ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

シュタイフってテディベアだけでなく子供服も人気って本当?価格やおすすめのものは?

   

 
シュタイフと聞くと、テディベアを連想する人が多いのではないでしょうか。シュタイフのテディベアを、出産祝いに贈ると、喜ばれそうです。

ですが、シュタイフでは子供服も製造・販売しており、人気が高まっています。東京の表参道に、「シュタイフ青山ブティック」ができたほどです。

そこで今回は、シュタイフの子供服の特徴や人気商品、価格や安く購入する方法について、お話しします。我が子に可愛い洋服を着せたいと思っているママは、一度チェックしてみてくださいね。

ドイツで大人気!シュタイフの子供服

シュタイフといえば、世界で初めてぬいぐるみを製造・販売した老舗メーカーです。そのため、シュタイフのテディベアには、なかなか手が届かないという人も数多くいます。

そのシュタイフの子供服が、ドイツでは大人気なのです。ベビーからキッズまで、さまざまなサイズ展開を行っているのはもちろん、洋服だけでなく、帽子やマフラー、手袋といった小物や水着まで、多彩な商品展開を行っています

生地もしっかりしているので、何度も洗って着せることができます。パーカーやニットについているジッパーにも、テディベアがあしらわれており、シュタイフ好きのママには見逃せない可愛さです。

ドイツ製とは思えない、可愛い子供服がたくさん用意されています。

シュタイフで人気の子供服とは?

シュタイフの子供服で人気なのは、テディベアがワンポイント入っているシリーズです。当然子供服でも、テディベアの耳にはタグが付いています。

サイズは50~116cmで展開されているので、男の子も女の子も、小さいうちはテディベアが付いた子供服を着せてあげると、とても可愛いです。

ですが、ある程度子どもが大きくなってくると、テディベアのデザインが子供っぽく見えるというママやパパもいそうです。そうなったときに人気があるのが、ウマの入った子供服です。

黒やグレーを基調とした子供服にウマのワンポイントがあしらわれており、オシャレなデザインとなっています。もちろん、そのほかのカラーバリエーションも楽しめます。

また、ボーダーや無地の子供服だけでなく、女の子向けに花柄のシリーズも用意されています

価格はどれくらい?安く購入する方法は?

シュタイフの子供服が可愛いのはわかったものの、気になるのはその価格のはずです。

シュタイフの子供服は、1着で1万円を超えるものも多く、普段着として購入するのが難しいという家庭も多いようです。そのため、出産祝いとしてシュタイフの子供服を贈る人が多いのです。

シュタイフの子供服を購入したい場合は、青山の専門店のほか、松坂屋名古屋店、あべのハルカス近鉄本店など、さまざまな店舗があるので、近いところを探していくとよいでしょう。

ですが、専門店の場合は、ドイツから輸入していることもあり、価格が割高になることは否定できません。少しでも安く購入したいなら、シュタイフの子供服を個人輸入するという方法もあります。ぜひ、検討してみてください。

出産祝いの贈り物にもピッタリ!

シュタイフの子供服の価格は安いとはいえませんが、デザインが可愛く、着心地がよくて、何より丈夫です。大切な友だちへの出産祝いとして贈ると、きっと喜ばれるはずです。

また、もともとテディベア好きなママにとっては、可愛くてたまらないデザインが魅力です。子供服以外にも、スタイやTシャツ、パンツなども販売されているので、無理のない範囲で購入してみるのも良いかもしれません

セレクトショップで取り扱っているところも多いので、購入前にその質感を確かめて、納得したものを選んで、可愛い我が子に着せてあげてくださいね。

  関連記事

昼寝は絶対に必要?1歳7ヵ月の赤ちゃんが寝てくれない場合の対策とは?

赤ちゃんにとって睡眠は大切なもの!でも寝てくれない場合はどうすればいい? 1歳7 …

腫れてはいない。でも痛くて手が上がらない!赤ちゃんから幼児に多い小児肘内障

子どもが肘の痛みを訴えてきた。みたところ腫れているわけでもないし、傷もない。こう …

川崎病のアスピリン治療はいつまで続けるの?その効果と副作用は?

幼児がかかることの多い原因不明の病気の一つに、「川崎病」があります。現代の医学で …

1歳7ヵ月の赤ちゃんが癇癪(かんしゃく)をおこしてしまう原因は?対策はどうしたらいい?

一度癇癪をおこしてしまうと手が付けられなくなる…そんな時の対策とは 1歳7ヵ月は …

育児休暇を取った後、復帰せずに退職することはできるの?

出産後は復帰するつもりで育児休暇を取ったものの、諸般の事情でそれが難しくなったり …

女の子の赤ちゃんに似合う素敵なヘアスタイル

赤ちゃんの服や髪型などを考えるのは、子育ての楽しみの一つではないでしょうか。 産 …

乳幼児に見られる睡眠障害「夜驚症」の原因と対策

深夜に突然、子どもが叫び出して驚いたことがあるママやパパは、案外多いのではないで …

集中力がない子どもが増えている!その原因と改善法は?

子どもが一人で遊べるようになると、ママも1日の中で自分の時間がつくりやすくなりま …

赤ちゃんが一人遊びをしない場合や一人遊びしすぎる時の注意点は?

一人遊びばかりしていると自閉症の可能性がある? 1歳7ヵ月になると一人遊びをする …

MR(麻疹・風疹混合)ワクチンの予防接種は受けるべき?その効果と副作用は?

母子手帳の予防接種の欄をみると、さまざまな種類が載っています。 日本では、乳幼児 …