ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんに多い腸重積は早期発見が重要!見分けるポイントとは?

   

shutterstock_224337064-480x338

みなさんは、「腸重積」という病気を知っていますか?生後3ヵ月から2歳までの子どもが、突然発症する腸の病気のことをいいます。発見が遅れると重症化することが多く、腹膜炎などの重篤な病気を誘発し、命に関わるケースもあります。

そのため、早期発見・早期治療が重要な病気なのです。そこで今回は、生後6ヵ月の赤ちゃんにもよく見られる、腸重積とはどんな病気か、原因と治療法についてもお話しします。腸重積を見分けるポイントは、ぜひ覚えておいてくださいね。

腸重積ってどんな病気?何が原因でおこるの?

腸重積とは、腸の中に腸の一部が潜り込むという病気で、大人でも発症する人がおり、生後6ヵ月から2歳くらいに見られることが多いそうで、その割合は80~90%にも上ります。赤ちゃんが腸重積を発症する場合は、小腸の一部が大腸に入り込むことが多いのですが、腸のどの部分でもおこる可能性はあります。

大腸に小腸が潜り込んだ場合は、その小腸が二重や三重に重なりながら、奥に入り込んでいきます。そして、腸重積を発症すると、自然治癒することはありません。発見が遅れると、折り重なった部分の腸への血流が止まり、壊死します。それが腹膜炎を誘発し、赤ちゃんの命に危険が及ぶ可能性が高いのです。そして、腸重積がおこる原因が現代の医学では解明されていないため、予防措置を講じることもできません。

腸重積になるとどんな治療をするの?手術を受ける?

赤ちゃんに腸重積の症状が見られた時には、まず超音波検査やレントゲン検査が行われます。腸重積が発症して時間がたっていない場合は、肛門から空気や食塩水を勢いよく注入する「高圧浣腸」をすることで、腸を元通りにすることができます。その目安は、腸重積が発症してから24時間以内で、この場合は問題がないケースがほとんどです。

ただし、腸重積が発症してから24時間を経過し、腸の中で三重以上に腸が折り重なっている場合は、開腹手術をして、もぐりこんだ腸を引き出し、壊死した部分を切除するなどの治療が必要です。開腹手術になった場合は、10日から2週間、入院することになります。そして、腸重積は再発する可能性があることも、覚えておく必要があります。

赤ちゃんが腸重積かどうかを見分けるポイントは?

腸重積には前兆がなく、ある日突然発症します。腸重積が発症したかどうかを見分けるポイントとしては、それまで機嫌が良かった赤ちゃんが火が付いたように泣き、その後ぐったりとし、再び激しく泣くことをくり返すことです。これは、腸が腸の中に潜り込む際に、激痛がおこるからで、奥に入り込んでいく過程で、周期的に激しく泣くのです。

もし、赤ちゃんが周期的に泣いている時は、泣き止んだタイミングでお腹を触ってみてください。フランクフルトのようなしこりを感じたら、腸と腸が重なり合っている部分である可能性が高いです。そして、腸の潜り込みが進むとミルクや離乳食を嘔吐したり、血の混じった便が出るようになります。おむつにイチゴジャムのような粘血便が出たら、もう一刻の猶予もありません。そのおむつを持って、すぐに病院に連れて行きましょう。

早期発見・早期治療すれば完治できる!

b50373825633b4ccde50c338e350f7fc_1448631722-480x318

腸重積は、発見が遅れると、赤ちゃんの命に関わる重篤な病気です。ですが、おこる症状が明確なので、早期発見しやすく、適切な処置をすれば、手術を回避することができます。また、開腹手術を受けることになっても、完治が望める病気です。

とはいえ、腸重積の治療後、約10%の人が再発しているというデータもあり、その後も経過観察も必要です。腸重積のサインを見逃さず、早期発見・早期治療をすることで、赤ちゃんの負担を軽減してあげましょう。

  関連記事

子どもの仕上げ磨きはいつまで必要?正しいやり方とは?

子どもの健康を考えたときに、虫歯をつくらないことは、とても大切です。そのため、子 …

健康に良さそうなベビースイミングはいつから始められるの?

スイミングは、全身の筋肉を鍛える意味でも、とても良いスポーツです。いざという時に …

赤ちゃんはなりやすい?ものもらいの一種、麦粒腫について教えて

皆さんはまぶたに“ものもらい”が出来たことがありませんか?かゆみがあったり痛みが …

スマホは赤ちゃんに悪影響を及ぼすって本当?適切な使い方を覚えておこう!

赤ちゃんも生後6ヵ月を過ぎると、様々なものに興味を示すようになります。ママが家事 …

赤ちゃんのバイバイ、パチパチはいつから?練習って必要なの?

毎日いろんな表情見せてくれる赤ちゃん。昨日できなかったことが今日は出来るようにな …

赤ちゃんの歯茎に白いものがついた!その原因と治療法について

赤ちゃんの口の中は、歯が生えていない状態でも、トラブルがおこることがあります。授 …

赤ちゃんの歯磨きっていつから始めたらいいの?歯磨きを嫌がらないようにするための注意点とは?

赤ちゃんに可愛らしい歯が生えてくると成長を感じて嬉しくなりますよね。それと同時に …

0歳6ヵ月の赤ちゃんはどんな遊びをはじめたらいい?

赤ちゃんが喜んでくれる遊びを実践しましょう。 赤ちゃんが小さいうちは赤ちゃんに合 …

パパにこそ覚えてほしい!ベビーサインで赤ちゃんとの絆を深めよう

平日は仕事に追われ、帰宅するとわが子はすでに夢の中…。頑張って働くパパ達は、なか …

乳幼児突然死症候群(SIDS)から、我が子を守るためにはどうしたらいい?

それまで健康で何の問題もなかった赤ちゃんが、ある日突然亡くなってしまうという悲劇 …