ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

突然赤ちゃんが高熱に!突発性発疹ってどんな病気?症状や原因、対処法について教えて

   

生まれて間もない赤ちゃんが初めて経験する病気の一つに「突発性発疹」というものがあります。突発性発疹は初めての発熱とも言われており、ほとんどの赤ちゃんが経験する病気です。

今回はそんな突発性発疹の症状や治療法などについて説明していきます。事前に知識をつけておくことで、実際に発症したときに落ち着いて対処できるようにしましょう。

赤ちゃんがかかりやすい突発性発疹ってどんな病気?

突発性発疹とは、発熱と発疹を伴う感染症のことを言い、生後6か月から1歳くらいの赤ちゃんに多く見られます。ごく稀に、2~3歳になってから発症する子どももいます。

原因はウイルスで、潜伏期間は10日ほどです。症状としては、まず38度以上の発熱が見られます。ですが、高熱にも関わらず機嫌はよく、食事や水分もきちんと摂れます。

高熱が出た時に咳や鼻水を伴わないのが一般的で、3~4日して熱が下がると、全身に大小不規則な赤い発疹があらわれます。

かゆみを感じるかどうかには個人差があり、数日で発疹も消えていきます。

特効薬はあるの? どんな治し方が一般的?

突発性発疹に特効薬はなく、病院に連れて行っても、高熱の対症療法として解熱剤が処方される程度です。発疹が確認できるまでは、突発性発疹かどうかを判断できないため、自宅で様子を見るのが普通です。

しかし高熱が続いたりぐったりとしている場合、突発性発疹ではなく別の病気に感染している可能性もあるので一度小児科を受診しましょう。

突発性発疹が発症する原因

突発性発疹は、ヒトヘルペスウイルス6型または7型に感染することで起こります。一年中感染するリスクがあるウイルスで、唾液を介して感染すると考えられています。

つまり、ヒトヘルペスウイルス6型または7型に感染した唾液に含まれているウイルスが、飛沫あるいは経口感染するのです。

また、女性の子宮頸管粘液からもヒトヘルペスウイルスのDNAが検出されることがわかっており、妊娠28週から産後1週間の間に母子感染しているのではないかという説もあるようです。医学的には明確に解明されていないので、今後の研究を待ちましょう。

赤ちゃんが母乳を飲んでいる間は、ママから抗体をもらっているのでかかりにくく、断乳が終わってから突発性発疹を発症するケースが多いそうです。

突発性発疹の予防法はあるの?

突発性発疹の原因である、ヒトヘルペスウイルスに対する抗ウイルス薬はなく、予防接種することはできません。

ママからの母子免疫がきれる生後6カ月以降の赤ちゃんであれば、誰でも感染する可能性があり、予防することはできないのです。

乳幼児の中には、ヒトヘルペスウイルスに感染しても症状が出ない「不顕性感染」する子もいますが、基本的には誰もがかかるものだと覚えておいた方がよいでしょう。

突発性発疹は他の子にうつる?

4歳以降の子どもと大人は、突発性発疹への抗体を持っているので、ウイルスがうつることはありません。

しかし、4歳未満でまだ発症していない乳幼児はヒトヘルペスウイルスに感染する可能性が高くなっています

特に、突発性発疹の経験がない乳幼児が発熱している場合、免疫力が下がっているので、ヒトヘルペスウイルスに感染する確率がアップしてしまいます。

そう考えると、突発性発疹への感染を防ぐためには、乳児の唾液がついたおもちゃは共有しない、発症した乳幼児は保育園への登園を控えるようにした方がよいでしょう。

突発性発疹の場合の登園方針は、保育園ごとに異なりますので、小児科の先生と園に相談するのが原則です。

また、この病気は一度経験すると感染しないとされていますが、ウイルスの型が2種類あるので、ごくまれに両方に感染し2回突発性発疹にかかる子もいることも覚えておいてくださいね。

自宅で出来るケア方法は?

高熱が出ていても比較的元気な赤ちゃんもいますが、熱が出ていることで通常より体力を消耗します。

その際に自宅で出来る対処法は、以下の通りです。

  • 熱が下がるまではお風呂は控える
  • 汗をかくため洋服はこまめに着替えをする
  • 脱水症状になりやすくなるため、こまめに水分補給を行う(母乳でもOK)
  • 赤ちゃんが暑すぎないか、寒くないか様子を見て布団や洋服の調節をする

赤ちゃんの熱が下がって元気であればお風呂に入っても問題ありません。ただし高熱が出ている段階では、体力面も考慮して入浴は控えるようにしましょう

完治までにどのくらいかかる? 回復後はすぐ出かけていいの?

先程も述べたとおり、突発性発疹は高熱が3~4日続いた後、全身に赤い発疹があらわれ、それが消えるまでには1週間から10日ほどかかるのが目安とされています。

そして、熱が下がっても発疹が見られる間は、ほかの赤ちゃんに感染させてしまう可能性が高いです。

厚生労働省のガイドラインには、解熱後1日以上経過して、全身状態がよければ外出してよいとあるので、食事がきちんと摂れて元気なら外出してもかまわないでしょう。

とはいえ、高熱が続いたことで赤ちゃんの体力は消耗しているので、いきなり長時間のお出かけにならないよう、配慮してあげてくださいね。

突発性発疹になっても慌てないようにしよう

突発性発疹は高熱が出るだけにどうしても不安になってしまいますが、特徴や症状、対処法などを知っておくだけでも落ち着いて対応できるはずです。

赤ちゃんが元気であれば高熱が出たからといって、夜中に救急病院へ行く必要はありません。しかし、けいれんなどの症状がみられた場合は早急に病院に連れていくようにしてください。

かかりつけの小児科を受診し自宅で安静にしておくと自然に治りますので、冷静に赤ちゃんの状態をみてあげましょうね。

  関連記事

6ヵ月の赤ちゃんが夜に何度も起きるけど夜泣き?原因は?

生後半年もすると大分育児にも慣れてくるでしょう。母乳やミルクを飲んでお腹いっぱい …

赤ちゃんの歯並びが悪くなる原因とは?対処法と予防法について

赤ちゃんの歯が生えてきたことを喜んだのもつかの間、続々と乳歯が生えてくると、その …

ママもドキドキ…はじめての離乳食クッキング!何をどのくらい作ればいいの?

スムーズな離乳食スタートを切るために予習しておきましょう! 0歳5ヵ月から6ヵ月 …

夜のねんねをスムーズに!0歳6ヵ月から始めるといいと言われるネントレとは?

最近実践する人が増えてきたネントレについてご紹介します ネントレとは、「ねんねト …

粉ミルクにオリーブオイルを足すと、母乳に近くなるって本当?

できるだけ母乳で育てたいと考えているママでも、母乳の出が悪かったり、仕事に復帰す …

スマホは赤ちゃんに悪影響を及ぼすって本当?適切な使い方を覚えておこう!

赤ちゃんも生後6ヵ月を過ぎると、様々なものに興味を示すようになります。ママが家事 …

赤ちゃんの水分補給はいつから始めるの?何をどれくらい飲ませる?

ベビー用品店やドラッグストアには、たくさんのベビー飲料が並んでいます。汗をかきや …

抱っこ紐だと寝るのに、布団に下ろすと泣く…。どう対処したらいい?

首が座って外出が増える生後6カ月ころに、抱っこ紐を使うママも多いことでしょう。抱 …

離乳食にはちみつを使用してはダメ!赤ちゃんにはちみつをあげてはいけない理由とは?

つい最近、赤ちゃんの離乳食にはちみつを利用してしまったために死亡事故がおきてしま …

赤ちゃんがケンケンという咳をしたらクループ症候群の可能性が!

生後6ヶ月を過ぎたあたりからは発症することがある病気の一つに「クループ症候群」と …