ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

シュタイフってテディベアだけでなく子供服も人気って本当?価格やおすすめのものは?

   

 
シュタイフと聞くと、テディベアを連想する人が多いのではないでしょうか。シュタイフのテディベアを、出産祝いに贈ると、喜ばれそうです。

ですが、シュタイフでは子供服も製造・販売しており、人気が高まっています。東京の表参道に、「シュタイフ青山ブティック」ができたほどです。

そこで今回は、シュタイフの子供服の特徴や人気商品、価格や安く購入する方法について、お話しします。我が子に可愛い洋服を着せたいと思っているママは、一度チェックしてみてくださいね。

ドイツで大人気!シュタイフの子供服

シュタイフといえば、世界で初めてぬいぐるみを製造・販売した老舗メーカーです。そのため、シュタイフのテディベアには、なかなか手が届かないという人も数多くいます。

そのシュタイフの子供服が、ドイツでは大人気なのです。ベビーからキッズまで、さまざまなサイズ展開を行っているのはもちろん、洋服だけでなく、帽子やマフラー、手袋といった小物や水着まで、多彩な商品展開を行っています

生地もしっかりしているので、何度も洗って着せることができます。パーカーやニットについているジッパーにも、テディベアがあしらわれており、シュタイフ好きのママには見逃せない可愛さです。

ドイツ製とは思えない、可愛い子供服がたくさん用意されています。

シュタイフで人気の子供服とは?

シュタイフの子供服で人気なのは、テディベアがワンポイント入っているシリーズです。当然子供服でも、テディベアの耳にはタグが付いています。

サイズは50~116cmで展開されているので、男の子も女の子も、小さいうちはテディベアが付いた子供服を着せてあげると、とても可愛いです。

ですが、ある程度子どもが大きくなってくると、テディベアのデザインが子供っぽく見えるというママやパパもいそうです。そうなったときに人気があるのが、ウマの入った子供服です。

黒やグレーを基調とした子供服にウマのワンポイントがあしらわれており、オシャレなデザインとなっています。もちろん、そのほかのカラーバリエーションも楽しめます。

また、ボーダーや無地の子供服だけでなく、女の子向けに花柄のシリーズも用意されています

価格はどれくらい?安く購入する方法は?

シュタイフの子供服が可愛いのはわかったものの、気になるのはその価格のはずです。

シュタイフの子供服は、1着で1万円を超えるものも多く、普段着として購入するのが難しいという家庭も多いようです。そのため、出産祝いとしてシュタイフの子供服を贈る人が多いのです。

シュタイフの子供服を購入したい場合は、青山の専門店のほか、松坂屋名古屋店、あべのハルカス近鉄本店など、さまざまな店舗があるので、近いところを探していくとよいでしょう。

ですが、専門店の場合は、ドイツから輸入していることもあり、価格が割高になることは否定できません。少しでも安く購入したいなら、シュタイフの子供服を個人輸入するという方法もあります。ぜひ、検討してみてください。

出産祝いの贈り物にもピッタリ!

シュタイフの子供服の価格は安いとはいえませんが、デザインが可愛く、着心地がよくて、何より丈夫です。大切な友だちへの出産祝いとして贈ると、きっと喜ばれるはずです。

また、もともとテディベア好きなママにとっては、可愛くてたまらないデザインが魅力です。子供服以外にも、スタイやTシャツ、パンツなども販売されているので、無理のない範囲で購入してみるのも良いかもしれません

セレクトショップで取り扱っているところも多いので、購入前にその質感を確かめて、納得したものを選んで、可愛い我が子に着せてあげてくださいね。

  関連記事

伝染性膿痂疹(とびひ)とは?治療法や注意点を紹介!

伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)というと聞いたことがない方が多いかもしれま …

乳児が発症する「幼児自慰」という病気はどんなもの?その原因と治療法とは?

子供が自慰行為をしているのを知ってしまい、ショックを受けてしまったことはありませ …

1歳10ヵ月の赤ちゃんの食事量はどのくらい?椅子に座って食べてくれない時はどうしたらいい?

食べる内容や量、“椅子に座ってくれない問題”の対処法を紹介します 自分でやってみ …

溶連菌への感染が発疹の原因かも!?原因と治療法を知っておこう!

子どもが感染しやすい菌に、「溶連菌」があります。実際には、免疫力が下がると大人で …

1歳の誕生日を思い出の詰まった一日にするポイント!

どうやって祝おう?はじめての誕生日! 1歳のお誕生日、おめでとうございます。赤ち …

ママのストレスマックス!どうする?1歳10ヵ月の赤ちゃんへのしつけ

1歳10ヵ月の赤ちゃんへ行うしつけについてお話しします 1歳10ヵ月をむかえ、イ …

乳幼児に見られる睡眠障害「夜驚症」の原因と対策

深夜に突然、子どもが叫び出して驚いたことがあるママやパパは、案外多いのではないで …

歯が生えてなくても歯磨きしよう!「ガーゼ歯磨き」でお口のケアデビュー!

赤ちゃんに歯が生え始めると気になるのが「虫歯」です。数本しか生えていない歯でも、 …

赤ちゃんの粉ミルク缶を捨てずにリメイク!おもちゃをつくる方法とは?

赤ちゃんに粉ミルクを飲ませていると、不要な粉ミルク缶がたくさん出るはずです。そし …

赤ちゃんのヘアピンはいつからつけて大丈夫?選び方と注意点は?

女の子が産まれると、洋服やスタイなど、可愛いものを着せたいと思うママが多いことで …