ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

1歳8ヵ月の赤ちゃんに急に熱が出た時に考えられる原因と対処法とは?

   

発熱は慌てずに対策を!代表的な熱の出る病気をご紹介します

78bbda370b0b9e9fb2874c35e043c851_s

赤ちゃんが急に熱を出してしまうと心配ですよね。一口に発熱といっても様々な原因があります。中にはすぐに病院に連れていかなければならない症状もあるため、赤ちゃんの体温には常に気を配ってあげましょう。

まず、赤ちゃんの体温は大人に比べて高めで、午前中よりも午後の方が高いです。平熱が高めの子もいるため、普段の体温をチェックし、赤ちゃんの平熱を正しく把握しておいた方が発熱に気づきやすくなります。

ここでは知っておきたい1歳8ヵ月頃の発熱についてご紹介します。

発熱を伴う病気

突発性発疹

1歳未満の乳幼児に多い病気で、2~4日ほど高熱が続いた後にお腹や背中を中心とした全身に発疹が出ます。高熱や全身に広がる発疹に驚くママが多いですが、赤ちゃんは特に具合が悪そうにするわけでもなく、元気に過ごすことも多いです。

二度かかることはめったになく、ほとんどが1歳未満で経験する病気であるため、1歳8ヵ月になる前にこの病気を経験している場合はその他の病気も疑ってみましょう。勝手に突発性発疹だと判断するのではなく、熱がある時点で病院に行き診察を受けた方が良いです。

はしか

風邪と似たような症状が現れますが、熱が下がった後に再度高熱が出て全身に発疹が出ます。合併症などの危険性もあるため、できるだけかからないのが理想です。そのためには1歳になってから受けられる予防接種を受けておきましょう。

みずぼうそう

水ぶくれが全身にできる病気=みずぼうそうと考えがちですが、症状がそれほど重くなかった場合は発疹や熱も少ししか出ないことがあります。その一方で高熱が3日ほど続くこともあり、甘く見てはいけない病気です。人に移ってしまう病気でもあるので、予防接種も検討すると良いですね。

アデノウイルス

プール熱の原因ともなるウイルスで、4、5日高熱が続きます。症状が悪化すると重度の肺炎に繋がってしまうこともあるため、早めに病院を受診しましょう。頭痛や吐き気のほか、目が赤くなったり、下痢などの症状も現れます。

ヘルパンギーナ

夏風邪の一種で、発熱のほか、喉に水ぶくれが現れます。症状が表れているうちは痛みのために食事が喉を通らなくなってしまうこともあるので、やわらかいものを食べさせましょう。唾液を飲み込むのにも痛みを感じてしまうこともあるのですが、水分を摂らないと脱水症状に繋がってしまうこともあるので、少しずつでも水を飲ませることが大切です。

溶連菌感染症

喉に溶連菌という細菌が感染することによっておこる病気です。抗生物質を飲まなければならないため、症状が現れたらすぐに病院に行きましょう。症状としては、扁桃部分が腫れ、炎症をおこします。痛みもあるため、全身がだるくなり、頭痛や腹痛の他、筋肉痛を感じることも。また、発病直後は舌が白いコケに覆われたような状態となり、数日経つといちごのように赤くブツブツした状態になります。

インフルエンザ

冬に流行する病気で、風邪と間違えやすいので注意しましょう。特に体力のない赤ちゃんの場合は症状が悪化しやすいだけでなく、肺炎などに繋がってしまうこともあるため油断してはいけません。高熱のほか、咳、鼻水、喉の痛みなどが現れます。早めに病院を受診しましょう。

おたふくかぜ

頬が大きく腫れ、痛みの他、発熱があります。腫れは左右どちらか一方のみに現れることもあるので、片方しか腫れていないからといっておたふく風邪ではないと判断しないようにしましょう。予防接種を受けておくのがおすすめです。

発熱した時の対応

1歳8ヵ月頃の赤ちゃんが熱を出すことは珍しくないので、熱を出すたびに病院に行く必要はありません。仮にすぐに病院に行ったとしても病院側でも診断が下せないことも多いので、体調が悪いときに無理に病院に連れて行くのではなく、家でゆっくり寝かせてあげましょう。

ただ、発熱のほかに下痢や腹痛、頭痛など何らかの症状がある場合は受診することをおすすめします。多くのケースでは1日~2日で熱が下がるのですが、3日以上続く場合も診察を受けた方が良いです。元気がない場合はその他の症状がなくても病院に連れて行った方が良いでしょう。

発熱時は脱水症状がおきないように注意することが大切です。また、1歳8ヵ月の赤ちゃんも飲める解熱剤は決まっているため、よく確認した上で飲ませましょう。

熱が出ているということは、体がウイルスと戦っているということでもあるので、無理に下げる必要はありませんが、何日も高熱が続いて体力の消耗が激しい場合などには解熱剤を取り入れた方が少々落ち着くこともあります。この辺りの判断は素人ではなかなか難しいので、病院で診察を受けた方が安心です。

  関連記事

食事の好き嫌いが多い!1歳7ヵ月の赤ちゃんの好き嫌いを治す方法とは?

たくさん好き嫌いがあると偏食になってしまうのではないかと不安… 1歳7ヵ月という …

オールシーズン使える?赤ちゃんにはガーゼケットがおススメ!

肌触りがよく、赤ちゃんにやさしいイメージのガーゼ。ベビー用品のコーナーにはたくさ …

育児休暇を取った後、復帰せずに退職することはできるの?

出産後は復帰するつもりで育児休暇を取ったものの、諸般の事情でそれが難しくなったり …

はやり目(流行性角結膜炎)で出席停止?どんな症状がある?

流行性角結膜炎(はやり目)という目の病気をご存じでしょうか?夏に最もなりやすく、 …

出産前に知っておこう!新生児一過性多呼吸って何?後遺症は残る?

長い妊娠期間、そして出産を乗り越えてようやく出会えた赤ちゃん。ママは無事出産を乗 …

「何でもイヤイヤ!」1歳9ヵ月のイヤイヤ期の乗り越え方

イヤイヤ期は人間形成期!自分も通ってきた道に上手につきあおう 1歳9ヵ月になると …

子育て中に悩みやすいことは何?ストレス解消法は?

我が子の誕生は夫婦にとって最大の喜びですし、もともと子ども好きなママの中には、子 …

子どもだけでなく大人でもかかる!プール熱(咽頭結膜熱)のこと

夏場に流行する風邪の一つに、プール熱(咽頭結膜熱)があります。幼稚園や小学校では …

子どもがノロウィルスに感染したときの食事メニューはどうしたらいい?

ノロウィルスに感染した子どもには、腹痛や嘔吐、下痢などの症状があらわれ、食欲が減 …

赤ちゃんはどうしてティッシュ遊びをしたがるの?阻止する方法はないの?

お座りができるようになった赤ちゃんの前にティッシュボックスを置くと、どんどん中身 …