ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

乳児が発症する「幼児自慰」という病気はどんなもの?その原因と治療法とは?

   

子供が自慰行為をしているのを知ってしまい、ショックを受けてしまったことはありませんか?子供の自慰行為について人に相談しにくいので、悩んでしまうママも多いと思います。

しかし、幼児の自慰行為は、大人のものとは違います。ただ気持ちが良いからやっているだけなのです。

とは言っても、子供が自慰行為をしているのは見たくないものです。幼児の自慰行為について、また自慰行為をしているときの対応方法を紹介していきます。

性的な意味ではない「自慰」という病気とは?

幼児自慰は、大人が感じる気持ちが良いとは違い、性的な意味であったり妄想などはありません。髪の毛をさわる、爪を噛むなどの癖と同じようなものです。単に触ると気持ちが良い、落ち着くからという理由だけで自慰行為をしています。

自慰行為をしていても身体的に問題があるものではないので、強く怒ったり、無理にやめさせたりするようなことはしないほうがよいでしょう。単に気持ちが良いというだけなので、他に興味が移れば、自然にしなくなってくることが多いです。

あまり気にすることなく、大きな心で見守っていくことが大切になります

自慰の原因と主な症状はどういうもの?

自慰を始めるきっかけは、たまたま性器にものが当たった、触ってみたら気持ちがよかった、外陰部のかゆみなどのケースから、偶然触ると気持ちがよいと発見したということが多いようです

ストレスを感じたり、精神的に不安定なときにおこりやすいようです。ただ、それがきっかけだっただけで、癖になって止まらないという理由が多いので、深刻に悩む必要はありません

また、静かに遊ぶ子や感受性の強いこなどは、気持ちよさに気づいてしまう子も多いようです。

自慰行為の例としては、布団にうつ伏せになり股に手を当てて腰を動かす。股にものを挟んで顔を真っ赤にしている。足を交差させて太ももに力を入れたり、陰部を床にこすりつける。

また、暇なときなどに性器を触っていたりなどの行為をしている子が多いようです。赤い顔でたくさん汗をかいていたりするので、何かの病気か?と疑ってしまったママもいると思います。

幼児自慰はどのくらいの確率で発症する?

全ての幼児が自慰行為をするわけではなく、保育園などで10人中2人ぐらいがしているようです。2割ぐらいの割合なので、決して珍しいものではありませんので安心してください。

特に男の子より女の子のがほうが自慰行為をする子が多いようです。早い子だと生後数ヶ月から自慰行為が見られることがありますが、だいたい1歳半~6歳まで続くことが多いようです。

大きくなっていくとそのうち恥ずかしいという気持ちがわかるようになってきて、人前ではしなくなってきます。また他に楽しいことができ興味が移っていくことで、自然と自慰行為することを忘れていき、だんだんしなくなっていきます。

自慰行為をしているのを見つけたら手を使う遊びをするよう促したり、外で元気に遊ばせたりし、自慰行為のタイミングを少なくしていくとよいでしょう

叱ってはダメ?乳児の「自慰」の行為を防ぐ方法とは?

子供の自慰行為を見てしまうと、びっくりして強く怒ってしまうこともあると思います。しかし、幼児の自慰行為には性的意味はないので、あまり気にしないことが良いと思います。

強く叱ってしまうと、ストレスを感じ悪化することもあります。あまり注意すると性への偏見を持ってしまうこともあるようです

バイキンがはいっちゃうから気をつけてね。や、人前でする子にはみんながいるときは止めてね。など優しく言うようにしましょう。

また、一緒に遊んだり、お手伝いを頼んだりとほかのことに注意をむけさせるのが良いです。外で遊んでいるときは自慰行為はしないと思いますので、たくさん外で遊ばせましょう。

そうやって少しずつ自慰のことを忘れさせていくことが大事です。寝るときにする子は、手を繋いであげるなどして、寝るまで相手してあげると良いと思います。

健やかに成長している証拠なので見守ってあげよう

子供が自慰行為をしているのを見てしまったときは、びっくりしてしまうと思います。しかし幼児の自慰行為は、性的な意味はないので安心してください。

自慰行為は、自分は一人の人間であると確認するものであり、自我形成に重要だとも言われています

子供が健やかに成長している証と考え、あまり深刻に考えすぎないようにしましょう。そのうち、行為をしなくなってくることが多いので、強く叱って無理にやめさせようとせず大きな心で見守ってあげてください

  関連記事

乳幼児は薄着がいいと言われる理由とは?正しい着せ方が知りたい!

保育園や幼稚園に通わせるとき、「子どもは薄着にするようにしてください」といわれる …

赤ちゃんに「こたつ」は危険!しっかり事故対策で安全な冬を過ごそう!

寒い冬は家の中でこたつに入ると、足元からぬくぬくで幸せなものです。冬に大活躍する …

食事の際に1歳8ヵ月の赤ちゃんを椅子に座らせるコツ&スプーンの使い方

上手に食事を取ってもらうためにも実践したいこととは 1歳8ヵ月になると様々なこと …

男の子の赤ちゃんに似合う素敵なヘアスタイル

産まれて間もないころは短かった赤ちゃんの髪の毛も、だんだんフサフサになって「髪型 …

まもなく1歳!12ヵ月の赤ちゃんの身長・体重について

乳児から幼児に変わる赤ちゃんの体つき 0歳12ヵ月を迎える赤ちゃんは、乳児という …

人見知りは成長の証!乗り切るにはどうする!?

ママは大切な存在!1歳2ヵ月の赤ちゃんの人見知りとは? 赤ちゃんの人見知りは、成 …

子供と一緒に作るひな人形!折り紙でひな祭りを楽しもう。

3月3日といえば桃の節句・ひな祭りですね。女の子の節句としてひな祭りにひな人形を …

プールやスイミング教室で活躍する!ラップタオルの作り方

お子さんのプールやスイミング教室、海水浴など、着替えや体を拭くのに便利なラップタ …

虫刺されが悪化?小児ストロフルスってどんなもの?

お子さんが蚊に刺された後に、赤く大きく腫れていることはありませんか?それは小児ス …

MR(麻疹・風疹混合)ワクチンの予防接種は受けるべき?その効果と副作用は?

母子手帳の予防接種の欄をみると、さまざまな種類が載っています。 日本では、乳幼児 …