ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どものために知っておきたい、認知届ってなに?

   

子供が産まれると市役所へ提出する出生届の他にも、子供の認知届けというものがあることをご存知でしょうか。あまり聞きなれない人、認知するという言葉だけ知っている人も多いと思います。

この認知届けが必要になってくるのは、子供の父親の存在が関係しています。では、子供の出生において認知届けを必要とされるのは、どのような事由によるものでしょう。

特に出産に関わるママとパパにおいては、知っておいて損はない子供の認知について一言でまとめてみました。

認知ってなに?

そもそも、認知には法の概念と社会学の立場からの概念の両方があります。こちらでは、前者においての認知についてご紹介していきます。

要約すると、嫡出子の子供をその父親ないし母親が、自分の血縁上の親子であることを認める意思表示を行うことを指します

母子関係では母親の意思表示を待たずして、分娩の事実から自然に認知が成立することになります。母子関係での認知が問題になる状況は、母親の棄児、懐胎を背景とする場合に限られています

認知は実の血縁関係があることが前提条件として知られています。認知は主に父子関係において問題視されますが、非摘出子が養子縁組に入る場合には、実の父親が離婚前に縁組側と認知することはできないとされています。

認知するとどうなるの?

認知手続が取られると、血縁上の父子関係が成立することになります。強制認知もしくは任意認知により、親子関係が発生し、親から子への扶養義務と相続義務が生じることになります。

認知によって法的な権利関係が発生しますが、必然的に子供の戸籍が変更されることがなく、認知後の協議や家庭裁判の場において選択、決定されることができます。

認知後の戸籍

出生届および戸籍に父親の氏名が明記されることがあります。子供との親子関係を法的に証明されることになるのです。

認知後の養育費の支払い義務が生じる

認知を待たずして、父親は養育費を支払うことができますが、母親が請求した場合には認知後に支払い義務が生じてきます。

認知の効果により、その他の母から父への親権の交代、将来の父から子への相続義務が、協議や遺言により機能することができるようになります。

手続の方法は?

認知には法律上、任意認知と強制認知がありますが、任意認知の場合には以下の手続きが必要になってきます。

任意認知の手続き方法として正しいもの

届け出による認知

日本の法律上の、戸籍法にのっとり行われる。

遺言的認知

当該、遺言の効力の発生時から遺言執行者が届け出を行うために、報告的届け出になります。

一方、裁判認知もしくは強制認知の手続き方法

子供、その直系卑属に当たるものは、形成訴訟という形で認知の訴えを提起することが可能です。認知が無効になる場合には、真実の親子関係が無効とされる父親と母親の死亡から3年以上が経過されているとき(裁判認知もしくは強制認知)など、認知の無効、取り消しの条件を確認した上で手続が行われています

代理人を立てる場合も多いとは思いますが、一連の条件を参照にしておくことも良いかもしれませんね。

認知の種類もいくつかあるの?

いよいよ、認知を請求する必要が出てきたとき、日本の法律において認知の手段には任意認知と強制認知(裁判認知)の二択を取られています。任意認知と強制認知(裁判認知)の違いをご紹介します。

任意認知について

任意というのは、自らの意志においてという意味ですが、認知においての任意認知は、父親当人が非嫡出子を血縁上のつながりがある我が子であることを、自らの意志により認めるものをいいます

強制認知もしくは裁判認知

強制とは他からの働きによるものですが、認知において強制認知もしくは裁判認知は、父親自身が非嫡出子を血縁上の我が子と認めていない場合にも、裁判により強制的に認めさせることができるというものです。

両者と相反する定義として、任意認知はあくまでも親子関係の推定とされており、強制認知により初めて父子関係の認知が確定されるという場合もあります。

まずは周りに相談を

認知は、子供の出生と将来にかかわる重大事項であり、とてもデリケートな問題であるために、やみくもに周囲に相談できないものですよね?

認知に対応しうる対象者として、意思能力があれば充分に足りると決められていますが、子供については、成人、胎児、死亡者と、認知においての決まりが制定されています。

そのため、まず認知を考え出したら、専門家に相談することが賢明です。裁判認知では法定代理人を立てることもあるかもしれません、何れにしてもまずは専門家の意見を聞きましょう。

  関連記事

母子家庭でも生活保護を受けられるの?受給する条件や金額とは?

いろいろな事情で母子家庭になることを余儀なくされた場合、経済的な問題に直面するマ …

シングルマザーでもローンを組むことはできる?行政から融資を受けられるって本当?

「平成23年度全国母子世帯等調査結果の概要」によると、20歳以下の子どもがいる母 …

シングルマザーが引っ越しを考える時、住みやすい町を選ぶポイントやチェックしておきたい項目は?

何らかの事情があり、シングルマザーとして引っ越しをする際に注意点がいくつかありま …

離婚からいち早く立ち直る方法は?シングルマザーへの第一歩の踏み出し方

離婚は、夫婦にとってはある意味、結婚より大きな意味を持ちます。ましてや子どもがい …

保育園って毎日預けなくても利用できるって本当?一時保育について教えて!

保育園の待機児童問題の解決には、まだまだ時間がかかりそうないま、ファミリーサポー …

離婚問題に解決方法はあるの?離婚を回避するためにすべきことは?

現代の日本は、結婚している夫婦の3組に1組が離婚しているといわれています。そして …

離婚の際に慰謝料は必ずもらえる?ケース別の相場ってどのくらい?

協議離婚をするにあたり、夫婦間でお金について話し合う必要があります。子どもがいる …

シングルマザーが再婚するのは難しいの?その場合の注意点は?

シングルマザーになった理由が離婚だった場合、結婚に対して積極的になれないママも多 …

母子家庭の平均年収ってどのくらい?生活費を節約する方法はあるの?

近年、子どもの貧困とそれによる教育格差の問題に注目が集まっています。そして、貧困 …

シングルマザーはもらえる手当がたくさんあるって本当?

シングルマザーとして子育てをしていくにあたり、経済的な不安を感じる人が多いという …