ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

歯が生えてなくても歯磨きしよう!「ガーゼ歯磨き」でお口のケアデビュー!

   

赤ちゃんに歯が生え始めると気になるのが「虫歯」です。数本しか生えていない歯でも、虫歯になるリスクは十分にあります。しかし急に歯ブラシを口に入れると、大泣きしたり大暴れしてしまうことは避けられないでしょう。

そこで本格的に歯が生える前から、「歯磨き」の行為に慣れさせておく必要があります。歯ブラシを使った歯磨きの前に、役立つのが「ガーゼを使った歯磨き」です。

この方法を耳にしても、一体どうしたらよいのか疑問に思われる方も多いでしょう。そこで今回は、ガーゼ歯磨きを始める時期から具体的な方法、注意点まで詳しくご紹介していきます。

いつから始める?赤ちゃんの歯磨き

一般的な赤ちゃん用の歯ブラシを使った歯磨きは、赤ちゃんの歯が生え始める6か月頃から使用します。一方で「ガーゼ」を使った歯磨きは、歯が生えだす前から始めることをオススメしているようです。

なぜ歯が無いのに、歯磨きが必要なのでしょうか。それは口の中に「物」が入ることに慣れさせておくためです

今まで口の中に歯ブラシ等の「物」を入れたことが無い赤ちゃんに対して、急に歯ブラシで歯磨きをしようとすると痛みや恐怖を感じてしまうことがあります。

そこで登場するこのガーゼ歯磨きでは、ママやパパの指を使うため赤ちゃんが嫌がることが少なく口触りも柔らかです。初めて口に入れる「物」として抵抗なく使用できるので、ガーゼを巻いた指は最適なのです。

本格的な歯磨きが必要となる前から口に「物」が入ることに慣らしておけば、歯ブラシへの移行がスムーズに行えますよ。

歯ブラシorガーゼ!時期別のポイント!

歯が生える前まで

歯が生えるまでは授乳後にガーゼで歯磨きをします。ママの人差し指にガーゼを巻き、口の中を優しく拭ってください。

ママやパパの指であれば、口に入れても初めから嫌がらない赤ちゃんも多いようです。習慣化し、楽しく遊びながら歯磨きしてあげてくださいね

歯が生えてきたら

1本でも生えたら歯磨きを!と指導されることが多いと思います。赤ちゃんが嫌がらなければ、赤ちゃん用歯ブラシで磨いてあげてください。歯ブラシを嫌がるようであれば、ガーゼでしっかりと歯磨きしましょう。ゴシゴシ強く磨く必要はありません。優しく歯表面の汚れを落としてあげましょう

月齢の低い赤ちゃんは唾液が多く、虫歯になりにくいと言われています。それでも寝ている間は唾液量が減少し、虫歯菌が活発になると言われています。

とにかく「寝る前は必ず歯磨き、できれば毎食後も歯磨きする」のように最低1日1回の歯磨きを心がけてくださいね

歯磨き用ガーゼの選び方は?

歯磨きに使用するガーゼにはいくつかの種類があります。色々試してみて、赤ちゃんとママ・パパの使いやすいものを見つけてみましょう。

ガーゼ

歯磨きに使うガーゼは綿100%のものを選びましょう。あらかじめカットされているもの、巻きガーゼなどの形で販売されています。購入時は蛍光剤や消毒薬などが使われていないか確認してくださいね。小さめにカットし指に巻きつけ、水で軽く湿らせてから口の中を拭っていきます。

歯磨き用のシート

最近では個包装された歯磨きシートも市販されています。キシリトールや緑茶ポリフェノールなど配合で、無香料・無着色の物が多いです。赤ちゃんにも使用できるかどうか確認しておきましょう。

ガーゼ歯磨きのやり方

ガーゼで歯磨きをする方法をご紹介します。

  1. ママの足の間、もしくは膝の上に仰向けで寝かせる。
  2. 小さく切ったガーゼを湿らせ、人差し指に巻きつける。
  3. 歯を優しくつまむように表と裏を拭いていく。

ガーゼによる歯磨きの場合は嫌がらない赤ちゃんが多いので、授乳後や離乳食後、寝る前などに磨いてあげてください。もし難しい場合であっても、寝る前だけは必ず歯磨きするようにしましょう

また歯ブラシと違い、ガーゼ歯磨きは歯間の汚れが残りがちです。ガーゼ歯磨き+フロスなど、汚れをしっかり落とせるように工夫しましょう。

歯磨き嫌い!嫌がるときはどうする?

ガーゼを使った歯磨きでも大暴れ!なんて赤ちゃんもいます。そのようなときには、以下の方法を試してみて下さい。

赤ちゃんの好きな姿勢で磨こう

無理に仰向けにすると、赤ちゃんは自由が利かず嫌がることが多いです。そのため赤ちゃんの好きな姿勢で磨いてみるのもおすすめです。時間をかけ過ぎずに、おもちゃや歌などを活用して遊びの一環のように磨きましょう

できたら褒める!

赤ちゃんがどうしても嫌がる場合には無理強いはやめましょう。お口の周りを拭くなどから導入し、「今度はお口の中もピカピカしよう!」などの方法で徐々に慣らしていきましょう。

歯磨きが出来たらとにかく褒めることが大切です。習慣化したい歯磨きですので、赤ちゃんが「できた!楽しい!」と思える時間にしてあげましょうね。

ガーゼ歯磨きの注意点は?

歯ブラシよりも手軽で優しいイメージのガーゼ歯磨きですが、もちろん注意点があります。ガーゼ歯磨きの注意点を押さえて、赤ちゃんのお口を守りましょう。

ガーゼは清潔なものを!使い捨てがベスト!

歯磨きに使用したガーゼやシートには、歯の汚れがべったり付いています。洗って使い回せそうに思えますが、赤ちゃんのお口に入るものなので、衛生面を考慮して使い捨てるようにしましょう

優しい力で丁寧に!

赤ちゃんの口の中は柔らかく傷つきやすいものです。特に前歯と上唇の間にある「小帯」という部分は、指が強く当たると痛みを感じて歯磨き嫌いになることもあります。

歯茎や小帯に強く触れてしまわないように、お口の中をしっかり観察しながら丁寧に磨いていきましょう

小さなころからコツコツ歯磨きでお口の健康を守ろう!

赤ちゃんの可愛い歯を守ってくれるのは、習慣化した歯磨きです。この習慣は小さなころから続けていくことで、身についていきます。

まだ自分で歯磨きができない赤ちゃんには、ママやパパの助けが必須です。しっかりと赤ちゃんのお口のケアをしてあげてくださいね

歯が生える前からガーゼ歯磨きを始め、スムーズに歯ブラシの歯磨きへ移行できるようにしておきましょう。ご紹介した方法はあくまでも一例なので、赤ちゃんとパパ・ママにとって最適な方法を見つけてみて下さい。

  関連記事

霰粒腫(さんりゅうしゅ)ってどんな病気?どうやって対処したらいいの?

「ものもらい」とは、まぶたが腫れてしまい、なにかできものができたりする状態のこと …

1歳8ヵ月の赤ちゃんの平均身長や体重と違うのが気になる…そんな場合の対策は?

体重や身長は健康的に育っているかチェックするのにも役立ちます 1歳8ヵ月という時 …

赤ちゃんに「こたつ」は危険!しっかり事故対策で安全な冬を過ごそう!

寒い冬は家の中でこたつに入ると、足元からぬくぬくで幸せなものです。冬に大活躍する …

赤ちゃんの歯ぎしりは歯の使い方を覚える成長過程の一つ

気分転換で歯ぎしりを回避しよう!  赤ちゃんの歯が生えると、それまでとは違う子ど …

どんな症状があったら自閉症を疑うの?気をつけてみておきたい特徴とは?

自閉症の症状をきちんと理解した上で、個性として伸ばしていける子育てを 1歳9カ月 …

発達障害児におすすめの療育ではなにをする?どこで行う?

子どもに発達障害があることがわかった場合、その障害に合わせて治療や教育を行わなけ …

ストックアイテムで楽チン!1歳2ヵ月向けの離乳食レシピ

冷凍アイテムを生かした離乳食作り!簡単レシピを覚えておけば慌てない 新米ママは、 …

ごはんを食べてくれない…一歳半の子供の“魔の食事タイム”の解決法は?

大切な我が子の口に入る食事ともなれば、ママは自分の食べもの以上に気を使うものです …

赤ちゃんが歯磨きを嫌がる!うまく歯磨きをさせるコツや対策、注意した方がいいこととは?

歯ブラシを見せただけで泣いてしまう赤ちゃんもいれば、すんなり歯磨きをさせてもらえ …

子供がノロウィルスへの感染を疑われたら検査するの?保険は適用される?

保育園や幼稚園で、秋から冬にかけて集団感染がおこりやすいものに「ノロウィルス」が …