ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんに「こたつ」は危険!しっかり事故対策で安全な冬を過ごそう!

   

寒い冬は家の中でこたつに入ると、足元からぬくぬくで幸せなものです。冬に大活躍する「こたつ」ですが、実は子どもが使用することで事故がおこってしまう危険が潜んでいることをご存知でしょうか?

毎年冬場になると、こたつをはじめとする暖房器具による事故がおこっています。こたつやその他の暖房器具による危険性とその対策について知り、赤ちゃんと一緒に安全で快適な冬を過ごせるようにしましょう。

こたつは危険!?赤ちゃんが使用するときの危険性とは

冬になると活躍する「こたつ」ですが、一体どのような危険が潜んでいるのでしょうか。赤ちゃんがこたつを使用するときにおこりやすい事故について、いくつかご紹介します。

低温やけど

こたつの中の温度は、大人が「快適」と感じる温度に設定されることが多いですよね。一般的なこたつ内の温度は、低くても40℃前後、高く設定すると60℃を超える場合もあります。

人の皮膚は約45℃のこたつに1時間入り続けると、低温やけどをおこしてしまうと言われています。50℃以上ならば数分でやけどすることもあるそうです

大人であっても低温やけどの危険があるこたつ、皮膚が薄く繊細な子どもではもっと危険性が高まることが想像できるでしょう。

特に自分で動けない赤ちゃんでは、細心の注意が必要です。熱いと感じていてもこたつから出ることができないため、長時間こたつで寝せておくことは止めましょう

脱水症状

こたつは、想像よりも熱く汗ばんでしまうこともあります。大人であれば自分で水分摂取したり、こたつから出ることができますが、赤ちゃんや子どもは上手に調節することができません。

さらに冬は脱水状態になるイメージが少なく、水分摂取量が少ない傾向にあります。これらのことにより、子どもや特に乳幼児では、こたつに入っていたことで脱水症状を引きおこすことがあるのです。

窒息

赤ちゃんや子どもにとって、こたつはトンネルや隠れ家のように見え魅力的なものです。興味津々でこたつの中に潜り込む子も多いです。

しかし中に潜り込んだのはいいものの、出られなくなったりこたつ布団に巻き込まれてしまうこともあります。その結果として窒息してしまうこともあるので注意が必要です

転落

これは普段の机でも同じですが、赤ちゃんは高い所に興味を持ちやすく、机によじ登ることがあります。登った後に下を覗き込んだり、立ち上がったりすると机の上から転落することもあります。

これらの他にも、こたつのコンセントやコードで遊んで感電してしまう、子どもがスイッチを入れて消し忘れ火災がおこるなどの可能性もあります。こたつに関する死亡事故も毎年報告されているため、使用する際にはしっかりと対策を取っていきましょう

しっかり対策!事故を防ごう!

先にご紹介した通り、赤ちゃんがこたつを使用することには様々な危険が潜んでいます。お子さんが小さなうちは、こたつを使用しない、使用する場合には大人が近くにいる時にするなど工夫する必要があるでしょう。

どうしてもこたつを使用する場合には事故を防ぐために、以下のような対策をしておきましょう。

  • こたつの温度は低温、またはホットカーペットを付けてこたつを消す
  • 赤ちゃんをこたつに入れたままそばを離れない
  • こたつでお昼寝をさせない
  • 冬であっても定期的に水分補給をする
  • 天板からの転落やぶつかったときの怪我を防ぐために、天板の滑り止めシートや角の保護グッズを装着する
  • 電源コードを絨毯の下を通したり、コードの収納ボックスを使う
  • コンセントに触れられないようにカバーなどを使用する
  • 軽めのこたつ布団を使用する

事故を未然に防げるよう、ご家庭ごとに合った対策を考えてみて下さいね。

こたつ以外にも要注意!冬の暖房器具

こたつには多くの危険が潜んでいましたが、他にも冬の暖房器具には注意が必要な場合があります。

ホットカーペット

ほんのり温かいホットカーペットですが、長時間ホットカーペット上に寝ていると低温やけどを引きおこします。さらにその熱により発汗量が増え、こたつと同じように脱水症状をおこす可能性も考えられます。

赤ちゃんを寝せる時には、ホットカーペットに直接寝かせることは避けるようにしてくださいね。

電気式床暖房

電気式床暖房もホットカーペットと同様に、低温やけどや脱水症状がおこりやすくなります。床から温めると効率的で子育て中には大活躍しますが、赤ちゃんがずっと同じ場所でゴロンして過ごさないよう配慮しておきましょう。

ファンヒーター

ファンヒーターの吹き出し口は、とても高温で熱風が出ています。赤ちゃんが近づくだけでやけどしてしまう可能性もあります。やけどしなくても、ファンヒーター自体を倒してしまい、挟まれてしまう危険もあるので注意が必要です。

ベビーサークルで近づけないようにする、そもそも使わないなどの対策をとりましょう

ハロゲンヒーター

ハロゲンヒーターは、ファンヒーターに比べて安全なイメージがあり、大人が油断しがちです。しかし接触すればやけどをおこしかねません。

また倒してしまいそのままだと火事になることもあります。赤ちゃんが直接触れられないように工夫しておきましょう

上手に使おう!安全な暖房器具選びを!

いかがでしたか?寒い冬には欠かせない暖房器具には、大人には気付きにくい危険が多く潜んでいます。

ご自宅で使っている暖房器具がお子さんに与える危険性について考え、それに応じた対策を講じていってください。新たに購入する場合には、安全性の高い暖房器具を選択していきましょう。

子どもは大人が感じるほど、寒いと感じていない場合が多いです。必要以上に温めるのではなく、子どもの状態を見ながら「服」で調節していく方が好ましいかもしれませんね。

  関連記事

歯が生えてなくても歯磨きしよう!「ガーゼ歯磨き」でお口のケアデビュー!

赤ちゃんに歯が生え始めると気になるのが「虫歯」です。数本しか生えていない歯でも、 …

1歳1ヵ月の歩かない子供にピッタリな歩かせるための練習方法とは?

歩かせるコツを知ればパパもママも子育てが楽しくなる 子供がどんどん育つことは親に …

兄弟ができていないのに赤ちゃん返り!?その理由とは?

赤ちゃん返りはママへのメッセージやSOSかも? 食事や生活リズムが乳児とは違って …

霰粒腫(さんりゅうしゅ)ってどんな病気?どうやって対処したらいいの?

「ものもらい」とは、まぶたが腫れてしまい、なにかできものができたりする状態のこと …

熱性けいれんは重病なの?原因と対処法は?

子どもを育てていると、突然、予想外の事態に陥ることが少なくありません。「熱性けい …

遊びを交えて1歳4ヵ月の赤ちゃんがイヤイヤしない歯磨きをしよう!

歯磨きは虫歯予防と生活習慣の基本 赤ちゃんの乳歯が生えるスタートには、かなりのば …

川崎病のアスピリン治療はいつまで続けるの?その効果と副作用は?

幼児がかかることの多い原因不明の病気の一つに、「川崎病」があります。現代の医学で …

赤ちゃんが言葉の意味を理解するのはいつ頃?

赤ちゃんが周囲の働きかけに対して、笑い声をあげるなどの反応を始めるのは、生後3ヵ …

乳歯の生え変わりはいつから始まるの?生え変わる順番があるの?

赤ちゃんは生後6カ月を過ぎたあたりから、乳歯が生え始めます。そして、生え揃った乳 …

子どもが感染することが多いアデノウイルスとは?感染するとどうなる?

子どもがよくかかる病気に、「プール熱(咽頭結膜炎)」や「はやり目(流行性角結膜炎 …