ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんと会話ができる!?ベビーサインってどんなものなの?

   

言葉を使わないで会話ができる!?ベビーサインってどんなものなの?可愛い可愛い赤ちゃん。

その笑顔を見ているだけでも幸せになりますが、「どんなことを考えているのかな?」「今何を思ってるの?」「どうして泣いてるの?」…など、言葉で教えてくれたれいいのに…とつい考えてしまいますよね。

でも、わが子とおしゃべりができるようになるのは早くても2歳ごろ。それまでに、赤ちゃんの気持ちを知るにはどうしたらいいのでしょう?実は、「ベビーサイン」を使うことで、ある程度の赤ちゃんの気持ちがわかるようになるのです!

ベビーサインは、赤ちゃんとママのコミュニケーションを助けてくれるのでお互いに不満や不安が減って、より信頼関係が深まるともいわれています。いったいベビーサインとはどんなものなのでしょうか。

ベビーサインは「手」による会話方法♪

赤ちゃんの成長は著しいもの。一年の間に、泣いてミルクを飲むことしかできなかった新生児から、ご飯を食べて、ハイハイしたり歩いたり、ワガママな行動を見せたり…というところまで大きくなりますよね。しかし、言葉でおしゃべりできるのはまだもう少し先。

そのため、赤ちゃんも言いたいことがママにうまく伝わらず怒ってしまったり、ママも赤ちゃんの考えていることがわからなくて困ってしまったり…ということがおきてきます。しかし、赤ちゃんは自分からおしゃべりできなくても、ママの言っていることは大体わかっているのです。

特に生後6ヵ月頃から、言葉の意味がわかるようになってくるといわれています。そこで、「言葉」を使わずに「手」の動きで感情を表現するのが、「ベビーサイン」なのです。ベビーサインは、1990年代にアメリカで発祥し、2000年以降には日本でも非常に多くのママ・パパが実践しています。

いつから始めるといいの?どうやって教わるの?

ベビーサインは、手を動かすことで感情を伝えるものなので、やはりママ・パパのいうことが少しずつ分かってきて、手を器用に動かすようになる生後6ヵ月月以降から、言葉が出る前の1歳半ごろまでの間に始めるといい、と言われています。

また、歩き始めてからだとより早くサインを覚えられるといわれていますので、自分の赤ちゃんの様子を見ながら、「始めてみようかな」と思ったときにやってみるのがおすすめ!

でも、ベビーサインを赤ちゃんに教えるには、まずママが知っていないとだめですよね。今はDVDや本なども充実していますし、各地にベビーサイン教室もあるので、そういったところで教わる人も多いようです。

ベビーサインをやってよかった!ママの声

子どもの気持ちがわかるようになった!

やはり一番は赤ちゃんが気持ちを教えてくれるようになった!というもの。「これがしたい」「あれが食べたい」「おいしい」「眠い」など、赤ちゃんの欲求に応えてあげられるのは、ママとしても嬉しいですよね。

育児のイライラが減って、楽しくなった!

「もう、なんで泣いてるの?」「何が気に入らないの?」とイライラしたことがないママはいないですよね。ベビーサインで、お互いにコミュニケーションがとれると、赤ちゃんも「ママがわかってくれてる!」と安心するのですぐに泣きやみ、ママも「これがしたいんだねー」と余裕をもって対応ができるので、イライラしなくなった、という人も多いようです。

ママと赤ちゃんの絆が強いね、と言われるようになった!

育児だって、誰かに褒められるとやっぱり嬉しい♪ベビーサインを始めたことで、赤ちゃんとのコミュニケーションがとれるので「子どものことよく見てるね!」「すごくわかってるんだね」など、声をかけてもらって嬉しくなった!という声も多いです。

物の名前を覚えたり、言葉が早くなったりする!

赤ちゃんからしても、「ママとお話しできる!」という嬉しさを実感できるので、自然にもっといろいろお話ししたい!となって、言葉を話すのが早くなった、という例もありました。もちろん、個人差はありますが、赤ちゃんが楽しんでくれるなら嬉しいですよね。

気を付けて!ベビーサインの注意点

ベビーサインは、とても素敵なもの。ですがそのために「覚えさせよう」としすぎて本来の目的を忘れてしまうママも…。ベビーサインは、覚えさせることが目的ではなく、赤ちゃんとお話しできたら楽しいな、嬉しいな、という気持ちが大切なもの。

勉強させるかのように何度も繰り返しやらせようとしたり、なかなか覚えないからといってイライラしてしまうようでは赤ちゃんもおびえてしまいますし、逆効果です。根気よく、タイミングに合わせて自然に使ってあげましょう。

また、赤ちゃんによっては、まったくベビーサインを覚えてくれなかったり、興味をもってくれないこともあるようです。その時に「せっかく覚えたのに!」と思ってしまうのも、無駄なイライラを生んでしまいますよね。

ベビーサインを行うにあたって、ママ側の前提としては、「赤ちゃんと少しでも会話できたらいいな」という気持ちを忘れないこと。嬉しくなってつい沢山のベビーサインを教え込もうとしてしまったり、すべてベビーサインで解決できる!と期待しすぎてしまうのではなく、あくまで「コミュニケーションを助けてくれるかも」くらいの気持ちでいましょう。

楽しく使えれば、赤ちゃんもママも一緒に嬉しくなれるのがベビーサインのいいところ。まずは簡単なサイン数個から始めてみるのがおすすめです♪

  関連記事

その血便、新生児メレナかも?気になる症状、原因とは?

生まれたばかりの赤ちゃんは、岩のりのような粘度のある、黒っぽい胎便を排泄します。 …

赤ちゃんに多い腸重積は早期発見が重要!見分けるポイントとは?

みなさんは、「腸重積」という病気を知っていますか?生後3ヵ月から2歳までの子ども …

生後6ヵ月目の赤ちゃんは睡眠リズムを定着させるようにしよう!

赤ちゃんは生後3ヵ月目を過ぎたころから、脳内でメラトニンという入眠ホルモンをつく …

0歳6ヵ月の赤ちゃんはどんな遊びをはじめたらいい?

赤ちゃんが喜んでくれる遊びを実践しましょう。 赤ちゃんが小さいうちは赤ちゃんに合 …

子どもの仕上げ磨きはいつまで必要?正しいやり方とは?

子どもの健康を考えたときに、虫歯をつくらないことは、とても大切です。そのため、子 …

アレルギー検査をしても大丈夫?検査内容もチェック

離乳食を始めたら気になるのが食物アレルギー! 気付いたら赤ちゃんの体が赤くなって …

痛い!赤ちゃんはどうして噛むの?「噛む」が分かると育児がもっと楽しくなる!

育児中のママやパパが一度は経験する「赤ちゃんに噛まれる」こと。歯が生えていないと …

ママもドキドキ…はじめての離乳食クッキング!何をどのくらい作ればいいの?

スムーズな離乳食スタートを切るために予習しておきましょう! 0歳5ヵ月から6ヵ月 …

赤ちゃんの歯固めは、いつから必要?選び方のポイントは?

赤ちゃんも生後6カ月を迎えるころになると、何でも口に入れたがるので、見ていてハラ …

セレブママの間で流行中!?ハーフバースデーって何するの?

みなさんは、「ハーフバースデー」という言葉を知っていますか?海外の習慣で、近年は …