ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

前歯が生え揃う頃が目安!1歳4ヵ月の赤ちゃんの歯医者デビュー

   

高濃度フッ素塗布で虫歯予防を

09a3e0118f40282852feaef6aa4eb50b_s

赤ちゃんのデンタルケアはいつから始めれば良いのでしょうか?前歯が生え揃う0歳9ヵ月頃から、虫歯予防を意識したデンタルケアを積極的に行っていきましょう。

日常生活での歯磨きは、一番大切なことです。自宅でのデンタルケアがきちんとされていれば、基本的には歯医者での治療は必要ありません。では、いつ頃からどのような時に歯医者を利用すれば良いのでしょうか? 

赤ちゃんの歯医者さんデビューはいつ頃?

一般的に、歯医者デビューは1歳が目安と言われています。乳幼児に勧められているのは、3~6ヵ月に一度行う虫歯予防のフッ素塗布です。自宅でのデンタルケアで、フッ素配合の歯磨きジェルを使用している方も多くいることでしょう。歯医者では、市販のものより高濃度のフッ素を塗布し、虫歯に強い歯を維持するサポートを行っています。

何よりも大切なのは、歯医者という場所に慣れるトレーニングです。成人でも緊張することが多い歯医者ですが、白衣の歯科医師を目の前にすると、赤ちゃんならもっと怯えてしまいますよね。

歯科医師や歯科衛生士とのコミュニケーションを取りながら雰囲気を知り、不安を取り除いてあげるようにしてみてください。いざという時に口を開けてくれない、泣いてしまって治療ができないなどの壁にぶつからないためにも、定期的に歯医者に足を運ぶようにしましょう。

赤ちゃんの歯は虫歯になりやすい!

自宅できちんと歯磨きをしているつもりでも、歯磨きが嫌いな赤ちゃんもたくさんいて、実際には磨ききれていない場合も多くあります。磨き残しは、いずれ虫歯につながってしまいます。

赤ちゃんの虫歯は黒く変色し、エネメル質を蝕んで歯を溶かしてしまいます。健康な歯は、一度虫歯になってしまうと戻ることはありません。成人より薄いエナメル質でう蝕しやすい赤ちゃんの歯は、虫歯の進行が早いと言われています

1歳4ヵ月になると、食べ物のバリエーションも豊かになってきます。常に、虫歯になりやすい環境であることを意識しましょう。

赤ちゃんを連れて行く歯医者を選ぶポイントは?

一般歯科だけではなく、小児歯科を標榜している歯医者も増えてきています。小さな子どもや赤ちゃんの歯を受け入れられる、子どもに特化した歯医者を選ぶこともポイントです。

そうした歯医者は、赤ちゃんが抱きやすい恐怖心や警戒心を緩和する雰囲気作りに配慮されています。そして、子どもや赤ちゃんの治療に慣れているのがメリットです。

定期的なフッ素塗布は、歯科検診と同じ役割を持っています。赤ちゃんのお口の中の健康を保つための習慣にしたいものです。地域の情報を収集したり、口コミを活用したりして、赤ちゃんとママが安心して治療を受けられる歯医者を見つけましょう。

  関連記事

砂かぶれ様皮膚炎は公園デビュー後がピーク!?症状や対処

公園デビューをするようになると、お子さんの手のひらや足の裏に、砂にかぶれた様な小 …

世界中が注目する、フィンランド式教育の特徴とは?

いま、世界中の教育関係者が、「フィンランド式教育」に注目していることを知っていま …

ストックアイテムで楽チン!1歳2ヵ月向けの離乳食レシピ

冷凍アイテムを生かした離乳食作り!簡単レシピを覚えておけば慌てない 新米ママは、 …

MR(麻疹・風疹混合)ワクチンの予防接種は受けるべき?その効果と副作用は?

母子手帳の予防接種の欄をみると、さまざまな種類が載っています。 日本では、乳幼児 …

発達障害児におすすめの療育ではなにをする?どこで行う?

子どもに発達障害があることがわかった場合、その障害に合わせて治療や教育を行わなけ …

いつになったら話すようになるの?言葉の覚えが遅いかもと心配な親御さんへ

言葉を覚えることに焦る必要はなくコミュニケーションを重視しよう お子さんが大きく …

1歳3ヵ月の赤ちゃんの1日の過ごし方とは?だいたいのスケジュールを教えて!

生活リズムが大切になってくる時期、朝・昼・夜のメリハリを! 1歳3カ月の赤ちゃん …

1歳8ヵ月の赤ちゃんの言葉の遅れと対処法とは?

他の子に比べて言葉が遅い…?と思ったらここをチェック 子供の成長は一人一人ペース …

慌てなくても大丈夫!言葉を引き出すママとのコミュニケーションを楽しもう! 

一番個人差がある言葉の発達を促す方法とは?  早いお子さんでは1歳を過ぎた頃から …

1歳2ヵ月は赤ちゃんから子どもへ変化する時期

食べやすい食事メニューや適性な量を知ろう ミルクや母乳に頼っていた赤ちゃん時代の …