ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

1歳11ヵ月は怖がりになる子が多い!その原因と対処法

   

なんでもかんでも怖がってママから離れなくなってしまう子も…

262257

赤ちゃんは時期によって様々な変化が現れます。そんな変化のひとつとして、1歳11ヵ月頃になってから『急に怖がりになった』と感じる方もいるのではないでしょうか

何事に対しても慎重だと思っていたのが、実はただ臆病なだけだと気付き、このままでいいのかと不安になっているママも多いはず。

これくらいの時期は非常に感情表現が豊かになる時期でもあるため、自分が不安に思っていることや怖いと感じていることを親に伝えられるようになります。このことによって「うちの子は急に臆病になってしまった。」と感じる方もいるようです。

怖がりになる原因は?

怖がりになったと感じる方の多くは、公園などに出かけても自分から同年代の輪に入っていけなかったり、外出先でくっついて離れない、といったことに悩んでいるようです。

怖がりになってしまうのにはいくつかの原因が考えられますが、1歳11ヵ月頃になると自分の中で「この人はその他大勢とは違って特別。自分を守ってくれる人。」と認識できる人物が現れます。多くの場合は、最もそばにいてくれる”ママやパパ”でしょう。

少しでも不安なことがあった時にその人を頼るのは仕方のないことだといえます。ですが、頼られすぎるのも大変ですよね。それで友達の輪に入って行けなくなってしまったら将来が心配になってしまうでしょう。

赤ちゃんの怖がりを改善するためには、まずは自分自身が赤ちゃんに信頼されることが大切です。ママやパパとの信頼関係が築けていないと、赤ちゃんは不安なことに対して挑戦できません。

十分な信頼関係が築けていれば「なにかあったらママやパパが守ってくれるから勇気を出してみよう。」と考えるわけです。「大丈夫だからやってごらん」とか、「一緒に頑張ってみよう。」と声をかけると、それに勇気をもらえる赤ちゃんもたくさんいます。

そうしていくうちに少しずつ怖がりを改善していけるでしょう。

怖がりにしないためには

かなり怖がりになってしまってからそれを改善しようとするのはとても大変なことです。そこで、怖がりにしないためのポイントをいくつかご紹介しましょう。

まず、何でもかんでも手助けをしないということ。ママやパパがすぐに手助けをしてしまうと赤ちゃんは自分自身で挑戦する機会が少なくなってしまいます。誰でも体験したことがないことに挑戦する際には不安に感じてしまうものですよね。

赤ちゃんは自分で体験しながら様々な事を覚えていくので、サポートしながら体験させてみましょう。このときに赤ちゃんが怖い思いをしてしまうと怖がりになってしまうこともあるので、十分なサポート体制を整えておくことが大切です。

それから、無理をさせないようにしましょう。何でも挑戦させようと考えて無理なことまでやらせてしまうと赤ちゃんは大きく戸惑ってしまいます。

1歳11ヵ月とはまだまだ自分のことをうまく表現できない時期でもあるため、なにかに挑戦させるとしても本当にそれを行っていい時期なのか見極めた上で挑戦させることが重要です。

怖がりの対処法

赤ちゃんが怖がりになってしまった場合、まずは先にご紹介したように信頼関係を築くことから始めましょう。

次に、赤ちゃんが怖がっていることに対して、少しずつ挑戦させます。この時に少しでもうまくいったら大げさに褒めることが大切です。

こうすることにより赤ちゃんに自信がつくだけでなく、「大好きなパパやママにもっと喜んでほしい」という感情が芽生えるため、自分から積極的に行動するようになります。赤ちゃん自身が自信を持つことが非常に大切なので、ほんの少し挑戦させたら褒める、ということを繰り返しましょう。

「周りの子に比べてうちの子は余りにも怖がりなのでは…」と不安になってしまう方もいますが、ほとんどの場合は心配いりません。あまりにも気になる場合は医師に相談するなどして対応を取りましょう。

  関連記事

子どもが爪噛みをする原因は?予防方法や対策はあるの?

子どもは、いろいろな癖をもつものです。指しゃぶりなどと並んで、よく子どもに見られ …

赤ちゃんの歯ぎしりは歯の使い方を覚える成長過程の一つ

気分転換で歯ぎしりを回避しよう!  赤ちゃんの歯が生えると、それまでとは違う子ど …

オールシーズン使える?赤ちゃんにはガーゼケットがおススメ!

肌触りがよく、赤ちゃんにやさしいイメージのガーゼ。ベビー用品のコーナーにはたくさ …

女の子の赤ちゃんに似合う素敵なヘアスタイル

赤ちゃんの服や髪型などを考えるのは、子育ての楽しみの一つではないでしょうか。 産 …

公園での遊び方のポイント!ボール遊びが子どもに与える効果とは?

現代は昔と比べるとビルやマンションなどの建物が増え、何もない空き地や公園が減って …

出産前に知っておこう!新生児一過性多呼吸って何?後遺症は残る?

長い妊娠期間、そして出産を乗り越えてようやく出会えた赤ちゃん。ママは無事出産を乗 …

軽度発達障害の見分け方や特徴は?放置は二次障害の恐れも

子育て中に自分の子どもの発達が遅れているように感じたり、問題行動かと思うようなこ …

一人っ子の男の子には特徴がある?育て方で注意すべきことは?

晩婚化が進み女性の初産年齢が上がっている現代の日本では、一人っ子が増加傾向にあり …

必見!赤ちゃんのための車酔い対策法とは?

普段の生活や旅行、帰省など車やバスに乗る機会はたくさんあります。大人でも車やバス …

1歳5ヵ月の赤ちゃんの夜泣きは身体を使う遊び取り入れて乗り越えよう!

そろそろ夜泣きが落ち着くころ!? 昼間はご機嫌だったのに、真夜中になったら突然大 …