ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

乳幼児突然死症候群(SIDS)から、我が子を守るためにはどうしたらいい?

   

それまで健康で何の問題もなかった赤ちゃんが、ある日突然亡くなってしまうという悲劇が、世界中でおこっています。その原因の一つが、「乳幼児突然死症候群(SIDS)」です。日本では、生後12ヵ月未満の赤ちゃんの死亡原因の第3位を占めています。

我が子が「乳幼児突然死症候群(SIDS)」にならないためにどうしたらいいのか、発症リスクとして考えられることは何か、親としてできることについて、一緒に考えていきましょう。正しい知識を持ち、こうした悲劇に見舞われないよう、日々の中で実践していきましょう。

乳幼児突然死症候群(SIDS)はどうしておこるの?

日本では約6000人~7000人に1人程の割合で、乳幼児突然死症候群(SIDS)が発症していると、厚生労働省が発表しています。この病気は英語では「sudden infant death syndrome(ゆりかごの死)」といわれ、眠っている間に赤ちゃんが突然死してしまうもので、その原因は解明されていません。

そして、前兆が一切ないのが特徴でもあります。近年、乳幼児突然死症候群(SIDS)に関する研究が進み、男児や早産児、人工栄養児、低出生体重児に発症例が多いことがわかってきました。

また、寒い冬の季節や早朝から午前中にかけておこることが多く、両親の喫煙やうつぶせ寝の習慣との関連も指摘されています。さらにアメリカでは、親が赤ちゃんと添い寝することも悪影響を及ぼすと考えられているようです。

切迫早産の原因や対策は?早産のリスクを回避するために知っておきたいこと

赤ちゃんの寝かせ方に注意しよう

赤ちゃんが大きくなると、ママやパパと一緒に眠る家庭が増えてくるようです。添い寝はスキンシップの機会になりますし、ママが添い乳しながら眠れるというメリットもあります。ですが、大人が寝返りを打った拍子に赤ちゃんに覆いかぶさったり、腕や足が赤ちゃんの胸や頭を圧迫するという危険があるのも事実です。

そして、赤ちゃんの頭の形を良くするために、うつぶせ寝をさせる家庭もありますが、持病があってお医者さまから指示を受けているのでない限り、やめた方が無難です。

特に首が座ってない時期は、自分の顔にタオルやぬいぐるみなどが覆いかぶさっても、赤ちゃんは自力で体勢を変えることができません。このように、寝かせ方の工夫をすることで、乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症リスクを減らしましょう。

【プレパパ必見!】パパにしかできないんです!妊娠中のママがしてほしいサポートって?

受動喫煙しないように配慮する

パパやママの中にも、愛煙家はいることでしょう。授乳中のママでなければ、禁煙というのはハードルが高いかもしれません。ですが、赤ちゃんが受動喫煙してしまうことが、乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症リスクを高めるのは事実です。

両親が喫煙している家庭の赤ちゃんと、喫煙しない家庭の赤ちゃんの乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症率を比較すると、約4.7倍もリスクが高まることがわかっています。隣りで喫煙することはなくても、同じ部屋であれば風向きによって煙が流れることはありますから、受動喫煙のリスクを減らすことにはなりません。

また、赤ちゃんを連れて外出する時、喫煙スペースに近づくのも避けた方が無難です。分煙のお店では禁煙席を選ぶのはもちろん、煙が流れてこないかどうかを必ず確かめましょう。

受動喫煙による妊婦への影響は大きいの?旦那さんが喫煙者の場合の対処法は?

乳幼児突然死症候群(SIDS)にならないために

baby-21167_19201

乳幼児突然死症候群(SIDS)を予防することは、現代の医学ではできません。ですが、発症リスクを下げることは可能です。まず、赤ちゃんの育て方や環境を見直し、改善できるところはすぐに改善しましょう。

また、人工栄養で育てるより母乳で育てる方が、乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症率が低いのは事実です。完全母乳で育てるのが難しい場合でも、混合栄養にするなど、できる範囲で母乳を飲ませることをおすすめします。

さらに、欧米では厚着させることが乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症率をあげる原因と考えているようです。室内にいる時は、帽子や手袋、靴下ははかせないようにしましょう。

  関連記事

赤ちゃんの蕁麻疹の原因と症状は?どう対処すべき?

赤ちゃんの皮膚は大人より薄く、とてもデリケートです。そのため、ちょっとした刺激で …

痛い!赤ちゃんはどうして噛むの?「噛む」が分かると育児がもっと楽しくなる!

育児中のママやパパが一度は経験する「赤ちゃんに噛まれる」こと。歯が生えていないと …

食後に赤ちゃんの様子が急変!…それはもしかしてアナフィラキシーショックかも!アレルギーとアナフィラキシーショックについて知っておこう

赤ちゃんが5、6ヵ月ごろになると離乳食が始まりますよね!そこで、誰もが気になるの …

骨や筋肉がついてきたらいよいよおすわり!生後6ヵ月の赤ちゃんの注意点とは?

とってもかわいいおすわり!ただ、転びやすいので気を付けて。 0歳6ヵ月くらいの時 …

0歳6ヵ月の赤ちゃんはどんな遊びをはじめたらいい?

赤ちゃんが喜んでくれる遊びを実践しましょう。 赤ちゃんが小さいうちは赤ちゃんに合 …

乳歯はいつ頃生えてくる?生後6ヵ月の赤ちゃんの歯茎のムズムズ対処法も紹介!

乳歯が生える時期や順番は?乳歯が生えたあとのケアについてもチェック 0歳6ヵ月く …

赤ちゃんの水分補給はいつから始めるの?何をどれくらい飲ませる?

ベビー用品店やドラッグストアには、たくさんのベビー飲料が並んでいます。汗をかきや …

夜のねんねをスムーズに!0歳6ヵ月から始めるといいと言われるネントレとは?

最近実践する人が増えてきたネントレについてご紹介します ネントレとは、「ねんねト …

生後6ヵ月の赤ちゃんが少しずつ言葉を発するようになったら何に注意すればいい?

赤ちゃんの言葉にはどうやって反応してあげるのが理想か知りましょう 話せる言葉が増 …

赤ちゃんと一緒に覚えよう!ベビーサインを上手に教えるコツとは

まだ言葉が話せない赤ちゃんとコミュニケーションをとることができる、と話題の「ベビ …