ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもにジュースを与えるのは虫歯が心配!はじめてのジュースデビューはいつから?

   

多くのお子様が大好きな飲み物はジュースですね。ジュースが苦手だというお子様は、あまり耳にしたことがありません。お茶や水とは違い、甘かったり炭酸がきいてスカッとしたりと魅力的ですよね。

赤ちゃんの頃はあまり飲ませないようにしようと決心してもお子様が大きくなるにつれて、飲む機会が増えたり、冷蔵庫に入っているのを見つけるとそれを阻止するのはなかなか難しいことです。

冷蔵庫にあるのに、飲んだらダメ。というのは、ほぼ難しいところがあると思います。

ジュースを始めるのはいつ頃?赤ちゃんに飲ませても大丈夫?

薬局などに売っているジュースには、三ヶ月頃から飲めるアクアライトなどがあります。桃のジュースや、りんごジュース、野菜ジュースなど、いろんな種類のジュースが販売されています

我が家は母乳しか飲まず、哺乳瓶も嫌がりお茶も嫌がり困っていましたが、飲める月齢になると出かけ先などで授乳するのが困難な時は、哺乳瓶に赤ちゃん用のジュースをいれて持参していました。

少しグズった時にはそれを飲ませ随分助かりました。毎日毎日飲ませると味を覚え、ジュースばかり欲しがるので、出かけ先などだけにしていました。特に問題なく育っています。

飲ませても良いジュースの種類はある?

薬局などに売っているジュースに「◯ヶ月から」と書かれているので、お子様の月齢に合わせて飲ませると良いと思います。アクアライトは3ヶ月頃から飲めますが、糖分が多いと聞いたことがあります。

アクアライトは熱が出た時や、暑い時期の水分補給として補うといいかなぁと思います。また、下痢などお腹の調子が悪い時にのませるのがいいと思います。

りんごジュースや野菜ジュースは、我が家もジュースに記入されている飲んでもいい月齢がくると、時々飲ませていました。毎日毎日飲ませると癖になるので、グズったら困るというここぞという時に飲ませていました。

多くのジュースには添加物や糖分の高いものがありますので、りんごやオレンジなどの果物を絞って、白湯で薄めてのませるのが安心かなぁとも思います。

りんごは胃や腸への負担が少なく、ビタミンも食物繊維も含まれています。オレンジは酸味があるので苦手な赤ちゃんも多いかもしれません。

子どもにジュースを飲ませるポイントや気をつけたい点は?

できるだけ1歳になるまでは無理に飲ませる必要はないと思います。しかし赤ちゃんの気分転換にもなるし、出かけ先で困ったときに活用できるのは親としても大変ありがたいことです。

ミルクを飲んでる赤ちゃんなら、ミルクはあげやすいですが、母乳を授乳しているとなかなかどこでもあげるわけにはいきません。まして、母乳を授乳されている赤ちゃんの多くは哺乳瓶を嫌がります。

しかし哺乳瓶の中にジュースが入っていれば飲んでくれると思いますので、時と場合で活用するべきだと思います

飲ませるときは出来るだけ糖分の少ない、添加物の少ないジュースを飲ませるといいと思います。

アクアライトは熱が出た時、汗をたくさんかいたとき、下痢をして水分をとらないといけないときだけにして、日頃からはあまり与えないほうがいいと思います。

歯が生えていなくても、赤ちゃんの頃から甘いジュースを飲んでいれば虫歯の原因となります

炭酸飲料はいつから飲ませても大丈夫?

炭酸飲料は周りの大人が飲んでたり、上の兄弟が飲んでいると、割と早い段階で飲み始めるお子様も多いと思います。ほとんどの炭酸飲料は水と、糖分がたくさん入っています。

また炭酸というものは、お腹が膨らむため、ゴハンの前などに飲むとゴハンを食べなくなることもあります

出来るだけ飲まないに越したことはありませんが、毎日生活する中で全く飲まないというのは難しいと思います。

たくさん飲むのは良くないですが、「これだけ」という量を決めて、「おやつの時間だけ」など、理解出来る年齢、約束が守れる年齢になれば、飲ませ始めても大丈夫だと思います

しかし下のお子様は上の兄弟が飲んでたりすると、一歳半など小さい月齢から飲むこともあると思います。実際に我が家は一番上の子は飲み始めるのは遅かったですが、下の子供たちは一歳半を過ぎれば平気で飲んでいました。

適度にジュースで果汁を補充しよう

ジュースは飲んだらダメ!というのは、子供には難しいところがあると思います。自宅では飲まないようにできても、出先で、友達の家で、となれば、ジュースを飲む機会は増えてきます。

ダメダメという躾をしても、自分もお子様もストレスがたまると思うので、おやつの時間だけなど決めて、寝る前はしっかり歯磨き、仕上げの歯磨きをするという約束を決めて、しっかりとした生活習慣が整えば大丈夫だと思います。

出来るだけお茶で水分補給し、おやつの時はジュースと割り切ればお互いわかりやすいと思います

  関連記事

1歳10ヵ月の平均身長・体重はどのくらい?平均より大きい、小さい時はどうすればいい?

平均値よりも小さすぎるor大きすぎる!と悩むママへ… これまでの“赤ちゃん体型” …

伝染性膿痂疹(とびひ)とは?治療法や注意点を紹介!

伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)というと聞いたことがない方が多いかもしれま …

ヘルパンギーナは普通の風邪と一味違う!その症状と治療方法とは?

乳幼児を中心に流行する「ヘルパンギーナ」という病気をご存知ですか?いかにも毒々し …

1歳でも花粉症は発症するの?その場合の対処法は?

これまではシーズンを2回経験していない1歳未満であれば、花粉症を発症することはな …

「小児気管支喘息」ってどんな病気?治療と環境整備で元気な毎日を過ごそう!

子どもの病気でよく耳にする「気管支喘息」。誰にでもおこりうる病気であり、「うちの …

気になる赤ちゃんのいびき!その原因と対処方法は?

睡眠障害につながる睡眠時無呼吸症候群にはご注意を! 赤ちゃんがいびきをかくのをは …

シュタイフってテディベアだけでなく子供服も人気って本当?価格やおすすめのものは?

出典:シュタイフ   シュタイフと聞くと、テディベアを連想する人が多い …

子育て中のイライラ…どう対策を取るべきか?

毎日にこにこ接せればいいのですがイライラしてしまうこともありますよね 子育てにイ …

子供の一人遊びって実はメリットがたくさんある!?子供の一人遊びの進め方とは?

子どもの一人遊びにはいろいろな考え方があるようですが、おすすめできることがたくさ …

ストックアイテムで楽チン!1歳2ヵ月向けの離乳食レシピ

冷凍アイテムを生かした離乳食作り!簡単レシピを覚えておけば慌てない 新米ママは、 …