ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんがなかなか寝てくれない…。そんな時に試したい!赤ちゃんがぐっすりと眠るための6つの方法

   

赤ちゃんがいるママの悩みは、子供が夜なかなか寝てくれない!ということがあるかもしれません。夜きちんと寝れなかった赤ちゃんは、機嫌が悪くなってしまいますし、ママにとっても夜眠れないことは負担になってしまいます。

では赤ちゃんが夜に質のいい睡眠ができるようにするためには、どのようなことが出来るでしょうか?夜泣き防止にも、赤ちゃんの機嫌をよくするためにも、赤ちゃんのための睡眠テクニックをご紹介していきます。

規則正しいスケジュール

赤ちゃんも規則正しい生活をすることで、生活にリズムが生まれて快適に過ごすことが出来るのです。そのためにまずは、毎日同じ時間に寝おきさせることを習慣にしましょう。

できるのであれば、生活リズムを整えるためにも朝は7時台までにおこすようにしましょう。こうすることで赤ちゃんも朝晩の区別が少しづついてくるようになります。赤ちゃんに夜ぐっすり眠てもらうためには、毎日の同じ習慣がとても大事なのです。

起きる前に光を取り入れる

赤ちゃんが起きる15分くらい前から光を取り入れるようにしてあげましょう。夜に充分な睡眠をとっている赤ちゃんであれば、こうすることで自然と目をさましてくれます。ご機嫌を悪くすることなく、快適に目を覚ますことができるのです。

また光を取り入れることで、体の中にある体内時計により、夜になると眠たくなるメラトニンという物質を増加させてくれるという働きもあります。さらに光を浴びることでいつもよりも元気に活動できるために、適度に使われてお昼寝もしやすくなります。

寝る前には体を温めてあげる

出来れば寝る30分前から赤ちゃんの体を温めてあげるようにしましょう。人間の身体は体温が下がると、眠たくなるようにできています。

そこで意識的に寝る30分前くらいに体の体温を上げることで、眠りを誘います。赤ちゃんの手が暖かくなってきたら体が温まっているサインとなります。

寝付いてから最低3時間は部屋を真っ暗に!

光が目に入ってしまうと、目を覚ましてしまう原因になります。夜ぐっすりと寝てもらうためには、赤ちゃんが寝てから3時間は真っ暗の状態をキープしてあげましょう。もともと生まれて間もない赤ちゃんは、長時間眠ることが難しくいつも目が覚めやすいのです。

でも睡眠は赤ちゃんが大きくなるために必要な成長ホルモンを分泌させますので、寝てから3時間は成長ホルモンの分泌のためにも真っ暗な部屋を用意してあげましょう。

夜泣き=何かしなければならないのではない!

大人でも寝ている間に寝言を言ったり、寝返りをして動いたりしますね。ということは赤ちゃんにもそのようなことがおこるのです。場合によっては、手足を動かしたり、泣いたりするのです。このような時には、特別に何かが必要というわけではないのです。

夜泣きと勘違いして、赤ちゃんをおこしてしまうとかえってご機嫌が悪くなるのです。ですので赤ちゃんが泣いても少しの間はじっと待っていてください。また眠ってしまうことも多いのです。

特に6ヵ月を過ぎた赤ちゃんは、夜泣きをするたびに夜間授乳をすると、その回数が増えてしまいママが大変になってしまうので、気を付けておきましょう。

おむつを吸収力の高いものに

まだあまり知られていませんが、赤ちゃんは睡眠中におしっこをすることでより深い眠りが得られるとされています。つまり赤ちゃんがおしっこをするのは、眠ろうとしている証拠ともいえます。

それなのに吸収力の悪いおむつだと、赤ちゃんが不快に感じてしまい、目を覚ましてしまいます。そのために夜泣きすることもあります。これを防ぐためには、吸収力の高いおむつを使うことが大切になるのです。

おしっこをしても朝まで快適に過ごせるようなおむつならば、赤ちゃんが目を覚ます必要がないでしょう。

ちょっとした工夫で赤ちゃんはぐっすり

上記にあげた6つのポイント、どれも簡単に取り入れられるものではないでしょうか?特別に難しいことではないので、今日から取り入れてみてください。

小さな変化かもしれませんが、それが赤ちゃんとママの快眠につながるかも知れません。ぜひ試してみてください。

  関連記事

赤ちゃんの嘔吐下痢症って、どんな病気?その原因と治療法は?

授乳中の乳児は、よく母乳やミルクを吐くものです。最初はビックリしていたママも、熱 …

粉ミルクにオリーブオイルを足すと、母乳に近くなるって本当?

できるだけ母乳で育てたいと考えているママでも、母乳の出が悪かったり、仕事に復帰す …

生後6ヵ月なのに、寝返りさせると泣くのはなぜ?

首がすわった生後5~6ヵ月の赤ちゃんは、寝返りできるようになるのが一般的です。で …

「あーあー、うーうー」と喋りだす赤ちゃん言葉!その言葉には何か意味が込められてるの?

赤ちゃんを産んで、育てていると「早く言葉を話さないかなぁ」と楽しみですよね。赤ち …

赤ちゃんに多い腸重積は早期発見が重要!見分けるポイントとは?

みなさんは、「腸重積」という病気を知っていますか?生後3ヵ月から2歳までの子ども …

赤ちゃんの水分補給はいつから始めるの?何をどれくらい飲ませる?

ベビー用品店やドラッグストアには、たくさんのベビー飲料が並んでいます。汗をかきや …

男の子が生まれたらやるべき?赤ちゃんのむきむき体操のこと

みなさんは、「むきむき体操」という言葉を知っていますか?これは、男の子の赤ちゃん …

赤ちゃんに40度の高熱が!どうすればいいの?考えられる病気や対処法について教えて

新生児は、ママから「母子免疫」をもらって生まれてきます。そのため、細菌やウイルス …

赤ちゃんの歯茎に白いものがついた!その原因と治療法について

赤ちゃんの口の中は、歯が生えていない状態でも、トラブルがおこることがあります。授 …

赤ちゃんはなりやすい?ものもらいの一種、麦粒腫について教えて

皆さんはまぶたに“ものもらい”が出来たことがありませんか?かゆみがあったり痛みが …