ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

手足が真っ赤になるしもやけ、その治し方や予防法を教えて!

   

子どもは遊びに夢中になると、自分の身体のことを気にしなくなるものです。そして、冬に外遊びに熱中した後、気がつくと手指が真っ赤に腫れあがり、かゆみを訴えることがあります。これが、「しもやけ」です。子どもによくおこる症状ですが、原因を知ると予防ができますし、症状がわかれば対処できます。

そこで今回は、子どもがなりやすいしもやけについて、お話しします。

寒い季節に外遊びをさせるときには、十分配慮してあげてくださいね。

しもやけって何?その原因は?

しもやけとは、寒い時期に発症しやすい手足の指の病気のことをいいます。気温が4~5℃、あるいは1日の中での寒暖差が10℃以上になると、発症しやすくなるといわれています。

なぜしもやけがおこるのかというと、手足などの末梢が血行不良をおこすからです。長時間寒いところで過ごして血行不良がおこることで、皮膚が炎症をおこします。

そして、しもやけは単に寒いだけでおこるわけでもありません。冷え切った手足が室内で暖まり、再び屋外に出て冷えてしまう、あるいは手袋をして活発に動いて手汗をかき、手袋の中が蒸れた状態のままで履き続けることで、皮膚の表面温度が下がって冷えてしまい、しもやけがおこります。

これは、靴の中でもおこるので、冬場は注意が必要です。

しもやけであらわれる症状は?

しもやけの症状は、二つに大別できます。

樽柿型

一つ目は、しもやけがおこった部分が、熟れた柿みたいに腫れる「樽柿型」です。子どもの多くは、この樽柿型のしもやけを発症することが多いです。炎症がおこった部分が赤紫色になり、指がパンパンに腫れて、一回り大きくなったように見えることもあります。これは、足の小指からおこることが多いです。

多形滲出性紅斑型

そしてもう一つが、赤い発疹が出る「多形滲出性紅斑型」です。炎症部分が麻の実からアーモンドくらいの大きさになり、周囲が鮮やかに赤く盛り上がります。その中心部に少し引っ込んだ紅斑ができ、少しずつ広がっていくのが特徴です。

いずれもチリチリする独特なかゆみや、ズキズキした痛みが出ます。子どもはついかきむしってしまうので、皮膚が傷つくこともあります。

しもやけになったときの対処法は?

しもやけを治すためには、血行をよくすることが大事です。そこで、市販されているビタミンE配合の軟膏を、患部にマッサージするようにすり込んだり、血行を促進させるために入浴させるのが効果的です。

とはいえ、しもやけの患部を温めるとかゆみがでるので、何度か水をかけながら温めて、落ち着くのを待ちましょう。

症状がひどいときには、皮膚科を受診するのもおすすめです。病院ではビタミンE配合の塗り薬が処方されるほか、漢方の内服薬を勧められることもあります。まや、近赤外線(スーパーライザー)により血流の改善を試みます。炎症がひどいときには、ステロイド外用剤が処方されることもあります。

しもやけを子どもがかきむしって傷がついたときには、皮膚科で治療を受けましょう。

しもやけの予防を心がけよう!

しもやけにかかるのは、大人でも辛いものです。だからこそ、かかってから対処するのではなく、予防を心がけるのは基本です。

しもやけを予防するためには、朝晩の寒暖差が激しくなったら早めに手袋をはめたり、靴下を履いて、皮膚が直接外気にさらされないようにするのが一番です。また、湿ってから冷えるのがよくないので、ゴム長靴などを長い時間履かせるのはやめましょう。

自宅で手足をマッサージする習慣をつけ、日ごろから血流を促進することがおすすめです。水遊びや雪遊びをした後は、乾いた布できちんと手を拭いてから、温めるようにしてくださいね。

  関連記事

1歳2ヵ月そろそろ卒乳の時期?卒乳を考えるタイミングとは?

母乳やミルクに頼らないスキンシップをしよう!  1歳を過ぎると、離乳食の量や回数 …

A型肝炎ワクチンの予防接種は受けるべき?その効果と副作用は?

乳幼児は、たくさんの予防接種を受けることになります。これは、予防接種を受けること …

プールやスイミング教室で活躍する!ラップタオルの作り方

お子さんのプールやスイミング教室、海水浴など、着替えや体を拭くのに便利なラップタ …

乳歯の正常な本数って何本なの?足りない場合は先天欠如の可能性もあるかも?

子供の乳歯は全部生えそろうと一般的には20本となります。子供の乳歯が生えそろうま …

いつからはじめる?幼児の体操教室!効果や費用は?

お子さんが活発に歩きだし色々とできることが増えてくる頃、何か習い事をさせたいなと …

1歳3ヵ月の赤ちゃんの1日の過ごし方とは?だいたいのスケジュールを教えて!

生活リズムが大切になってくる時期、朝・昼・夜のメリハリを! 1歳3カ月の赤ちゃん …

川崎病は再発するの?その理由や割合、治療法が知りたい!

日本では、1万人の子どもが発症するとされている「川崎病」は、原因不明の疾患です。 …

発達障害児におすすめの療育ではなにをする?どこで行う?

子どもに発達障害があることがわかった場合、その障害に合わせて治療や教育を行わなけ …

1歳の誕生日を思い出の詰まった一日にするポイント!

どうやって祝おう?はじめての誕生日! 1歳のお誕生日、おめでとうございます。赤ち …

1歳児の受け口…すぐにでも治療は必要?いつまで様子見で良い?

受け口は正式には反対咬合(はんたいこうごう)と呼ばれ、上の歯よりも下の歯が前に出 …