ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子連れ離婚に失敗しないためには準備と知識が必要!その注意点とは?

   

9587ac67641468a1c13d2c1fced5ca6c_s

たとえ子どもがいても、むしろ子どもがいるからこそ、離婚という選択が最適と思われる結婚生活は、世の中にいくらでもあります。

ですが、子連れ離婚をする場合は、子どもにかかる負担が最小限になるようにママが正しい知識をもち、しっかり準備する必要があります

そこで今回は、子連れ離婚に失敗しないためには、どんな準備や知識が必要なのか、手続きを進めるにあたっての注意点について、お話しします。離婚の影響は多岐にわたるので、あらゆる準備をしておきましょう。

弁護士費用や当面の生活費の準備をする

勢いに任せて感情的に子連れ離婚をしたとたん、生活が困窮する家庭は少なくありません。子どもの生活を守るためにも、きちんと条件面を交渉したうえで、離婚するのがセオリーです。そのためには、弁護士費用もかかりますし、別居することで生活費を負担してもらえない可能性が高い場合は、当面の生活費が必要です。

そこで、子連れ離婚を考えているなら、まずは話し合いが長期化しても大丈夫なように、きちんとお金の準備をしておくことをおすすめします。できれば、離婚前にフルタイムの正社員の仕事を見つけておくのがベストです。

また、離婚相談は法テラスなどを活用すれば、弁護士費用を抑えることにもつながります。調停の場合は、費用は安く済みますが、時間がかかるケースもあるので、どちらを選ぶのかを検討しましょう。

離婚後の仕事とワークライフバランスについて検討する

子連れ離婚をする場合、子どもの年齢にもよりますが、離婚後のワークライフバランスを検討しておく必要があります。養育費をもらうことを前提に生活設計をすると、それが途切れたときに困窮する可能性が高いので、基本は自分で稼げるようになることが目標です。

とはいえ、お金を稼ぐことに力点を置くと、自ずと子どもといられる時間が短くなり、両親の離婚で心に傷を負った子どものフォローが行き届かなくなることがあります。そのため、実家や友人にもサポートをお願いしながら、自分がどんなワークライフバランスで生きていくのか、きちんと考えておくことをおすすめします。

行政にもいろいろな相談窓口がありますし、ひとり親家庭の助成制度を利用できることもあるので、広く情報収集をしましょう。

離婚条件の妥協点をみつけておく

子連れ離婚の場合、話し合いを始めてから離婚が成立するまで、半年ほどかかるのが一般的とされています。これは、養育費の負担額や離婚後の相手と子どもの面会などについて、条件が折り合わないことが多いからです。

離婚を決めた時点で相手に会いたくないと思う女性も多いようですが、それでは子どもの権利を守ることはできません。将来、子どもが生活や進学でチャンスを失うことがないよう、きちんとルールを話し合っておく必要があります

そこで、弁護士にも相談しながら、慰謝料や養育費、面会ルールなど、希望する条件をまとめておき、相手との交渉に臨んでもらいましょう。その際、すべての離婚条件を通そうとすると話し合いが長期化することが多いので、条件に優先順位をつけ、折り合うポイントを探ってください

子どものメンタルサポートの方法も考えておこう

6425a3c246e2cce50b3a62e2a4fa0420_s

子どもにとって、両親の離婚はショックな出来事です。それに加えて、転居や転校など、子ども自身の生活に影響が及んだり、ママが働くことで一人で過ごす時間が増えると、子どもにかかる心理的な負担も大きくなります。

そのため、子どものメンタルサポートについても、あらかじめ考えておく必要があります。子どもの親しい友だちのママ友や、サポートしてくれる親族、学校のスクールカウンセラーなどに協力を依頼して、できるだけ子どもの心に寄り添う努力をしてあげてくださいね

  関連記事

保育園って毎日預けなくても利用できるって本当?一時保育について教えて!

保育園の待機児童問題の解決には、まだまだ時間がかかりそうないま、ファミリーサポー …

妊娠中の離婚…。原因や慰謝料・養育費・戸籍の問題について

妊娠中はそうでない時期と比べて体調の変化がおきやすいため、それまで当たり前のよう …

やっぱり転職や就職は厳しい?アラフォーでシングルマザーの仕事事情とは!?

シングルマザーの方意外と最近増えてきていると思いますが、定義として子供をを一人で …

母子家庭でも生活保護を受けられるの?受給する条件や金額とは?

いろいろな事情で母子家庭になることを余儀なくされた場合、経済的な問題に直面するマ …

シングルマザーの救世主となるか!?ママユナイテッドの設立について

みなさんは、ワーキングオフィス「ママスクエア(mama square)」を知って …

保活をするとき、早生まれだと損というのは本当なの?

働くママにとって、保活は重要な関心事のはずです。都心部の待機児童問題は解決の兆し …

シングルマザーの就職に役立つ資格はある?取得方法は?

それまで正規雇用で働いてこなかったママがシングルマザーになるにあたり、就職活動を …

離婚するために弁護士を利用したら費用はどれくらいかかるの?そのメリットは?

数年前、「離婚弁護士」というテレビドラマが放映されていました。そのため、協議離婚 …

シングルマザーが就職するための面接対策とは?

シングルマザーになることが決まった場合、すぐに就職活動を開始するママも多いことで …

シングルマザー向けのシェアハウスがあるって本当?そのメリットとデメリットは?

数年前に、「シェアハウスの恋人」というドラマが放映され、それ以降、シェアハウスで …