ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもだけでなく大人でもかかる!プール熱(咽頭結膜熱)のこと

   

夏場に流行する風邪の一つに、プール熱(咽頭結膜熱)があります。幼稚園や小学校では、夏にプール学習を行うことが多く、それがきっかけで流行するのは事実ですが、かかるのは子どもだけではありません。

感染力が強いので、大人にもうつることがあります。そこで今回は、プール熱(咽頭結膜熱)とは何か、その感染経路と症状、かかったら登園や登校が停止になるのか、治療方法などについて、お話しします。

夏にはプール熱(咽頭結膜熱)にかからないよう、感染予防を心がけましょう。

プール熱(咽頭結膜熱)って何?感染経路は?

プール熱(咽頭結膜熱)とは、アデノウイルスによる感染症のことをいいます。幼児から学童期の子どもがかかることが多く、毎年6月になると流行を始め、7~8月にそのピークを迎えます。

プール熱(咽頭結膜熱)にかかった子どもの唾液や鼻水、目やに、便などが感染源となります

その経路は、感染者の咳やくしゃみによる飛沫感染のほか、手指による接触感染、感染者が使用したタオルに触れる、消毒が十分に行われていないプールの水が目に入る、飲み込んでしまうなどの理由で、目の結膜や上気道に感染します。

アデノウイルスの潜伏期間は、5~7日程度なので、幼稚園や小学校で感染者が出たときには、すでに感染が拡大していることも少なくありません。

プール熱(咽頭結膜熱)の症状は?登園停止になるの?

プール熱(咽頭結膜熱)に感染すると、まず喉が腫れて、痛みを感じるようになります。39度以上の高熱が4~5日続くほか、目の痛みやかゆみを訴え、結膜炎になります。

また、幼児の場合、まぶしがったり、涙が出ることもあります。さらに、リンパの腫れや腹痛を伴う下痢がおこることもあります。

プール熱(咽頭結膜熱)は、学校保健法で第2種伝染病に指定されているので、かかると登園並びに登校が停止になります。熱が下がって、喉の痛みもなくなり、ふつうに食事ができるようになって、2日を経過したら、再び登園や登校ができます。

プール熱(咽頭結膜熱)が原因での発熱は、長くても1週間ほどで下がるのが普通です。ですが、症状がなくなっても、その後2週間は唾液や便に、アデノウイルスが含まれているので、感染予防は欠かさないようにしましょう

プール熱(咽頭結膜熱)の治療方法は?

アデノウイルスのみならず、ウイルスを根治するための治療方法は、現代の医学では見つかっていません。そのため、発熱や喉の痛み、下痢などの症状を和らげるための対症療法が行われるだけです。

喉が腫れて痛みを伴っていると、食事を摂りにくいので、ゼリーやプリン、おかゆなど、喉越しのよいものを食べさせてあげましょう。

また、幼児の場合は、発熱による脱水症状に注意する必要があります。白湯や常温の幼児向けイオン飲料など、身体に負担のかからない飲みものを、こまめに飲ませてあげましょう。

また、家族の誰かがプール熱(咽頭結膜熱)を発症したら、寝具やタオル、食器などは共用しないように徹底してください。それが、家族への感染拡大を防ぐ方法です。

プール熱(咽頭結膜熱)は予防を心がけよう!

プール熱(咽頭結膜熱)は、かからないように予防するのが一番です。幼稚園や小学校でプール学習があるとき、お友だちとタオルを共用しないように、お子さんにしっかり言い聞かせましょう。

また、外でも家でもこまめに手洗いとうがいをするのが鉄則です。特に、トイレの後には石けんを使って手を洗うのが基本です

また、アデノウイルスにはどこで触れているかわかりません。そのため、目をこする、触るのも避けた方が無難です。目やにをとるときも、ティッシュで拭うように心がけましょう

  関連記事

1歳6ヵ月は精神的にも発達し幼児へと変わる時期!

足腰が発達してくるので昼間にしっかり身体を動かしてあげよう 1歳6ヵ月頃は、幼児 …

手足が真っ赤になるしもやけ、その治し方や予防法を教えて!

子どもは遊びに夢中になると、自分の身体のことを気にしなくなるものです。そして、冬 …

1歳10ヵ月の赤ちゃんの発熱!対処法はどうしたらいい?

1歳10ヵ月の赤ちゃんが熱を出した際の対処法や、ママが気をつけるポイント、病院へ …

赤ちゃんが言葉の意味を理解するのはいつ頃?

赤ちゃんが周囲の働きかけに対して、笑い声をあげるなどの反応を始めるのは、生後3ヵ …

軽度発達障害の見分け方や特徴は?放置は二次障害の恐れも

子育て中に自分の子どもの発達が遅れているように感じたり、問題行動かと思うようなこ …

育児休業給付金をもらえる条件って何?育休中は延長できるの?

育児休業給付金とは、子どもが1歳になる前日までの育児休業期間、取得するママもパパ …

赤ちゃんが歯磨きを嫌がる!うまく歯磨きをさせるコツや対策、注意した方がいいこととは?

歯ブラシを見せただけで泣いてしまう赤ちゃんもいれば、すんなり歯磨きをさせてもらえ …

ダニ・ハウスダストアレルギーから子どもを守る方法とは!?発生する原因や予防策を教えて

春から梅雨にかけて次第に増えていくことが予想されるお家のダニ ハウスダストですが …

どんな症状があったら自閉症を疑うの?気をつけてみておきたい特徴とは?

自閉症の症状をきちんと理解した上で、個性として伸ばしていける子育てを 1歳9カ月 …

1歳児がかかりやすい病気には、どんなものがあるの?

1歳を過ぎると、身体も丈夫になり、ある程度の免疫がついてくるものです。ですが、外 …