ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

1歳児の受け口…すぐにでも治療は必要?いつまで様子見で良い?

   

受け口は正式には反対咬合(はんたいこうごう)と呼ばれ、上の歯よりも下の歯が前に出る状態のことをいいます。ただ、小さな赤ちゃんの場合、あごや歯が発育する中でかみ合わせが変わることもあるため、あまり早くから治療について検討する必要はないでしょう。

では、1歳くらいになっても受け口だった場合にはどうしたら良いのでしょうか。中には普段はあまり気にならず、1歳を過ぎてから受け口であることに気づいたという方も多いようです。

ここでは1歳児くらいの受け口の特徴や原因、治療などについてご紹介しましょう。

受け口の原因は?

原因は様々です。例えば、ママとパパの骨格が子どもに遺伝し、あごの骨が正常よりも大きかったり小さかったりすると受け口になるケースがあります。

また、歯並びが悪いことにも原因があるため、指をしゃぶる癖がある場合は歯が曲がって受け口になることがあるので注意しましょう。

普段から舌を使って下の前歯を押し出して遊ぶような癖が見られる場合にも要注意です。1歳児の場合はまだまだ言い聞かせてもわからない可能性が高いですが、大人の言っていることがわかるようになったらしっかり注意し、この癖をやめさせましょう。

受け口の予防

受け口になる原因を知っていれば予防もしやすいです。

まずは先述したように指をしゃぶるのをやめさせましょう。短時間であれば問題ないのですが、一日中しゃぶっているような状態は避けておきたいですね。

ただ、治療をする際には指しゃぶりの癖を利用して受け口を改善することもあります。このあたりは自分で勝手に判断するのではなく、専門医から指導を受けて改善方法を学んだ上で取り入れてみましょう。

それから同じ姿勢で寝てばかりいるのもよくありません。1歳児くらいの子どもに言い聞かせるのはなかなか難しいかもしれませんが、左右の歯を使ってバランスよく噛むということも大切です。

1歳頃になると自分で離乳食を食べる赤ちゃんがほとんどですが、その際に口のどちらか片側にだけスプーンを運んでいないか確認してみましょう。その際に片方の歯だけで噛んでいるようであれば少しお手伝いし、反対側の歯でも噛めるようにスプーンを口の中央に運ぶなどの工夫をしてみてくださいね。

何歳くらいから治療が必要?

1歳くらいでは受け口だったものの、いつの間にか治っていたという方も珍しくありません。そのため、一般的には歯が生えそろうのを待ってから矯正治療を開始します。

具体的には3歳くらいから治療を開始する形になるでしょう。というのも、3歳になると噛み合わせがきちんとできるようになるからです。これを過ぎても治らなかった場合は治療について検討をする必要があります。

ただ、3歳までに治らなければ治療をしない限り絶対に治らないというわけではありません。

小さい頃は受け口が心配だったものの、いつの間にか治っていたというケースも非常に多いです。

個人差も大きいので、心配な場合は歯科医に相談をしながらどのタイミングで治療を開始するのか考えてみましょう。

ただし、受け口の原因があごの大きさにある場合、永久歯が生えてきたあとも自然治癒が難しい場合もあります。

治療をすることになった場合、歯列矯正を行う形になるのが一般的です。歯列矯正はできるだけ早くから始めておいた方が効果的なので適切な治療タイミングも歯科医に相談しながら決めましょう。

専門医に相談するのがおすすめ

一般的な歯科でも良いのですが、できることならば小児歯科または矯正を専門としている歯科で相談をしましょう。

矯正の必要があった場合、長い期間がかかることも多いです。そういったことを考えるとできるだけ丁寧に説明をしてくれる先生を選びたいですね。

受け口の状態によってどのような治療をするかというのは違います。装置を使うこともあるのですが、その際にはお子さんの協力も必要になるわけなので、お子さんでもわかるように措置の必要性を説明し、適切な治療ができるようにしましょう。

  関連記事

1歳7ヵ月の赤ちゃんが癇癪(かんしゃく)をおこしてしまう原因は?対策はどうしたらいい?

一度癇癪をおこしてしまうと手が付けられなくなる…そんな時の対策とは 1歳7ヵ月は …

1歳8ヵ月の赤ちゃんの平均身長や体重と違うのが気になる…そんな場合の対策は?

体重や身長は健康的に育っているかチェックするのにも役立ちます 1歳8ヵ月という時 …

1歳の誕生日を思い出の詰まった一日にするポイント!

どうやって祝おう?はじめての誕生日! 1歳のお誕生日、おめでとうございます。赤ち …

赤ちゃんが食事を食べない!1歳3ヵ月の発育への影響は?

知っておきたい“食べない理由”と“対処法” 1歳3ヵ月の赤ちゃんは、大人とほとん …

川崎病は再発するの?その理由や割合、治療法が知りたい!

日本では、1万人の子どもが発症するとされている「川崎病」は、原因不明の疾患です。 …

乳児が発症する「幼児自慰」という病気はどんなもの?その原因と治療法とは?

子供が自慰行為をしているのを知ってしまい、ショックを受けてしまったことはありませ …

1歳2ヵ月の赤ちゃんはどんなことにも興味津々

危険対策をきちんとして、「やりたい」気持ちを尊重した遊びを 1歳2カ月頃までに、 …

公園での遊び方のポイント!ボール遊びが子どもに与える効果とは?

現代は昔と比べるとビルやマンションなどの建物が増え、何もない空き地や公園が減って …

1歳3ヵ月の赤ちゃんの1日の過ごし方とは?だいたいのスケジュールを教えて!

生活リズムが大切になってくる時期、朝・昼・夜のメリハリを! 1歳3カ月の赤ちゃん …

子どもの歯ぎしりは歳によって治し方が変化する!?年齢別の歯ぎしり改善方法とは?

就寝中、暗闇で大人の歯ぎしりを聞いただけでも、ちょっと不快な気持ちになりますよね …