ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもの写真をキレイに摂りたいママにおすすめ!ハイエンドコンデジとは?

   

初めて出産をすると、新生児が日に日に表情や顔が変わっていくことに、驚きを覚えるママやパパがたくさんいます。

最初はスマートフォンで撮影し、何度も見返しているものの、その姿を残すために、デジカメの購入を検討し始める家庭が多いのです。我が子を撮るからには、やはり性能のよいカメラを選びたくなりますよね。そんなときにおすすめなのが、「ハイエンドコンデジ」です。

そこで今回は、ハイエンドコンデジとは何か、どんな特徴があるのか、その機能と値段の相場について、お話しします。

ハイエンドコンデジって何?どんな特徴があるの?

ハイエンドコンデジとは、ハイレベルなコンパクトデジタルカメラのことをいます。コンパクトデジタルカメラにも関わらず、カメラに搭載されているレンズセンサーが大きく、光が少ない場所でも、細かいところまでキレイに撮影できるという特徴があります。

そして、ハイエンドコンデジは一眼レフカメラ並みに、絞り値を調整することができます。そのため、絞り値を小さくして子どもにピントを合わせると、簡単に背景をぼかすことができ、味のある写真に仕上がるのです。

このハイエンドコンデジは、カメラの知識がない初心者でも扱いやすく、スマートフォンでは撮れないようなキレイな仕上がりを実現できます。また、持ち運びに便利なコンパクトサイズであることも、魅力の一つです。

ハイエンドコンデジで注目すべき機能は?

では、ハイエンドコンデジを購入するにあたり、どんな機能に着目すべきなのでしょうか。

まず「画質」です。撮像素子と呼ばれる画像センサーが大きければ大きいほど、高画質な写真がとれます。CMOSセンサーやCCDセンサーが、フルサイズあるいはAPS-Cになっているものがおすすめです。

そして、有効画素数です。有効画素数が高ければ、高精細な画像が撮影できますが、画像センサーとのバランスが重要です。

そして、ISO感度です。これは、デジカメが光をとらえる能力を、数値で表しているものです。ISO感度の数値が高くなると、シャッタースピードも上がります。暗い室内で撮影することが多い場合は、ISO感度が高いものがよいでしょう

このほかにも、手ぶれ補正やシーン撮影、通信機能などがついているものがあるので、用途に合わせて選択しましょう。

ハイエンドコンデジのおすすめは?値段の相場は?

Canon PowerShot G7 X

ハイエンドコンデジの中でも人気が高いものに、「Canon PowerShot G7 X」があります。

大口径のズームレンズを搭載し、撮影モードも豊富なので、いろいろな写真を撮ることができます。ボディもスリムなので、持ち運びに便利なことも人気の理由で、価格は58,000円(税込み)となっています。

Panasonic LUMIX DMC-LX100

次に人気なのは、「Panasonic LUMIX DMC-LX100」です。

ハイエンドコンデジでは初めて、4/3型MOSセンサーを採用しています。操作が簡単なのに、4K動画も撮影でき、切り出し静止画も楽しむことができます。有効画素数はそれほど高くありませんが、レンズの性能がよいと評判です。価格は63,046円(税込み)となっています。

Nikon COOLPIX P900

このほかにも、コンパクトなのに超望遠の撮影もできる「Nikon COOLPIX P900」(59,800円税込み)などもおすすめです。

目的に合わせてハイエンドコンデジを選ぼう!

ハイエンドコンデジと一口にいっても、製造メーカーによって機能が異なります。また、重量やどこで撮影することが多いかによっても、選ぶ基準が変わりそうです。

1~2万円で変えるコンパクトデジタルカメラとは違い、ハイエンドコンデジは値段もそれなりなので、購入にあたっては重視する機能をきちんと検討することをおすすめします

また、当面は子どもの撮影が多くても、その後に風景や料理の写真を撮りたいなど、別な用途が出てくる可能性もあります。SNS好きのママやパパは、その点も踏まえて、ハイエンドコンデジを選んでくださいね。

  関連記事

男の子の赤ちゃんに似合う素敵なヘアスタイル

産まれて間もないころは短かった赤ちゃんの髪の毛も、だんだんフサフサになって「髪型 …

熱性けいれんは重病なの?原因と対処法は?

子どもを育てていると、突然、予想外の事態に陥ることが少なくありません。「熱性けい …

食事の好き嫌いが多い!1歳7ヵ月の赤ちゃんの好き嫌いを治す方法とは?

たくさん好き嫌いがあると偏食になってしまうのではないかと不安… 1歳7ヵ月という …

1歳の子供がアトピー性皮膚炎になる原因と対処法とは?

現在の日本では、乳幼児から学童期までの子供のうち、10人に1人がアトピー性皮膚炎 …

女の子の赤ちゃんに似合う素敵なヘアスタイル

赤ちゃんの服や髪型などを考えるのは、子育ての楽しみの一つではないでしょうか。 産 …

成長過程で感じる違和感…もしかしたら発達障害かも!?

発達障害とは?症状を知って早めに対策を 1歳6ヵ月検診時に発語の遅れが指摘される …

軽度発達障害の見分け方や特徴は?放置は二次障害の恐れも

子育て中に自分の子どもの発達が遅れているように感じたり、問題行動かと思うようなこ …

自閉症スペクトラムの診断基準とは?ASDの特徴や対策詳細

赤ちゃんの成長は一人一人同じではなく、大きな個人差があります。だからこそ周りの赤 …

集中力がない子どもが増えている!その原因と改善法は?

子どもが一人で遊べるようになると、ママも1日の中で自分の時間がつくりやすくなりま …

霰粒腫(さんりゅうしゅ)ってどんな病気?どうやって対処したらいいの?

「ものもらい」とは、まぶたが腫れてしまい、なにかできものができたりする状態のこと …