ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんが寝てしばらくするとおきてしまう寝ぐずり!その原因や対策とは?

   

授乳とおむつ替えを済ませて寝かしつけた赤ちゃん。このまま眠ってくれると思いきや1~2時間後にはグズグズ泣いておきてしまうことはありませんか?そのぐずりは寝ぐずりかもしれません。

赤ちゃんの寝ぐずりがひどいとママもパパも大変です。どう対応すればよいのか分からず、疲労がたまる一方ですよね。そこで赤ちゃんの寝ぐずりの原因や対策を知って、大変な時期を乗り切る工夫をしてみませんか?

寝ぐずりはどうしておきるの?

寝ぐずりは夜泣き?と思ってしまうことも多いですよね。しかし違いがあります。夜泣きだと半分眠って半分おきた状態で泣くことを言いますが、寝ぐずりは眠たいのに思うように眠れず機嫌が悪くなる状態を言います。

それでは、どういった原因で寝ぐずりがおきるのでしょうか。はっきりとした原因は解明されていませんが、主に以下のような原因が考えられています。

不安に感じる

赤ちゃんは眠るということをまだ理解できません。眠ってしまうとママやパパに会えないと「不安」に感じてしまい不快を訴えることがあります。

日中の刺激によるもの

昼間に経験したことのない刺激を受けたときなど、なかなか寝付けないことがあります。

自我を主張

まだ眠たくないのにママに寝かしつけられていると不満を感じることがあります。まだ言葉で伝えられない赤ちゃんにとって泣くことで相手に伝えます。

寝ぐずりが始まる時期と終わる時期とは

寝ぐずりが始まる時期は生後6ヵ月頃、終わる時期は1~2歳頃が多いと言われています。しかし個人差が大きいため、早い赤ちゃんだと生まれてすぐから寝ぐずりが始まる子もいます。

終わる時期も1ヵ月で終わった赤ちゃんもいれば半年以上続いた子もいます。早い、遅いにしろ赤ちゃんの「個性」だと受けと止めて対処していくことが大切です。

寝ぐずりに効果的な対策

赤ちゃんの寝ぐずりに困った時には以下の対策を試してみましょう。

抱っこ紐などを使う

抱っこ紐を使って抱っこすると安心して眠ってくれるケースが多いです。ママにとっても手が空くため用事をしているうちに赤ちゃんが眠っていたということもあるでしょう。

アフガンやブランケットなどで身をくるむ

アフガンやブランケットなどで赤ちゃんの体をくるんであげましょう。ママのお腹の中に居た状態を思い出し、安心できると言われています。

添い乳や添い寝をする

おっぱいを飲んでいる赤ちゃんは添い乳をすると眠ってくれることが多いです。また、赤ちゃんと寄り添ってママも一緒に眠るのもよいでしょう。ママの温もりを感じて気持ち良く眠りにつけられることもあります。

昼間はたくさん遊ばせる

夜しっかり眠れるよう、昼間は公園などで体を動かせてあげましょう。ほどよい疲れが質の良い眠りを促してくれます。

お昼寝は17時まで

お昼寝はなるべく17時までに終わらせましょう。お昼寝時間が遅くなってしまうと夜にずれこんでしまい、寝付きが悪くなります。

眠る前の「入眠儀式」を見つけよう

赤ちゃんに絵本を読んであげる、子守り歌をうたうなどの入眠儀式を見つけるのも効果的。安心して眠れるきっかけを作ることができます。また「もうそろそろ眠る時間なんだ」と赤ちゃんに認識させることもできます。

ふだんから赤ちゃんとのスキンシップをたくさんとろう

成長の過程で赤ちゃんの寝ぐずりは仕方のないもの、と分かっていてもイライラがたまりストレスがたることも多いですよね。しかしママの気持ちは赤ちゃんに伝わります。ママが悲しいと赤ちゃんも悲しい。

ママが笑顔だと赤ちゃんは嬉しいものです。休養できるときはしっかりと体を休ませる、旦那さんに赤ちゃんをお願いするなどして上手にストレスコントロールしましょうね。

  関連記事

赤ちゃんがダニに刺されたときの症状や対処法とは?

ダニにはいろいろな種類があり、家の中のあらゆる場所に存在します。そして、大人はダ …

赤ちゃんのバイバイ、パチパチはいつから?練習って必要なの?

毎日いろんな表情見せてくれる赤ちゃん。昨日できなかったことが今日は出来るようにな …

赤ちゃんと一緒に覚えよう!ベビーサインを上手に教えるコツとは

まだ言葉が話せない赤ちゃんとコミュニケーションをとることができる、と話題の「ベビ …

その血便、新生児メレナかも?気になる症状、原因とは?

生まれたばかりの赤ちゃんは、岩のりのような粘度のある、黒っぽい胎便を排泄します。 …

赤ちゃんはなりやすい?ものもらいの一種、麦粒腫について教えて

皆さんはまぶたに“ものもらい”が出来たことがありませんか?かゆみがあったり痛みが …

赤ちゃんの歯は、いつ頃生えるの?ケア方法も教えて!

赤ちゃんの歯は、妊娠6~7週からつくられはじめ、妊娠10週には乳歯のもとがすべて …

乳幼児突然死症候群(SIDS)から、我が子を守るためにはどうしたらいい?

それまで健康で何の問題もなかった赤ちゃんが、ある日突然亡くなってしまうという悲劇 …

健康に良さそうなベビースイミングはいつから始められるの?

スイミングは、全身の筋肉を鍛える意味でも、とても良いスポーツです。いざという時に …

痛い!赤ちゃんはどうして噛むの?「噛む」が分かると育児がもっと楽しくなる!

育児中のママやパパが一度は経験する「赤ちゃんに噛まれる」こと。歯が生えていないと …

スマホは赤ちゃんに悪影響を及ぼすって本当?適切な使い方を覚えておこう!

赤ちゃんも生後6ヵ月を過ぎると、様々なものに興味を示すようになります。ママが家事 …