ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

1歳児の受け口…すぐにでも治療は必要?いつまで様子見で良い?

   

受け口は正式には反対咬合(はんたいこうごう)と呼ばれ、上の歯よりも下の歯が前に出る状態のことをいいます。ただ、小さな赤ちゃんの場合、あごや歯が発育する中でかみ合わせが変わることもあるため、あまり早くから治療について検討する必要はないでしょう。

では、1歳くらいになっても受け口だった場合にはどうしたら良いのでしょうか。中には普段はあまり気にならず、1歳を過ぎてから受け口であることに気づいたという方も多いようです。

ここでは1歳児くらいの受け口の特徴や原因、治療などについてご紹介しましょう。

受け口の原因は?

原因は様々です。例えば、ママとパパの骨格が子どもに遺伝し、あごの骨が正常よりも大きかったり小さかったりすると受け口になるケースがあります。

また、歯並びが悪いことにも原因があるため、指をしゃぶる癖がある場合は歯が曲がって受け口になることがあるので注意しましょう。

普段から舌を使って下の前歯を押し出して遊ぶような癖が見られる場合にも要注意です。1歳児の場合はまだまだ言い聞かせてもわからない可能性が高いですが、大人の言っていることがわかるようになったらしっかり注意し、この癖をやめさせましょう。

受け口の予防

受け口になる原因を知っていれば予防もしやすいです。

まずは先述したように指をしゃぶるのをやめさせましょう。短時間であれば問題ないのですが、一日中しゃぶっているような状態は避けておきたいですね。

ただ、治療をする際には指しゃぶりの癖を利用して受け口を改善することもあります。このあたりは自分で勝手に判断するのではなく、専門医から指導を受けて改善方法を学んだ上で取り入れてみましょう。

それから同じ姿勢で寝てばかりいるのもよくありません。1歳児くらいの子どもに言い聞かせるのはなかなか難しいかもしれませんが、左右の歯を使ってバランスよく噛むということも大切です。

1歳頃になると自分で離乳食を食べる赤ちゃんがほとんどですが、その際に口のどちらか片側にだけスプーンを運んでいないか確認してみましょう。その際に片方の歯だけで噛んでいるようであれば少しお手伝いし、反対側の歯でも噛めるようにスプーンを口の中央に運ぶなどの工夫をしてみてくださいね。

何歳くらいから治療が必要?

1歳くらいでは受け口だったものの、いつの間にか治っていたという方も珍しくありません。そのため、一般的には歯が生えそろうのを待ってから矯正治療を開始します。

具体的には3歳くらいから治療を開始する形になるでしょう。というのも、3歳になると噛み合わせがきちんとできるようになるからです。これを過ぎても治らなかった場合は治療について検討をする必要があります。

ただ、3歳までに治らなければ治療をしない限り絶対に治らないというわけではありません。

小さい頃は受け口が心配だったものの、いつの間にか治っていたというケースも非常に多いです。

個人差も大きいので、心配な場合は歯科医に相談をしながらどのタイミングで治療を開始するのか考えてみましょう。

ただし、受け口の原因があごの大きさにある場合、永久歯が生えてきたあとも自然治癒が難しい場合もあります。

治療をすることになった場合、歯列矯正を行う形になるのが一般的です。歯列矯正はできるだけ早くから始めておいた方が効果的なので適切な治療タイミングも歯科医に相談しながら決めましょう。

専門医に相談するのがおすすめ

一般的な歯科でも良いのですが、できることならば小児歯科または矯正を専門としている歯科で相談をしましょう。

矯正の必要があった場合、長い期間がかかることも多いです。そういったことを考えるとできるだけ丁寧に説明をしてくれる先生を選びたいですね。

受け口の状態によってどのような治療をするかというのは違います。装置を使うこともあるのですが、その際にはお子さんの協力も必要になるわけなので、お子さんでもわかるように措置の必要性を説明し、適切な治療ができるようにしましょう。

  関連記事

いうことを聞いてくれない!1歳6ヵ月のイヤイヤ期とは? 

イヤイヤはコミュニケーションを学ぶための心の成長! 1歳6ヵ月頃のお子さんは、自 …

うちの子おならが臭い!?1歳5ヵ月の赤ちゃんのおならが臭くなる原因とは?

大人と同じ食事リズムに変わっていくとおならの臭いにも変化が 1歳5ヵ月になると、 …

昼寝は絶対に必要?1歳7ヵ月の赤ちゃんが寝てくれない場合の対策とは?

赤ちゃんにとって睡眠は大切なもの!でも寝てくれない場合はどうすればいい? 1歳7 …

前歯が生え揃う頃が目安!1歳4ヵ月の赤ちゃんの歯医者デビュー

高濃度フッ素塗布で虫歯予防を 赤ちゃんのデンタルケアはいつから始めれば良いのでし …

川崎病のアスピリン治療はいつまで続けるの?その効果と副作用は?

幼児がかかることの多い原因不明の病気の一つに、「川崎病」があります。現代の医学で …

子供服につくことが多い、泥汚れを落とす方法とは?コツや注意点はある?

子供は、泥んこ遊びが大好きです。そのため、夢中になって遊んで、子供服が泥だらけに …

手縫いでもOK!簡単コップ袋作りにチャレンジしよう

保育園や幼稚園では、園で過ごすためのグッズを用意しなくてはいけないところも多いで …

子供がノロウィルスに感染!市販薬は使っても大丈夫?

秋から冬にかけては、空気が乾燥するので、ウイルスの飛散率が高まるため、さまざまな …

赤ちゃんの歯ぎしりは歯の使い方を覚える成長過程の一つ

気分転換で歯ぎしりを回避しよう!  赤ちゃんの歯が生えると、それまでとは違う子ど …

「何でもイヤイヤ!」1歳9ヵ月のイヤイヤ期の乗り越え方

イヤイヤ期は人間形成期!自分も通ってきた道に上手につきあおう 1歳9ヵ月になると …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss