ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんの嘔吐下痢症って、どんな病気?その原因と治療法は?

   

bathroom-1228427_960_720

授乳中の乳児は、よく母乳やミルクを吐くものです。最初はビックリしていたママも、熱がなく、吐いた後も機嫌よくしていることがわかると、余計な心配はしなくなるものです。

ですが、赤ちゃんの嘔吐が頻繁に続く原因が、病気のこともあります。その一つが、「嘔吐下痢症」です。そこで今回は、嘔吐下痢症とは何か、その原因と症状、他の病気と見分ける上で役立つ特徴、治療法、ホームケアの方法について、幅広くお話ししたいと思います。

嘔吐下痢症って何?その原因は?

嘔吐下痢症とは、新生児から小児まで幅広くみられる、嘔吐と下痢といった全身症状を伴う、感染性胃腸炎のことをいいます。嘔吐下痢症の原因は、ウイルス性と細菌性に分かれます。

ウイルス性嘔吐下痢症の原因となるのは、ノロウイルスやロタウイルス、アデノウイルスなどです。一方の細菌性嘔吐下痢症の原因には、サルモネラや腸炎ビブリオ、カンピロバクター、病原性大腸菌などがあげられます。

細菌が原因の嘔吐下痢症は夏場に多く、ウイルス性は冬に発症数がアップします。1歳以下の乳幼児の場合は、嘔吐下痢症の原因のほとんどがウイルス性です。ウイルスや細菌の感染経路は、経口感染や空気感染、接触感染になります。ママやパパが持ち込むことも多いので、注意が必要です。

嘔吐下痢症の症状は?何か特徴がある?

嘔吐下痢症の症状は、突然始まることが多いです。嘔吐も一度では収まらず、何度も続きますし、下痢も同じタイミングでおこります。中には、嘔吐だけ、あるいは下痢だけの症状がみられる子どももいます。

嘔吐下痢症の特徴としては、1日2~15回嘔吐する、便がいつもより酸っぱいにおいで、クリーム色になったり、水便になることがあげられます。中には発熱する子どももいますが、38度前後にとどまることが多いようです。

もし、保育園や幼稚園に通っている乳幼児が嘔吐下痢症と診断されたら、症状が出ているうちは感染リスクが高いので、お休みさせるのが原則です。保育園や幼稚園によっては、嘔吐下痢症になると登園停止になる期間を定めているところもあります。きちんと確認しておきましょう。

嘔吐下痢症の治療法とホームケアについて

san-francisco-210230_960_720

嘔吐下痢症の治療法ですが、ウイルス性の場合は根本的な治療方法がないので、対症療法が基本となります。吐き気止めや下痢止めを使い、脱水症状をおこさないように、症状が治まるのを待ちます。

細菌性の場合は、原因菌に効果の高い抗生物質を投与することもあります。水分や食事が思うように摂れないときには、点滴治療を行います。嘔吐下痢症の子どもを自宅でケアする際、脱水症状を予防するために、無理に水分を飲ませるママもいるようですが、逆効果になる可能性があります。

嘔吐や下痢をくり返すと体力が消耗しますので、水分を摂らせるときには、スプーンで一口ずつ飲ませてあげるのがベストです。経口補水液や、白湯に少し塩を入れたものを、ゆっくり含ませてあげましょう。

また、食欲が戻ってきても、まずはおかゆやうどん、ジャガイモの煮物など、消化のよいものを少しずつ食べさせて、様子をみるようにしましょう。

脱水症状がおこる危険があるので、早めに病院へ行こう

嘔吐や下痢は、それほど長期化せずに収まることが多いですが、特に月齢が低い赤ちゃんの場合、脱水症状をおこしやすいので、早めに対処してあげる必要があります。

何度も吐いたり、下痢をしているようなら、脱水症状がおこる前に病院に連れて行きましょう。保育園や幼稚園に通っているときには、園ではやっていないかを確認しておくと、見つけやすくなります。

また、嘔吐下痢症でも熱がなく、倦怠感もないようなら、シャワー浴をするのは問題ありません。ただし、1日に何度も嘔吐や下痢をくり返しているときは、タオルで清拭してあげる程度にしましょう。

  関連記事

夜のねんねをスムーズに!0歳6ヵ月から始めるといいと言われるネントレとは?

最近実践する人が増えてきたネントレについてご紹介します ネントレとは、「ねんねト …

赤ちゃんがダニに刺されたときの症状や対処法とは?

ダニにはいろいろな種類があり、家の中のあらゆる場所に存在します。そして、大人はダ …

生後6ヵ月の赤ちゃんが少しずつ言葉を発するようになったら何に注意すればいい?

赤ちゃんの言葉にはどうやって反応してあげるのが理想か知りましょう 話せる言葉が増 …

0歳6ヵ月の赤ちゃんはどんな遊びをはじめたらいい?

赤ちゃんが喜んでくれる遊びを実践しましょう。 赤ちゃんが小さいうちは赤ちゃんに合 …

乳歯が虫歯になっちゃった!NO MORE虫歯のススメ

歯茎だけだった赤ちゃんの可愛い口の中。生後6か月ごろから、真っ白な乳歯がニョキニ …

離乳食で牛乳を使うタイミングはいつ?注意すべきことは?

断乳や卒乳に向けて、赤ちゃんが牛乳を飲めるように準備しておくことは、とても大事で …

赤ちゃんの蕁麻疹の原因と症状は?どう対処すべき?

赤ちゃんの皮膚は大人より薄く、とてもデリケートです。そのため、ちょっとした刺激で …

離乳食にはちみつを使用してはダメ!赤ちゃんにはちみつをあげてはいけない理由とは?

つい最近、赤ちゃんの離乳食にはちみつを利用してしまったために死亡事故がおきてしま …

スマホは赤ちゃんに悪影響を及ぼすって本当?適切な使い方を覚えておこう!

赤ちゃんも生後6ヵ月を過ぎると、様々なものに興味を示すようになります。ママが家事 …

突然赤ちゃんが高熱に!突発性発疹ってどんな病気?症状や原因、対処法について教えて

生まれて間もない赤ちゃんが初めて経験する病気の一つに「突発性発疹」というものがあ …