ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

伝染性膿痂疹(とびひ)とは?治療法や注意点を紹介!

   

伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)というと聞いたことがない方が多いかもしれませんが、「とびひ」という名前で知られている皮膚疾患のことです。

「伝染性」という名前からもわかる通り人にうつる病気なので、伝染性膿痂疹にかかった場合には適切な対応をしなければなりません。

とびひと聞くとあまり深刻性のない病気のように感じてしまう方もいるかもしれませんが、いろいろな注意点もあるので気をつけてくださいね。

ここでは伝染性膿痂疹の症状や原因、治療などについてご紹介します。

伝染性膿痂疹の症状・特徴

伝染性膿痂疹は主に子どもに多い病気として知られていますが、大人にも感染します。特に感染数の多い年代は0歳~6歳となっているので、注意しておきましょう。

大きな原因は皮膚に菌が入り込み、毒素を出しながら増殖することにあります。その際に毒素が表皮の細胞をつなぐ組織を破壊し水疱(水ぶくれ)を作るのも特徴です。

初めのうちは透明の水泡ができるのですが、あっという間に全身に広がり、膿疱(のうほう)と呼ばれる膿をもった水ぶくれになります。火事の飛び火のように広がるという特徴を持っているため「飛び火(とびひ)」と呼ばれているわけです。

赤ちゃんのうちはあせもができやすく、かゆさから掻いてしまうこともありますよね。すると皮膚には小さな傷ができるわけですが、そこに黄色ブドウ球菌やレンサ球菌といった菌が入り込むと感染します。

ほとんどの場合は黄色ブドウ球菌が原因となっているのですが、この菌は健康な人の皮膚や鼻に存在している菌ということもあり、非常に身近な肌の病気だともいえるでしょう。

レンサ球菌が原因で発生した伝染性膿痂疹の場合は炎症が強くなりやすいため、すぐに病院を受診することが大切です。

特にアトピー性皮膚炎の場合、皮膚のバリア機能が低下していることもあり伝染性膿痂疹を発症しやすいため注意しなければなりません。

伝染性膿痂疹はどこにできやすい?

黄色ブドウ球菌を原因とする水疱性膿痂疹は全身のあちこちに広がります。特に目や鼻、口の周りから症状が出始めるのでよく確認しておきましょう。夏に発生しやすいというのも特徴です。

一方でレンサ球菌を原因とする痂皮性膿痂疹の場合は突然全身にみられるようになり、季節に関係なく発症します。

黄色ブドウ球菌を原因とする伝染性膿痂疹は7歳未満の乳幼児に発生しやすいのに対し、痂皮性膿痂疹は大人もかかりやすいので気をつけてくださいね。

伝染性膿痂疹の治療

かゆみも出るため、早めに病院を受診し、治療を行いましょう。状態が悪化する前に食い止められれば早く完治します。

主に塗り薬や飲み薬といった抗菌薬が使われ、必要があればかゆみを抑える抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬が処方されるので相談してみてくださいね。

伝染性膿痂疹は放置しておいても良いと思っている方もいるようですが、1歳児はまだ抵抗力が弱いため、大きな肌トラブルに繋がる可能性もあります。

軽い肌トラブルのようなものだと考えるのではなく適切な治療を受けましょう。

伝染性膿痂疹になった場合の注意点

感染する病気ということもあり、家族で同じタオルを使ったりすると他の人にも感染する恐れがあるので共用しないように注意が必要です。

また、伝染性膿痂疹が発生している間は念入りに体を洗い、皮膚を清潔に保つように心がけましょう。その際に患部を傷つけると状態が悪化しやすいので、弾力のある泡を作り、優しく体を洗うのがポイントです。

石鹸の成分が残っていると肌に雑菌が繁殖しやすくなるのでよく流すように心がけましょう。

痒いからといって患部を掻くと指に細菌が付着し、他のところを触った際に感染する可能性が高まります。できるだけ患部を掻かないように注意することが大切なのですが、1歳くらいの子どもだとまだまだ聞き分けがないため、掻かなくても済むようにかゆみ止めの薬を塗ってあげましょう。

それから病院から処方された薬は症状が治まっても医師からもう完治したと判断されるまで続けることが大切です。症状は治まってもまだ皮膚の中で細菌が残っている可能性があるので注意しましょう。

子どもを保育園に預けている場合、症状が出ている間は必ずしも通えなくなるというわけではありません。このあたりは保育園の規則によって異なるので確認してみてくださいね。

早めの治療が大切

伝染性膿痂疹はできるだけ伝染性膿痂疹の子どもと触れ合わないようにする、皮膚を清潔に保つということが大切です。

また、鼻の中には原因菌が多数存在しているため鼻をいじらないように注意しなければなりません。もしも伝染性膿痂疹になった場合はできるだけ早く病院を受診し、状態が悪化する前に食い止めるのが効果的なので常に子どもの皮膚の様子を確認してあげましょう。

アトピー性皮膚炎やあせもと間違うこともありますが、病院で診察を受ければすぐに判別できるものなので気になる肌トラブルが出た場合はすぐに医師に相談してみてくださいね。

  関連記事

子供の一人遊びって実はメリットがたくさんある!?子供の一人遊びの進め方とは?

子どもの一人遊びにはいろいろな考え方があるようですが、おすすめできることがたくさ …

1歳2ヵ月の赤ちゃんはどんなことにも興味津々

危険対策をきちんとして、「やりたい」気持ちを尊重した遊びを 1歳2カ月頃までに、 …

1歳1ヵ月の歩かない子供にピッタリな歩かせるための練習方法とは?

歩かせるコツを知ればパパもママも子育てが楽しくなる 子供がどんどん育つことは親に …

世界中が注目する、フィンランド式教育の特徴とは?

いま、世界中の教育関係者が、「フィンランド式教育」に注目していることを知っていま …

昼寝は絶対に必要?1歳7ヵ月の赤ちゃんが寝てくれない場合の対策とは?

赤ちゃんにとって睡眠は大切なもの!でも寝てくれない場合はどうすればいい? 1歳7 …

食事の際に1歳8ヵ月の赤ちゃんを椅子に座らせるコツ&スプーンの使い方

上手に食事を取ってもらうためにも実践したいこととは 1歳8ヵ月になると様々なこと …

成長過程で感じる違和感…もしかしたら発達障害かも!?

発達障害とは?症状を知って早めに対策を 1歳6ヵ月検診時に発語の遅れが指摘される …

「言葉を覚えるのが少し遅い!?」1歳10ヵ月の赤ちゃんはどうやって言葉を覚えるの?

赤ちゃんが言葉を覚える過程や、言葉を遅れされる原因・改善策とは? 生まれたばかり …

霰粒腫(さんりゅうしゅ)ってどんな病気?どうやって対処したらいいの?

「ものもらい」とは、まぶたが腫れてしまい、なにかできものができたりする状態のこと …

赤ちゃんのヘアピンはいつからつけて大丈夫?選び方と注意点は?

女の子が産まれると、洋服やスタイなど、可愛いものを着せたいと思うママが多いことで …