ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんはなりやすい?ものもらいの一種、麦粒腫について教えて

   

41223f89a53e82b9a3fd4b4ca92b1fea_s

皆さんはまぶたに“ものもらい”が出来たことがありませんか?かゆみがあったり痛みがあったりと、見た目もよくないし不快なものですよね。

実は赤ちゃんも“ものもらい”が出来やすいものなのです。赤ちゃんの機嫌が悪くなんだか目が腫れていると思ったら“ものもらい”の可能性があります。

今回は“ものもらい”の中でも「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」についてお話ししていきます。

「麦粒腫」って一体何なのか?病院へ行くタイミングなど詳しく説明していきます。また予防法なども紹介しますので参考にしてくださいね。

麦粒腫ってなに?どこからもらってきてしまうの?

麦粒腫とは

ものもらいの種類は2つに分けることができます。

1つ目が「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と呼ばれるものもらいです。
麦粒腫はおもに“ブドウ球菌”による雑菌が何らかの状態でまぶたの分泌腺や毛穴に入りこむことにより感染し、化膿するなどして膿がたまるものをいいます。“ブドウ球菌”は感染力が弱いのですが、赤ちゃんは抵抗力が弱いので、ちょっとしたことでかかってしまう可能性が高いのです。

2つ目が「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」と呼ばれるものもらいで、こちらはまぶたのマイボーム腺に油分がつまってできてしまうもの痛みは少なく細菌感染などはありません。

赤ちゃんの行動に原因が!?

赤ちゃんは好奇心が強く色々なものを手にしたがりますよね。
気になればホコリがついていても手に取ってしまう、ご飯も手づかみで食べる。と何でもとにかく手にとってみるのが赤ちゃんです。

成長するうえでこれは大切なことなのですが、色々なものを手に取るということは、手も当然汚れてしまうのです。

この汚れた状態で目をこすったりすると大変、抵抗力が弱い赤ちゃんの目に細菌が入り化膿してしまい「麦粒腫」となって赤く腫れあがってしまいます。

症状は?目をこすったり充血していたら注意!!

主な症状は以下のとおりです

  • まぶたが赤く腫れる
  • 目がかゆい、痛い
  • 目が充血しゴロゴロする感じがする
  • 目ヤニが出る

まぶたの一部が赤く腫れあがり、痛みやかゆみがでます。かかりはじめの赤みはあまり目立たないこともありますが、指で押さえると痛みを感じたりゴロゴロしたりするでしょう。

赤ちゃんが目をこすったりしてしまうと悪化し充血したりしますので注意が必要です。目ヤニが出たり、まばたきをしても痛みがともなうこともあるので、赤ちゃんは機嫌も悪くなります。

「麦粒腫」はまぶたの外側にできるものと内側にできるものと分類されるのですが、外側にできるものを“外麦粒腫(がいばくりゅうしゅ)”、痛みや症状が強い傾向にあるのが内側で“内麦粒腫(ないばくりゅうしゅ)”といいます。

数日するといずれも膿があらわれ、皮膚がやぶれ出て治まっていきますが、まれにまぶた全体に膿が広がり重症化することもあるので注意が必要です。

どのタイミングで病院に行けばいいの?目安は?

麦粒腫は自然治癒することも望めますが、赤ちゃんは抵抗力も弱いですし、自分で触ったりして悪化しやすいものです。そのうち治るだろうとほっておかずに、できるだけ早めに病院で診察していただく方がよいでしょう。

特に内側にできる“内麦粒腫”は自然に膿が出にくい傾向にありますので、少しでも症状がみられる場合は早めに適切な処置をうけてください。

小児科でも診察して目薬など処方していただけますが、やはり目の専門家である眼科で一度みていただくことをおすすめします。

赤ちゃんが目をよくこすっている。目やにがでる。まぶたが腫れぼったく赤いなど少しでもいつもと違う様子を感じたり、疑問に思ったら眼科で診ていただく方が重症化するのも防げますし、早く治るでしょう。

赤ちゃんの目はキラキラしていてきれいですよね。赤ちゃんの大切な目を守るために軽い症状だとしても眼科で相談し診ていただくことをおすすめします。

治療の方法は?目薬は使える?

主な治療は抗菌薬

麦粒腫に対しての治療は「抗菌薬」です。細菌が増えるのを防止するために用いられます。

軽い場合は目薬で治せますが、痛みや腫れがひどい場合は飲み薬や軟膏などの塗り薬も処方されることもあります。

症状がひどいと切開することも

膿が溜まっていたり痛みが強い場合、膿を切開して取り除く必要もあります。

麦粒腫は初期の段階での目薬治療を行えば、症状を悪化させずに治る可能性が高いので、早めに眼科へ行きましょう。

市販の目薬は使えるの?

生後4か月から使用できる抗菌目薬も市販されていますが、自分達で判断するのではなく、他の病気の可能性もあるので眼科で診察していただき治療することをおすすめします。

お家ではかゆさのあまり目をかいてしまうかもしれませんが、一時的にミトンなどをしてあげるなど赤ちゃんが自分でかいて重症化しないように気を付けてあげてください。

未然に予防していくことが大切

27cd3431cc50930ac23cb4a98624fa60_s_427

予防としてはとにかく目や顔のまわり、手を清潔に保つことです。赤ちゃんが寝ている寝具、おもちゃなども清潔に保つように心がけましょう。

ひっかいてしまって傷や雑菌がはいりやすくなるので爪の長さにも注意してあげてください。

また赤ちゃんの目の汚れをふくときにも注意していただきたいのですが、濡らしたガーゼやタオルで拭くのではなく「洗浄綿」という滅菌処理されたものドラッグストアや眼科で売られていますので、こちらで拭き取ってあげてください。冷たくて驚く場合は袋のまま温めるなどして優しく拭いてあげてくださいね。

赤ちゃんのきらきらした目を守るためにも清潔にすること、少しでも症状があれば早めの病院で早期治療をすることが大切ですね。

  関連記事

生後6ヵ月なのに、寝返りさせると泣くのはなぜ?

首がすわった生後5~6ヵ月の赤ちゃんは、寝返りできるようになるのが一般的です。で …

乳歯はいつ頃生えてくる?生後6ヵ月の赤ちゃんの歯茎のムズムズ対処法も紹介!

乳歯が生える時期や順番は?乳歯が生えたあとのケアについてもチェック 0歳6ヵ月く …

アレルギー検査をしても大丈夫?検査内容もチェック

離乳食を始めたら気になるのが食物アレルギー! 気付いたら赤ちゃんの体が赤くなって …

生後6ヵ月の赤ちゃんが少しずつ言葉を発するようになったら何に注意すればいい?

赤ちゃんの言葉にはどうやって反応してあげるのが理想か知りましょう 話せる言葉が増 …

【月齢別】赤ちゃんの歯磨き徹底解説!歯磨きのやり方や上手に磨くコツ、注意点とは?

可愛らしい歯が生えてくる生後6ヵ月ころは、そろそろ歯磨きをスタートする時期ですね …

生後6ヵ月目の赤ちゃんは睡眠リズムを定着させるようにしよう!

赤ちゃんは生後3ヵ月目を過ぎたころから、脳内でメラトニンという入眠ホルモンをつく …

乳幼児突然死症候群(SIDS)から、我が子を守るためにはどうしたらいい?

それまで健康で何の問題もなかった赤ちゃんが、ある日突然亡くなってしまうという悲劇 …

夜のねんねをスムーズに!0歳6ヵ月から始めるといいと言われるネントレとは?

最近実践する人が増えてきたネントレについてご紹介します ネントレとは、「ねんねト …

離乳食で牛乳を使うタイミングはいつ?注意すべきことは?

断乳や卒乳に向けて、赤ちゃんが牛乳を飲めるように準備しておくことは、とても大事で …

赤ちゃんの歯固めは、いつから必要?選び方のポイントは?

赤ちゃんも生後6カ月を迎えるころになると、何でも口に入れたがるので、見ていてハラ …