよう!

お気に入りの子供服が汚れてしまうと、ママとしてはブルーな気持ちになるかもしれません。ですが、子供の身体から出るもので、子供服が汚れてしまうことを、避けることはできません。

もし、汚れてしまっても、部分洗いや予備洗いを行っておくと、しみとして残りにくくなります

身体から出るものでの汚れ以外にも、食べこぼしや泥汚れ、血液で汚れることもあり、それぞれで落とし方が異なります。

子供が汚しても大丈夫なように、必要なものをあらかじめ用意しておき、汚したら、できるだけ早めに洗ってあげると、しみになりにくくなりますよ

  関連記事

1歳9ヵ月のわがままとストレスなくつきあうコツとは?

わがままにも男女差、性格差があることを知っておこう 成長は嬉しいけれど、自我が芽 …

「言葉を覚えるのが少し遅い!?」1歳10ヵ月の赤ちゃんはどうやって言葉を覚えるの?

赤ちゃんが言葉を覚える過程や、言葉を遅れされる原因・改善策とは? 生まれたばかり …

子どもの写真をキレイに摂りたいママにおすすめ!ハイエンドコンデジとは?

初めて出産をすると、新生児が日に日に表情や顔が変わっていくことに、驚きを覚えるマ …

子どもにジュースを与えるのは虫歯が心配!はじめてのジュースデビューはいつから?

多くのお子様が大好きな飲み物はジュースですね。ジュースが苦手だというお子様は、あ …

子どもも使用してもいいの?「フッ素入り歯磨き粉」で素敵な歯をプレゼントしよう!

乳児健診や歯科でよく目にする「フッ素」。虫歯を予防するために活用されていますね。 …

1歳10ヵ月の平均身長・体重はどのくらい?平均より大きい、小さい時はどうすればいい?

平均値よりも小さすぎるor大きすぎる!と悩むママへ… これまでの“赤ちゃん体型” …

「小児気管支喘息」ってどんな病気?治療と環境整備で元気な毎日を過ごそう!

子どもの病気でよく耳にする「気管支喘息」。誰にでもおこりうる病気であり、「うちの …

育児休業給付金をもらえる条件って何?育休中は延長できるの?

育児休業給付金とは、子どもが1歳になる前日までの育児休業期間、取得するママもパパ …

女の子の赤ちゃんに似合う素敵なヘアスタイル

赤ちゃんの服や髪型などを考えるのは、子育ての楽しみの一つではないでしょうか。 産 …

乳幼児が夜寝ない!その原因と対策が知りたい!

赤ちゃんはスヤスヤ眠るものだと考えていたママにとって、乳幼児がなかなか眠ってくれ …