ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもの歯ぎしりは歳によって治し方が変化する!?年齢別の歯ぎしり改善方法とは?

   

就寝中、暗闇で大人の歯ぎしりを聞いただけでも、ちょっと不快な気持ちになりますよね。それが、小さなわが子まで始めたらどうでしょう。

ビックリすると同時に不安に陥りますよね。

大人がする行為だと思い込んでいたりすると、初めて聞いた時の衝撃は大きいものです。

ですが、歯ぎしりは実は小さい子供には多く見られる行為だったのです。

とはいえ、まだ小さい乳歯なのに、こんなに歯ぎしりしてしまって大丈夫なの?と不安は拭いきれません。どうして子供が歯ぎしりをするのかその仕組みを理解しておけば、安心するはずです。

また、逆に心配な歯ぎしりはどういったものなのか知っておくことが大事です。

歯ぎしりとは?種類があるって本当?

寝静まったはずの静かな部屋に「ギリギリーッ」と響き渡る不気味な音。まだ小さなわが子からこんな音を聞いてしまったら、本当にショックですよね。

何が原因なの?すぐに歯医者さんに連れて行ってあげた方がいいの?と不安で仕方ありません。

歯ぎしりなんて、歯をこすり合わせた音でしょ?と思いこんでいる方も多いかもしれませんが、同じ歯ぎしりでも種類があるのです。

それは、大きく3つに分けられます。

グラインディング

1番よく耳にする歯ぎしりのタイプです。歯を噛み合わせた状態で、左右にギリギリと擦り合わせるタイプです。

ギリギリーッと、大きな音がするのが特徴ですが、中にはあまり音がしない子もいます。大人でも、実は無意識のうちに、多くの人がこの歯ぎしりをしていると言われるほどです。

クレンチング

奥歯に力を入れて、ギューッと食いしばるタイプです。

これは、音がしないことが多いので歯ぎしりそのものに気づかないこともあります。

タッピング

上下の歯をカチカチカチと噛み合わせるタイプです。

こちらもカチカチという音がするのが特徴です。

多くの人は①のタイプの歯ぎしりをしていると言われますが、わが子がどのタイプの歯ぎしりをしているのか、寝ている間にしっかりと確認してみましょう。

もし歯医者さんなどに行って相談する時に、わが子の歯ぎしりのタイプがわかっていると、対処法も変わってくるかもしれません。

年齢別で歯ぎしりの原因が変わる?

早い子では、1歳前後の赤ちゃんから歯ぎしりを始めるとも言われます。

1歳から始まり、6歳前後までの子供に多く見れらるようですが、小学生になっても歯ぎしりをする子もいます。

実は、子供は大人以上に歯ぎしりをしているのです。ですから、「子供」と呼ばれる期間に、ほとんどの人が歯ぎしりを経験しているものなのです。

とはいえ、1歳の赤ちゃんと小学生の子供がする歯ぎしりの原因は違います。年齢によって、どんなことが歯ぎしりの原因となっているのか、年代別に見てみましょう。

1歳~3歳くらいまで

乳歯が生え始め、人生初めての歯に、本人も慣れようとしている期間です。
歯で食物を噛むすりつぶすという行為を練習しているのが赤ちゃんの歯ぎしりの原因といわれています。

また、乳歯が歯茎から顔を出そうとする期間は歯茎がむず痒いので、就寝中に歯ぎしりしているともいわれます。

4歳~6歳くらいまで

このころには乳歯も生えそろい、次は永久歯への生え替わりの時期になります。

歯ぎしりが1番盛んな時期でもあります。

少しずつ生えてくる永久歯のために、無意識のうちに噛み合わせを調整しているのが、この時期の歯ぎしりの原因と言われます。

7歳以降

小学生になったころは、まだ完全に永久歯は生えそろっておらず、乳歯と永久歯が混在する状態です。

そのため、なおさら噛み合わせの調整が必要になり、歯ぎしりが続く子もたくさんいます。

顎の発達が盛んになってくる時期でもあるので、顎を鍛えるために知らず知らずのうちに歯ぎしりをしているとも言われます。

また、小学生になることで学校生活でのストレスも多少は関係しているともいえます。

子どもはどのくらいの割合で歯ぎしりを行ってしまうの?

子供は大人以上に歯ぎしりをしているものであることは先にお話しした通りですが、そのことを知って驚かれた人は多いでしょう。歯ぎしりは大人がするものだと思い込んでいた人にとっては、とても衝撃的な話ですよね。

ですが、そんな歯ぎしりが成長するための行為だとすれば、それも納得できます。

では、実際どれくらいの子供が歯ぎしりをしているのでしょうか。

10歳以下の子どもでは、実に3割~4割の子供たちが歯ぎしりを体験していると言われているそうです。

成人するまでの長い期間で見ると、約半分の子どもたちが歯ぎしりを体験しているとも言われています。すなわち、2人に1人の子どもが、大人になるまでに歯ぎしりをしているのです。

歯ぎしりは、子どもが大人になるまでの成長の段階大事な行為ともいえるのです。

過度に心配することなく、ゆっくりと見守ってあげましょう。

年齢別で予防策や改善策も変化してくる?

基本的に子供がする歯ぎしりは悪いものではないため、絶対に治療が必要ということではありません。

6歳までの小さな子が歯ぎしりをするのは、噛み合わせで歯並びを調整するためのものなので、自然な行為として見守っていいといえます。

ですが、歯ぎしりがひどく、歯がすり減ってしまうような場合や、歯や顎などの痛みを訴えるような時は、すぐに歯科医を受診することをお勧めします。

7歳以降の子で、永久歯がすべて生えそろっても歯ぎしりを続けている場合は、歯科医を受診して歯並びを見てもらった方がいいでしょう。

虫歯が原因で歯ぎしりをしている可能性もあります。

すべての年代の子供に言えることですが、ストレスや情緒不安定が歯ぎしりの原因となっていることもあります。

その場合、しっかりスキンシップコミュニケーションをとってあげてください。何か不安を感じているようなことがあれば、それを取り除いてあげることが必要です。

また、寝る前に気持ち良く眠れるよう、リラックスした雰囲気を作ってあげることも大事です。

特別な治療が必要なくとも、いつもの歯ぎしりの様子に変化がないか、常に観察しておくことは忘れないようにしましょう。

歯ぎしりは成長の証拠なので落ち着いて見守ってあげよう

初めてわが子の歯ぎしりを聞いたときは本当にびっくりしたことでしょう。ですが、基本的に問題のない行為だとわかり、少し安心したと思います。

多くの子供達が体験しているものだということも安心した要素の1つだと思います。多くの子供が体験するということは、歯ぎしりそのものは成長の証ともいえる行為です。

そう考えると、不安でしかなかった歯ぎしりも微笑ましく聞こえるかもしれません。しかし、すべてにおいて問題がないわけではありません。

治療が必要な場合もありますので、歯に異常が現れたり、いつもと様子が違う場合などは迷わず歯科医を受診しましょう。

  関連記事

伝染性膿痂疹(とびひ)とは?治療法や注意点を紹介!

伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)というと聞いたことがない方が多いかもしれま …

いうことを聞いてくれない!1歳6ヵ月のイヤイヤ期とは? 

イヤイヤはコミュニケーションを学ぶための心の成長! 1歳6ヵ月頃のお子さんは、自 …

日用品が子供に影響を与えるって本当なの?その影響は?

子供は成長の過程で、さまざまな日用品に触れます。その中には、子供の成長を促すもの …

はやり目(流行性角結膜炎)で出席停止?どんな症状がある?

流行性角結膜炎(はやり目)という目の病気をご存じでしょうか?夏に最もなりやすく、 …

「祝1歳」一升餅の由来と準備のポイント

一升餅の由来は?準備は? 1歳のお祝いには、“一升餅”という伝統的な行事がありま …

離乳食を食べてくれない理由は?生後12ヵ月からの味付けやレシピをご紹介!

0歳12ヵ月、離乳食完了期をむかえた赤ちゃんの食事について 0歳12ヵ月は栄養の …

まもなく1歳!12ヵ月の赤ちゃんの身長・体重について

乳児から幼児に変わる赤ちゃんの体つき 0歳12ヵ月を迎える赤ちゃんは、乳児という …

前歯が生え揃う頃が目安!1歳4ヵ月の赤ちゃんの歯医者デビュー

高濃度フッ素塗布で虫歯予防を 赤ちゃんのデンタルケアはいつから始めれば良いのでし …

昼寝は絶対に必要?1歳7ヵ月の赤ちゃんが寝てくれない場合の対策とは?

赤ちゃんにとって睡眠は大切なもの!でも寝てくれない場合はどうすればいい? 1歳7 …

ママのストレスマックス!どうする?1歳10ヵ月の赤ちゃんへのしつけ

1歳10ヵ月の赤ちゃんへ行うしつけについてお話しします 1歳10ヵ月をむかえ、イ …