ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

健康に良さそうなベビースイミングはいつから始められるの?

   

スイミングは、全身の筋肉を鍛える意味でも、とても良いスポーツです。いざという時に泳げることは自分の身を守ることにもつながりますし、赤ちゃんの健康を考えて、ベビースイミングにチャレンジしたいと思うママも少なくないでしょう。

では、ベビースイミングを始めるにあたって、最適な時期はあるのでしょうか。どんな効果が期待できるのでしょうか。ベビースイミングのメリットとデメリットも含めて、お話しします。

ベビースイミングって何?始めるのによい時期は?

ベビースイミングとは、赤ちゃんがママと一緒にプールに入り、水に触れたり、泳いだりすることをいいます。子どものお稽古事ランキングでも、スイミングが常に上位にランクインしていますが、ベビースイミングの目的は水に慣れることと体力の向上です。

そして、ベビースイミングは親子参加が基本ですが、生後6ヵ月から受け入れているところが多いようです。これは、赤ちゃんにとって水の中にいるだけで、体力が奪われてしまうので、ある程度大きくなってからの方がよいと、考えられているからです。

ベビースイミングでは、泳ぎを教えるというよりは、音楽に合わせて水の中で身体を動かしたり、ママと一緒に遊ぶなど、スキンシップしながら楽しむことから始めます。

ベビースイミングにはどんな効果があるの?

ベビースイミングの効果にはどのようなものがあるのでしょうか?具体的にはいかのようなものがあります。

水を怖がらなくなる

まず赤ちゃんが水を怖がらなくなることがあげられます。

全身運動になる

そして、水の中にいる赤ちゃんは浮力に助けられて手足を自由に動かせるので、よい全身運動になります。これは、全身の筋肉をバランスよく発達させる意味でも、とてもよいことです。

体温調節機能や皮膚の発達に繋がる

また、水温と体温の温度差を感じることで、体温を調節する機能も発達しますし、皮膚を丈夫にするという効果もあります。

生活サイクルを整えるのに役立つ

そして、日中にベビースイミングを組み込むことで、昼寝や授乳時間を決めやすくなり、生活サイクルを整えることにもプラスになります。

親子のスキンシップに役立つ

何より、ママと触れ合いながら過ごすことで、親子の一体感が深まります。そして、ママもリラックスタイムとして活用できるはずです。

ベビースイミングのデメリットも知りたい!

とはいえ、ベビースイミングにもデメリットがないわけではありません。

まず、プールにはたくさんの人が入りますので、その水を介して病気に感染することがあります。特にベビーや幼児のクラスの場合、プール熱や流行性結膜炎の感染がおこることが多いです。

また、ロッカーやバスタオルの共用をきっかけに、シラミに感染した例もあります。スイミングスクールを調べる時には、衛生面もしっかりリサーチしておくことをおすすめします。

そして、赤ちゃんがプールの水を飲んでしまうことで、水中毒になるケースもあるそうです。赤ちゃんは何でもなめたり、飲んだりしてしまうので、ママが注意してみてあげましょう。

とはいえ、ベビースイミングのメリットを考えれば、デメリットを考慮して習うのを止める必要はないと思います。

ママと赤ちゃんのコミュニケーション方法が広がる!

家の中で赤ちゃんと向き合って過ごすのも、もちろん大切なことです。ですが、運動能力も発達し、社会性も出てきた生後6ヵ月の赤ちゃんの成長を考えると、外に出て、いろいろな人と触れ合う時間をつくってあげるのもよいものです。

ベビースイミングなら、健康効果も高そうですし、同じ年代の親子と交流することで、ママのストレス解消にもつながりそうです。ベビースイミングは心肺機能を高める効果もありますし、親子でいつもと違うコミュニケーションをはかるためにも、ぜひ取り組んでみてください。

そして、安心できるスイミングスクールを見つけるためには、まず無料体験をして、ママ自身が確かめることをおすすめします。

  関連記事

知ってるようで知らない?食物アレルギーの原因、症状などまとめ

特定の食物を食べるとおこる「食物アレルギー」。子どもの時から食物アレルギーを持っ …

ホクナリンテープで呼吸がラクに?!赤ちゃんへの効果と使い方とは?

赤ちゃんが咳き込んでつらそう!病院へいったら『ホクナリンテープ』が処方され「この …

抱っこ紐だと寝るのに、布団に下ろすと泣く…。どう対処したらいい?

首が座って外出が増える生後6カ月ころに、抱っこ紐を使うママも多いことでしょう。抱 …

粉ミルクにオリーブオイルを足すと、母乳に近くなるって本当?

できるだけ母乳で育てたいと考えているママでも、母乳の出が悪かったり、仕事に復帰す …

新生児の正確な血液型検査は不可能?血液型を知るメリットや検査方法とは?

昔から日本人と血液型は切り離せない話題です。集団意識の強い日本人は、周囲の人を血 …

子どもが言語を身につけるのに最適な時期があるの?その際の注意点とは?

赤ちゃんの生活リズムができ始め、日中におきている時間が増えてくると、「あ~」「う …

その血便、新生児メレナかも?気になる症状、原因とは?

生まれたばかりの赤ちゃんは、岩のりのような粘度のある、黒っぽい胎便を排泄します。 …

アレルギー検査をしても大丈夫?検査内容もチェック

離乳食を始めたら気になるのが食物アレルギー! 気付いたら赤ちゃんの体が赤くなって …

セレブママの間で流行中!?ハーフバースデーって何するの?

みなさんは、「ハーフバースデー」という言葉を知っていますか?海外の習慣で、近年は …

赤ちゃんが寝てしばらくするとおきてしまう寝ぐずり!その原因や対策とは?

授乳とおむつ替えを済ませて寝かしつけた赤ちゃん。このまま眠ってくれると思いきや1 …