ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ダニ・ハウスダストアレルギーから子どもを守る方法とは!?発生する原因や予防策を教えて

   

春から梅雨にかけて次第に増えていくことが予想されるお家のダニ ハウスダストですが、春の季節掃除に一掃できればしてしまいたいものです。

冬季のあいだの日常的なお掃除でも取り除くことができないハウスダストが、この時期になると現れてきます。

その原因はペットの体毛、ペットフードの滓、髪の毛、ホコリなどいろいろです。子供がいると特に心配になるものです。そこでこれからの季節に向けて、ハウスダスト対策についてご紹介します。

ダニ・ハウスダストアレルギーの原因となっているものは?

そもそも、ダニ ハウスダストアレルギーの原因とされるものについてあげてみます。

カーペット、布団に潜むダニ

髪の毛やペットの体毛を餌として増殖するヒョウダニが代表的です。

フケや人の代謝物

人間は代謝を繰り返しているので、フケや皮膚からとしてタンパク質がはがれ落ちています。

水周りのカビ

浴室や洗面所のカビが原因となることもあります。カビは湿度が高いと繁殖地になるため、使用後の浴室の換気に注意する必要があります。

スギやブタクサの花粉

春になると患う人も多い花粉が家の中へ入りこむとハウスダストの原因になります。意外とみじかなものが原因のハウスダスト、症状が現れる前に除去したいものです。

ダニ・ハウスダストアレルギーの症状とは?

ダニ ハウスダストにおかされたら、どのような症状が現れるのでしょう。自宅に居ながらも、おおむね以下のような症状が見られるようになります。

アレルギー性鼻炎

連続的なくしゃみ、鼻水症状は、花粉症にも似ています。

アレルギー性結膜炎

目の充血、かゆみの症状が花粉症にも似ています。

アトピー性皮膚炎

皮膚に痒みと炎症がおきる症状です。痒いからといい、かいてしまうと患部がただれてジュクジュクします。

気管支炎、気管支喘息喘息

気管支の粘膜に炎症がおこる症状です。呼吸困難の症状が現れます。

想像するだけで辛そうな症状ですが、春先からこのような症状が現れたら真っ先に花粉症を疑う人が大多数にのぼると思います。

しかし、ダニ・ハウスダストの対策も、花粉症対策のようにマスクをつけたり、手洗い、うがいの実行で足りるのでしょうか

ダニ・ハウスダからスト子どもを守る方法は?

春先から梅雨にかけてのダニ ハウスダストアレルギーから子供たちを守るためには色々と対策が必要になります。家の中でどのような準備を行えばよいのでしょうか。

  • 衣類などから家の中へ屋外の花粉を持ち込まないようにする。
  • 部屋の換気の実行、こまめなお掃除
    (ホコリは日中に部屋の空気中で漂うものです。出来るだけ夕方から夜間にかけて、ホコリが床に落ちている時間帯に静かに部屋のホコリを掃除します。)
  • ペットの飼育環境及び接し方をかえる
    (春にかけて、ペットとの距離をあけてみることも大切な予防方法です。)
  • 高温多湿にならないように湿気取りや空調を使用する。
  • 手洗いとともに、うがいをさせる。
  • マスクの愛用でホコリを吸わないように工夫する。
  • 空気清浄機を利用する。

いずれにしても、住環境を整えることに焦点が当てられそうです。

ダニ・ハウスダストアレルギーを発症してしまった場合の対策法は?

ダニ ハウスダストアレルギーを発症した場合、重篤な症状であれば医師の診断を仰ぐことが重要です。順に対応方法を記していきます。

環境の改善および環境の移動を心がける。

出来るだけ、ダニ ハウスダストの原因物質を取り除くことが望ましいですが、症状が酷い場合には環境をかえることも視野にいれます。

症状と原因の把握をおこなう。

アレルギーの症状と原因の把握をします。

市販薬で様子をみる。

軽めの症状なら、目薬などの市販薬で経過を見ることも

クリニックで専門医の診察をうける。

眼科、皮膚科、内科、アレルギー科に相談します。

医師による適切な治療をうける。

辛い症状を我慢するよりも、早急に医師に相談することも大事なことです。誰でも絶対に避けたい ダニ ハウスダスト アレルギーですが、子供の環境にはとくに気をつけてあげましょう。

子どもをダニやハウスダストから守ろう

大人よりも比較的身長の低い子供は、室内のホコリをついつい吸ってしまいやすくなります。また子供は、騒ぎだすとホコリをたててしまいます。

子供への影響を懸念して予防する方法は、こまめなお掃除に限るのです。春は一年のうちでも大掃除の季節にあたります。気候も暖かく掃除にはもってこいの気候も揃います。

日頃では決して手間をかけることのない家の中の細かい場所や、高い天井なども、この時期にお掃除してみてはいかがでしょうか

  関連記事

えごま油はアトピーに効果的って本当?効果的な使用方法と注意点とは?

お肌がかさかさして強いかゆみの症状が出る慢性的な湿疹である「アトピー性皮膚炎」。 …

1歳9カ月での夜泣きって大丈夫?原因は?

成長の一過程、眠りやすいリズムや習慣を作って乗り切ろう! 身体がしっかりしてきて …

虫刺されが悪化?小児ストロフルスってどんなもの?

お子さんが蚊に刺された後に、赤く大きく腫れていることはありませんか?それは小児ス …

子供にノロウィルスの症状が出た場合の注意点とは?

秋から冬にかけて流行する病気の一つに、「ノロウィルス」があります。乳幼児や高齢者 …

乳幼児に見られる睡眠障害「夜驚症」の原因と対策

深夜に突然、子どもが叫び出して驚いたことがあるママやパパは、案外多いのではないで …

シュタイフってテディベアだけでなく子供服も人気って本当?価格やおすすめのものは?

出典:シュタイフ   シュタイフと聞くと、テディベアを連想する人が多い …

1歳8ヵ月の赤ちゃんに急に熱が出た時に考えられる原因と対処法とは?

発熱は慌てずに対策を!代表的な熱の出る病気をご紹介します 赤ちゃんが急に熱を出し …

赤ちゃんの歯ぎしりは歯の使い方を覚える成長過程の一つ

気分転換で歯ぎしりを回避しよう!  赤ちゃんの歯が生えると、それまでとは違う子ど …

1歳6ヵ月は精神的にも発達し幼児へと変わる時期!

足腰が発達してくるので昼間にしっかり身体を動かしてあげよう 1歳6ヵ月頃は、幼児 …

1~1歳半のしつけって、どうしたらいい?そのポイントと注意点は?

子どものしつけは、乳児期である0歳児から始まっています。そのころは、生活リズムを …