ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんと一緒に覚えよう!ベビーサインを上手に教えるコツとは

   

まだ言葉が話せない赤ちゃんとコミュニケーションをとることができる、と話題の「ベビーサイン」。赤ちゃんの気持ちがわかる!育児が楽しくなった!と、ママ・パパ達に大人気なんです。

ベビーサインでコミュニケーションをとるには、赤ちゃんもママたちもサインを覚えなくてはいけません。しかし、赤ちゃんはまだまだ覚えるのに時間がかかったり、興味がないとそもそも覚えてくれない、なんてことも当たり前。

なかなかサインが出なくてイライラ…なんてことになったら、逆効果ですよね。そこで、ここではベビーサインを教える時のコツと、簡単なサインをいくつかご紹介します。赤ちゃんと一緒に楽しくベビーサインを覚えましょう!

ベビーサインを学ぶには?

まず、ママがベビーサインを学ぶ必要があります。ベビーサインは、

  • ベビーサイン教室などで講師から学ぶ
  • 本やDVDなどを使って独学で学ぶ

という二つの方法があります。

ベビーサイン教室に通う場合、親子で一緒に通うことができるのでその場で正しいサインを学ぶことができますし、講師ならではのポイントや子育て経験を聞けたり、同じ教室に通うママたちと情報交換ができます。ただ、教室にかかる費用や、ベビーサインの進度を他の赤ちゃんと比べてしまうというデメリットもあります。

独学の場合、費用があまりかからず、自分のペースで赤ちゃんと向き合って学ぶことができます。サインの形など、多少いびつになってしまうかもしれませんが、自分の赤ちゃんとのんびり覚えたい、というママにはぴったりかもしれませんね。

ベビーサインを教えるためのコツは?

実際にママがある程度ベビーサインを覚えたら、いよいよ赤ちゃんに教えていきましょう。

まずは笑顔を大切に!

赤ちゃんにサインを教えよう!と意気込みすぎると、ついつい力んでしまって顔もこわばってしまいがち。それでは赤ちゃんも緊張してしまって、「ママは何をさせようとしているの?」と不安になってしまいます。

「教えよう!」という気持ちより、「一緒に覚えようね、これができると楽しいよ!」という気持ちで接しましょう。また、赤ちゃんと目を合わせて行うことも大切です。

サインは一つに絞らずに!

「まずはこれを覚えてほしい!」と考えてしまうと、つい一つのサインを集中して覚えさせようとしてしまいがち。しかし、赤ちゃんは興味のあるものから自主的に覚えたり動いたりするものなので、最初のサインに興味がわかないといつまでもやってくれないこともあります。同時に5個~8個くらいのサインを教えてあげると、赤ちゃんも取り入れやすいですよ!

生活の中で自然に取り入れて!

「これはミルクのサインだよ」「これはねんねだよ」と言葉とジェスチャーで教えても、赤ちゃんにはまだ全部伝わりません。そうではなく、ミルクの前に「今からミルクだよー」と声をかけながらサイン、ご飯を食べながら「おいしいねー」と声をかけながらサイン、など、動作とサインの意味をリンクさせてあげましょう。ママが自然にやっているのを見て、赤ちゃんも自然にやりたくなってきますよ!

実践!取り入れやすいベビーサイン5選

ミルク・おっぱい

片方の手をグーからパーにゆっくり動かします。授乳の前に「今からミルクだよ」など声をかけつつ行いましょう。

おふろ

両手をグーにして、胸からお腹のあたりを洗うように動かします。お風呂の前に「お風呂入ろうね」と声をかけてあげましょう。

おいしい

片方の手を添わせるようにして、ほっぺをとんとんします。実際にご飯を食べながら、「これおいしいねー」と笑顔で見せてあげると、赤ちゃんにも伝わりやすいですね。

もっと

手を軽く丸めて、両手の爪と爪の先を軽くとんとん、と合わせます。離乳食の途中や、おっぱいを交換するときに「もっと?」と聞きながらやってみましょう。

ねんね

両手を合わせ、枕のように片方のほほに寄せて首をかしげます。「ねんねしようね」と言いながらサインをしてから寝室に入ると、赤ちゃんが眠くなった時にサインをしてくれるようになりますよ!

60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_s

ベビーサインは、赤ちゃんと一緒にできるようになるととっても楽しいもの!その「楽しさ」を忘れずに、「教えよう」ではなく、「一緒に覚えよう」という姿勢でサインを伝えていきましょうね。

  関連記事

赤ちゃんがなかなか寝てくれない…。そんな時に試したい!赤ちゃんがぐっすりと眠るための6つの方法

赤ちゃんがいるママの悩みは、子供が夜なかなか寝てくれない!ということがあるかもし …

赤ちゃんに40度の高熱が!どうすればいいの?考えられる病気や対処法について教えて

新生児は、ママから「母子免疫」をもらって生まれてきます。そのため、細菌やウイルス …

赤ちゃんに多い腸重積は早期発見が重要!見分けるポイントとは?

みなさんは、「腸重積」という病気を知っていますか?生後3ヵ月から2歳までの子ども …

骨や筋肉がついてきたらいよいよおすわり!生後6ヵ月の赤ちゃんの注意点とは?

とってもかわいいおすわり!ただ、転びやすいので気を付けて。 0歳6ヵ月くらいの時 …

子どもの仕上げ磨きはいつまで必要?正しいやり方とは?

子どもの健康を考えたときに、虫歯をつくらないことは、とても大切です。そのため、子 …

赤ちゃんはなりやすい?ものもらいの一種、麦粒腫について教えて

皆さんはまぶたに“ものもらい”が出来たことがありませんか?かゆみがあったり痛みが …

赤ちゃんが寝てしばらくするとおきてしまう寝ぐずり!その原因や対策とは?

授乳とおむつ替えを済ませて寝かしつけた赤ちゃん。このまま眠ってくれると思いきや1 …

赤ちゃんの人見知りはなぜおきる?生後6ヵ月の赤ちゃんの対策は?

人見知りは成長の証!人見知りをする理由と対処法についてご紹介します ママやパパに …

生後6ヵ月までに多い「揺さぶられ症候群」って何?

月齢が進むにつれて、赤ちゃんはスンナリ眠ってくれないことに、悩むママが増えてきま …

赤ちゃんのバイバイ、パチパチはいつから?練習って必要なの?

毎日いろんな表情見せてくれる赤ちゃん。昨日できなかったことが今日は出来るようにな …