ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

手足が真っ赤になるしもやけ、その治し方や予防法を教えて!

   

子どもは遊びに夢中になると、自分の身体のことを気にしなくなるものです。そして、冬に外遊びに熱中した後、気がつくと手指が真っ赤に腫れあがり、かゆみを訴えることがあります。これが、「しもやけ」です。子どもによくおこる症状ですが、原因を知ると予防ができますし、症状がわかれば対処できます。

そこで今回は、子どもがなりやすいしもやけについて、お話しします。

寒い季節に外遊びをさせるときには、十分配慮してあげてくださいね。

しもやけって何?その原因は?

しもやけとは、寒い時期に発症しやすい手足の指の病気のことをいいます。気温が4~5℃、あるいは1日の中での寒暖差が10℃以上になると、発症しやすくなるといわれています。

なぜしもやけがおこるのかというと、手足などの末梢が血行不良をおこすからです。長時間寒いところで過ごして血行不良がおこることで、皮膚が炎症をおこします。

そして、しもやけは単に寒いだけでおこるわけでもありません。冷え切った手足が室内で暖まり、再び屋外に出て冷えてしまう、あるいは手袋をして活発に動いて手汗をかき、手袋の中が蒸れた状態のままで履き続けることで、皮膚の表面温度が下がって冷えてしまい、しもやけがおこります。

これは、靴の中でもおこるので、冬場は注意が必要です。

しもやけであらわれる症状は?

しもやけの症状は、二つに大別できます。

樽柿型

一つ目は、しもやけがおこった部分が、熟れた柿みたいに腫れる「樽柿型」です。子どもの多くは、この樽柿型のしもやけを発症することが多いです。炎症がおこった部分が赤紫色になり、指がパンパンに腫れて、一回り大きくなったように見えることもあります。これは、足の小指からおこることが多いです。

多形滲出性紅斑型

そしてもう一つが、赤い発疹が出る「多形滲出性紅斑型」です。炎症部分が麻の実からアーモンドくらいの大きさになり、周囲が鮮やかに赤く盛り上がります。その中心部に少し引っ込んだ紅斑ができ、少しずつ広がっていくのが特徴です。

いずれもチリチリする独特なかゆみや、ズキズキした痛みが出ます。子どもはついかきむしってしまうので、皮膚が傷つくこともあります。

しもやけになったときの対処法は?

しもやけを治すためには、血行をよくすることが大事です。そこで、市販されているビタミンE配合の軟膏を、患部にマッサージするようにすり込んだり、血行を促進させるために入浴させるのが効果的です。

とはいえ、しもやけの患部を温めるとかゆみがでるので、何度か水をかけながら温めて、落ち着くのを待ちましょう。

症状がひどいときには、皮膚科を受診するのもおすすめです。病院ではビタミンE配合の塗り薬が処方されるほか、漢方の内服薬を勧められることもあります。まや、近赤外線(スーパーライザー)により血流の改善を試みます。炎症がひどいときには、ステロイド外用剤が処方されることもあります。

しもやけを子どもがかきむしって傷がついたときには、皮膚科で治療を受けましょう。

しもやけの予防を心がけよう!

しもやけにかかるのは、大人でも辛いものです。だからこそ、かかってから対処するのではなく、予防を心がけるのは基本です。

しもやけを予防するためには、朝晩の寒暖差が激しくなったら早めに手袋をはめたり、靴下を履いて、皮膚が直接外気にさらされないようにするのが一番です。また、湿ってから冷えるのがよくないので、ゴム長靴などを長い時間履かせるのはやめましょう。

自宅で手足をマッサージする習慣をつけ、日ごろから血流を促進することがおすすめです。水遊びや雪遊びをした後は、乾いた布できちんと手を拭いてから、温めるようにしてくださいね。

  関連記事

世界中が注目する、フィンランド式教育の特徴とは?

いま、世界中の教育関係者が、「フィンランド式教育」に注目していることを知っていま …

公園での遊び方のポイント!ボール遊びが子どもに与える効果とは?

現代は昔と比べるとビルやマンションなどの建物が増え、何もない空き地や公園が減って …

前歯が生え揃う頃が目安!1歳4ヵ月の赤ちゃんの歯医者デビュー

高濃度フッ素塗布で虫歯予防を 赤ちゃんのデンタルケアはいつから始めれば良いのでし …

子供の一人遊びって実はメリットがたくさんある!?子供の一人遊びの進め方とは?

子どもの一人遊びにはいろいろな考え方があるようですが、おすすめできることがたくさ …

幼児に切り替わる節目!しっかり受けたい1歳6ヵ月検診

心と体の発達を確認する大切な検診 1歳6ヵ月頃は、検診の時期にあたります。健やか …

日用品が子供に影響を与えるって本当なの?その影響は?

子供は成長の過程で、さまざまな日用品に触れます。その中には、子供の成長を促すもの …

集中力がない子どもが増えている!その原因と改善法は?

子どもが一人で遊べるようになると、ママも1日の中で自分の時間がつくりやすくなりま …

1歳6ヵ月検診でひっかかってしまった!言葉の遅れが再検査のきっかけになる

言葉の遅れは発達障害の可能性につながるの?  乳児から幼児へ変化していく1歳6ヵ …

食事の好き嫌いが多い!1歳7ヵ月の赤ちゃんの好き嫌いを治す方法とは?

たくさん好き嫌いがあると偏食になってしまうのではないかと不安… 1歳7ヵ月という …

赤ちゃんが食事を食べない!1歳3ヵ月の発育への影響は?

知っておきたい“食べない理由”と“対処法” 1歳3ヵ月の赤ちゃんは、大人とほとん …