ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

熱性けいれんは重病なの?原因と対処法は?

   

子どもを育てていると、突然、予想外の事態に陥ることが少なくありません。「熱性けいれん」も、初めて子育てをしているママやパパが目の当たりにしたときに、パニックになりやすい症状の一つです。ですが、乳幼児にはよくみられる症状でもあります。

そこで今回は、熱性けいれんとは何か、重病なのか、原因と対処法について、お話しします。きちんと知識を持っていることで、冷静に対処できるはずですので、しっかり覚えておいてくださいね。

熱性けいれんって何?原因は?

熱性けいれんとは、乳幼児が38度以上の発熱をした後におこるけいれん発作の中でも、中枢神経感染症や代謝異常、そのほかの発作原因がないもののことをいいます。

生後6カ月から5歳までの乳幼児に見られることが多く、インフルエンザなどの感染症による発熱をきっかけに発症します。熱性けいれんがおこるメカニズムについては、現代の医学では解明されていません。

ですが、乳幼児の脳は未熟なので、高熱を出す際に脳内で何らかのトラブルがおこることが要因と考えられています。

日本では、乳幼児の7~10%が熱性けいれんを発症するといわれており、1~2歳が発症のピークで、両親や兄弟姉妹に熱性けいれんの経験者がいると、発症する確率が高くなる傾向があるようです。

熱性けいれんでみられる症状は?

熱性けいれんは、子どもが高熱を出してから24時間以内におこることが多いです。いきなり我が子が白目をむき、両手足を伸ばした状態で、ガクガクと震え、2~3分程度意識を失うという症状が出ます。

中には、泡を吹いたり、チアノーゼをおこして、皮膚や粘膜が青紫色になる子どももいます。熱性けいれんのほとんどが、一生で一度しかおこらないものですが、中には2回以上くり返す子どももいます。

一度熱性けいれんがおこり、治まったと思ったら、再び発作が見られることもあるので、慌てずに対処するよう心がけてください。けいれん発作は、通常は続いても15分未満です。ですが、中には15分以上身体の震えが続いたり、身体の片方だけに症状が出ることもあります。

熱性けいれんがおこったときの対処法は?

もし子どもが熱性けいれんをおこしたら、次のように対処してください。

まず、子どもの衣服、中でも首の周りをゆるくします。そして、頭部が少しそるように寝かせ、呼吸しやすい体勢にします。その際、顔を横に向け、吐いたときに嘔吐物が気道に入らないようにしてあげてください。もし、吐いている場合は、嘔吐物をガーゼなどでやさしく拭き取ります。

けいれん中は、子どもの口の中には何も入れないでください。けいれん発作の時間を計測し、どんな症状が出ているのかを観察してメモします。体温を計るのも、忘れないでください。

平常に戻るまで、ママやパパは必ず側にいて、抱っこしたり、大声で呼びかけるのは控えます。けいれんが治まった後、呼吸が正常で、顔色に問題がなければ、そのまま様子を見ましょう。

病院に行くかどうかは、症状を見極めてから!

熱性けいれんは、「単純型熱性けいれん」と「複雑型熱性けいれん」に大別されます。

単純型熱性けいれんの場合は、全身に震えがおこり15分以内に治まりますが、複雑型熱性けいれんだと、全身あるいは半身に震えが15分以上おこったり、発作が24時間で2回以上おこります。

そして、複雑型熱性けいれんを発症すると、その後にてんかん発作をおこしやすくなります。そのため、複雑型熱性けいれんが疑われるときは、すぐに病院に連れて行くのが基本です。

けいれん発作が5分以上続く、短時間に何度もけいれん発作がおこる、発作が治まっても意識が戻らない、あるいは麻痺が残っているときには、早期の検査が必要です。

救急車を呼んで、病院に連れて行ってください。

  関連記事

1歳5ヵ月の赤ちゃんの夜泣きは身体を使う遊び取り入れて乗り越えよう!

そろそろ夜泣きが落ち着くころ!? 昼間はご機嫌だったのに、真夜中になったら突然大 …

子供と一緒に作るひな人形!折り紙でひな祭りを楽しもう。

3月3日といえば桃の節句・ひな祭りですね。女の子の節句としてひな祭りにひな人形を …

赤ちゃんに「こたつ」は危険!しっかり事故対策で安全な冬を過ごそう!

寒い冬は家の中でこたつに入ると、足元からぬくぬくで幸せなものです。冬に大活躍する …

「言葉を覚えるのが少し遅い!?」1歳10ヵ月の赤ちゃんはどうやって言葉を覚えるの?

赤ちゃんが言葉を覚える過程や、言葉を遅れされる原因・改善策とは? 生まれたばかり …

1歳9ヵ月の遊び食べ!どうしたら集中して食べてくれる?

食事時間にメリハリをつけ、食事に関心を向けよう 1歳9カ月になると、自分でスプー …

慌てなくても大丈夫!言葉を引き出すママとのコミュニケーションを楽しもう! 

一番個人差がある言葉の発達を促す方法とは?  早いお子さんでは1歳を過ぎた頃から …

伝染性膿痂疹(とびひ)とは?治療法や注意点を紹介!

伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)というと聞いたことがない方が多いかもしれま …

ベビーサインと言葉の発達の関係はある?早くなる、遅くなる、その理由を検証!

赤ちゃんとのコミュニケーションツールとして、近年人気の「ベビーサイン」。言葉がま …

子どもが爪噛みをする原因は?予防方法や対策はあるの?

子どもは、いろいろな癖をもつものです。指しゃぶりなどと並んで、よく子どもに見られ …

子供にノロウィルスの症状が出た場合の注意点とは?

秋から冬にかけて流行する病気の一つに、「ノロウィルス」があります。乳幼児や高齢者 …