ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

繰り返す子供の熱は病気が原因?繰り返さない熱への対処法とは?

   

8341562260a8163e3009bd017e9c06fa_s

子供の熱が上がったり下がったりすることはよくあります。急に体が熱いなと体温を測ると熱が出ていたり、そうかと思うと数時間後には何もなかったかのように平熱に戻っていたり。

いつも身近で元気にしている子供をみている親にとっては、大きな病気にかかっているのではないかと心配になります。

子供が元気に過ごせるように、子供の特性や病気の種類、病院に連れていくタイミング、熱の対処法を知ることで、落ち着いて対応できるように心の準備をしておきましょう

子供は熱をぶり返しやすい?

生理的に、子供の熱は午前中より午後のほうが高くなることが多いです。特に新生児、乳児は新陳代謝が活発なので、熱がつくり出されて体温が高めです。幼児は体を動かすことや、外気温の影響でも体温が上がりやすいです。

体温調節機能が未熟な子供は免疫力が低いので、熱が出てから下がってもすぐに上がってしまうことがあります

子供が保育園や幼稚園の集団生活に入る時期は、外部との接触も増えて、免疫力を高めるために熱が上がったり下がったりすることがさらに多くなります。免疫力が十分についていない状態なので、ウイルスに感染しやすいのが原因です。

ウイルスが体内に入って来ると、体が打ち勝つように体温を上げてウイルスと戦うことになります。成長とともに免疫力がつき、病気で熱を出すことも減ってきます

熱をぶり返しやすい病気の種類は?

new_sick_teashikuchibyou

ヘルパンギーナ

コクサッキーウイルスが体内に侵入して、発症することが多いです。症状は、熱が2~3日続きます。口や喉に発疹ができ、痛みを伴います。自然に治癒します。

手足口病

ヘルパンギーナと同種のウイルスに感染して発症します。症状は、高熱は出ませんが2~3日続きます、手足に発疹が出るのが特徴で、口の中の痛みを伴うこともあります。対処療法で、自然治癒します。

インフルエンザ

インフルエンザウイルスが体内に入って感染し、発症します。症状は、高熱が3~5日ほど続きます。体の節々や、筋肉、頭、喉の痛みが伴います。リレンザやタミフルなどの特効薬を服用することで熱が下がります。

アデノウイルス感染症/プール熱

アデノウイルスが体内に侵入して感染し、発症します。症状は、40℃以上の熱から始まり、発熱が5日ほど続きます。喉の痛み、結膜充血や頭痛、吐き気、下痢の症状が伴うこともあります。

対処療法が中心で、脱水症状には点滴を投与して治療することがあります。

溶連菌感染症

溶連菌に感染して発症します。症状は、発熱のほか、喉の痛みが出て、イチゴ舌と呼ばれる舌に発疹があらわれます。抗生剤で約2週間服用して治癒します。

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマというウイルスが肺に感染して発症します。症状は40℃の熱が続くこともありますが、2~3日で下がることが多いです。咳が1ヶ月程継続して出て、喘息を引き起こすこともあります。抗生剤を服用して対処します。

川崎病

原因不明の病気です。症状は38℃以上の高熱が5日ほど続きます。体に発疹がでて、白目、唇が赤くなる、イチゴ舌、手足のむくみ、首が腫れることがあります。多くの場合は、入院して治療します。

中耳炎

鼻からのウイルスが耳に入って、中耳炎になります。症状は、耳の違和感があり、ひどくなると耳垂れがします。鼻や喉に症状がある風邪から起因して、発熱が3日以上続くこともあります。抗生剤の服用や場合によっては切開をして熱を下げます。

病院に連れて行く時期や目安はどのくらい?

38℃以上の熱が上がったり下がったり繰り返し3日以上続いたり、38.5℃以上の高熱が出たらすぐに受診が必要です

その他、けいれんを起こす、視線が合わず反応が悪い、顔色が悪い、意味不明な言動をする、立てない、解熱剤が効かず機嫌が悪い、意識が薄い、などの症状も受診しましょう。

上がったり下がったりする熱のほとんどは、数日の間で治まることがあるので、落ち着いて対処することが大切です。日中であれば、自治体や民間で医療相談をしてくれるサービスがあります。

夜間や休日でも急な発熱で子供を医療機関に連れていかなければいけない場合は、小児科のある休日夜間急患センターを利用することができます。いざというときに、近くの休日夜間急患センターの場所を把握しておくのも1つの手です

時には大きな病気の可能性が隠れていることもあるので、子供の普段の体質や平熱を知ることで、いつもと違う症状はどうか、記録・記憶しておくことも受診する際に治療への近道になります。

ぶり返す熱への対処法は?

new_drink_water_boy

解熱剤を使うときは慎重になる必要があります。高熱があっても機嫌がいいときは、むやみに体温を下げることはありません。反対に、高熱で機嫌が悪い、ぐったりしているときは解熱剤を使います

体温を上昇させて病原菌と闘っているときに解熱剤で体温を下げてしまうと、病原菌を死滅させることができずに病気を長引かせてしまうことがあるためです。

病院から解熱剤を処方されたら、使うタイミングや用法を医師からよく聞いて、子供の様子をみながら上手に活用する必要があります。

また、熱が上がっているときは汗をかいているので、脱水にならないようにこまめに水分補給をすることが欠かせません

水、白湯、ミルク、ジュース、経口補水液、子供用のアルカリイオン飲料など、子供が受けつけるものが一番です。飲める量も調整して、ゆっくりと飲ませてあげてください。

もし、食欲があるのであれば、アイスクリームやゼリー、ヨーグルトなど消化のいいものを与えるのがおすすめです。

熱が上がっているときは、寒気がしているので布団や毛布で温かく、熱が下がって暑がっていれば、熱を発散させて涼しくしてあげるなどの体温調整をします。

お風呂は入れなくても、お湯で蒸らしたタオルで体をそっとふいてあげるだけでも大丈夫です。

急な熱に備えて、子供用の体温計や保冷剤、解熱剤、イオン飲料・経口補水液があれば、さらに安心です

ぶり返す子供の体調をこまめに確認しましょう

子供の熱は大人に比べて、上がったり下がったり1日でも変化が大きいのが特徴です。そのためには普段から子供の平熱を知っておくと、熱が出ても高めなのかそうでないのか判断がつきやすいです

発熱は病気の原因ではなく、体の中で病原菌と戦っている証拠です。熱が上がっているからといって、慌てずに、子供の全身の症状を観察することも大切です。症状によっては早めに受診をする必要があります

なるべく、子供が不安にならないように、家でできるケアを知っておくことで子供も親も安心することができます。

  関連記事

治まってもまた次が!子供のアレルギーマーチについて

みなさんは、「アレルギーマーチ」という言葉を知っていますか?同愛記念病院小児科医 …

1歳7ヵ月の足のサイズはどれくらい?正しい測り方と靴選びのポイント

1歳7ヵ月の足のサイズは?正しい靴選びをしましょう! 1歳7ヵ月という時期はたく …

1歳でも花粉症は発症するの?その場合の対処法は?

これまでは、シーズンを2回経験していない1歳未満であれば、花粉症を発症することは …

いうことを聞いてくれない!1歳6ヵ月のイヤイヤ期とは? 

イヤイヤはコミュニケーションを学ぶための心の成長! 1歳6ヵ月頃のお子さんは、自 …

子どもが感染することが多いアデノウイルスとは?感染するとどうなる?

子どもがよくかかる病気に、「プール熱(咽頭結膜炎)」や「はやり目(流行性角結膜炎 …

1歳の子供がアトピー性皮膚炎になる原因と対処法とは?

現在の日本では、乳幼児から学童期までの子供のうち、10人に1人がアトピー性皮膚炎 …

昼寝は絶対に必要?1歳7ヵ月の赤ちゃんが寝てくれない場合の対策とは?

赤ちゃんにとって睡眠は大切なもの!でも寝てくれない場合はどうすればいい? 1歳7 …

1歳6ヵ月は精神的にも発達し幼児へと変わる時期!

足腰が発達してくるので昼間にしっかり身体を動かしてあげよう 1歳6ヵ月頃は、幼児 …

1歳9ヵ月のわがままとストレスなくつきあうコツとは?

わがままにも男女差、性格差があることを知っておこう 成長は嬉しいけれど、自我が芽 …

1歳1ヵ月の歩かない子供にピッタリな歩かせるための練習方法とは?

歩かせるコツを知ればパパもママも子育てが楽しくなる 子供がどんどん育つことは親に …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss